スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
子供+クリスマス+アート in Paris
我が家にはもうすぐ4歳の娘と1歳半の息子がいます。まだ小さいので出来ることも限られているし、ディズニーランドやら遊園地やら動物園やら、なんかあまり早い時期から毎週末のようにお金のかかる特別なことばっかりさせるのも気が乗らない(っていうか私が子供の頃はこういう外出はめちゃくちゃ思い出に残る特別な日だった)。まず週末の予定を子供中心の外出に設定してしまうと、子供の年齢が追いついていない場所やこちらが勝手に期待していたほど楽しそうでない場合、まだ体力的に向いてない(お昼寝とか歩ける距離とか)場合に、すっごく損した気分になる。そして何より!私は、子供中心の外出=私の楽しみが結局子供が楽しそうにしたり真剣に見入ったりしているのを見ることだけ、というのがもう嫌で嫌でしょうがない。そういうのを見てるとじーんと心は温かくなるけど、脳のフラストレーションは半端ないし、知的興奮がないので夫との会話も子供の反応のことだけになって後々も全然おもしろくない!だからといって、もう寝ても覚めても公園めぐりというのももう本当に飽きたし、まずもう寒いし、滑り台はいっつも濡れてる季節やし、だからといって近所の散歩や本屋さんと図書館のはしごももう嫌。
というわけで、最近は幼児とアラフォーがしんどくならない程度に一緒に楽しめる外出先探しに必死です。

そんなわけでふと思いついたのが、このコース。クリスマスのギャラリーラファイエット!!

フランスではデパートが大大大嫌いな私ですので、ギャラリーラファイエットなんて行ったのもパリに住んで10年以上たつけれど片手で足りるほど。その上何も買ったことないです。誰かに頼まれて行った、とか誰かについていった、とか。

しかーし、行ってきました。なぜなら11月、12月は、フランスのテレビのニュースでも毎年紹介されるくらい有名なギャラリーラファイエットのクリスマス用ウィンドウとホールのクリスマスツリーがあるから!

初めてだったのでよく知りませんが、多分毎年デザイナーを招待して制作してもらうみたいです。
今年はLorenzo Papaceというアートディレクター。音楽ビデオ切り紙での作品を多く制作されている方のようです。彼のサイトでとても美しく紹介されているので、是非見てみてください。多分、日本人がめっちゃ好きな感じやと思います。

たしかウィンドウは11あって、それぞれに、シャネルの香水とか、ハイヒールとか時計とか、カナダグースのジャケットなどの、あるブランドの1商品を白熊とペンギンが見せるというコンセプトになっていると理解したんですが、ほんまに11もあったかな、とも思います。

そのうち4作品だけちらっと。








どのウィンドウの前にも子供用のスロープがあって、それがとても良かったです。子供がどっかいっちゃうこともないし、大人にまぎれて危ない危ないと心配する必要もない。あとはスリにだけ気をつけていれば、じっくり楽しめます。
12月に入ると人が多くなると思うので、行くなら今!


20161119194207723.jpg ギャラリーラファイエット内のホールにある今年のクリスマスツリー。こちらも同じアーティストさんが手がけています。





さあさあ、子供たちがさんざん楽しんだあとは、次は大人の番です。
クリスマスウィンドウもホールのツリーも、パリオペラ座の裏側にいつくかあるギャラリーラファイエットの建物のうち、女性物を扱っているメイン館で見ることができます。ツリーの周りは化粧品と香水売り場です。
そして、大人用も同じ建物の1階(日本でいう2階)。La galerie des galeriesです。
膨大な資金を使って着実にパリの現代アート界で幅をきかせつづけているギャラリラファイエット創業者一族の1人、ギヨームさんが手がけるアートセンター。最近はマレ地区に建物1個全部アーティストレジデンス(レム コールハース率いるOMAによる改装)というLafayette anticipationというプロジェクトを展開し始めてまた話題になっています。

こんなトンネルみたいな入り口。
20161119194348585.jpg

Hans-Peter Feldmannの展覧会を2017年1月21日までやっています。

20161119194436359.jpg 20161119194658776.jpg 20161119195024589.jpg

20161119194555197.jpg 20161119194117641.jpg 20161119194630247.jpg

ユーモアたっぷり、幼児でも楽しめるような作品ばかりでした。カラフルなハイヒールや壁にくっつけられたお花の鉢、いろんな道具類、ちょっとひねったオブジェやタブロー。深く突き詰めることもできるし、楽しく見ることもできる、入り口が広くて出口が奥深い、そんな展覧会。

展覧会もいいんですが、私がここに来るといつも「好きや~」とにんまりしてしまうのが、会場の天井!天井の低さを感じず、そこまで主張することもないんやけど、ライトの調整もきれいで、良いデザイン。うまいことできてる!


家に帰ってから、ギャラリーラファイエットでのクリスマスイベントのプレスリリースを読んでいたら、なんとなんと!サンタクロースも11月12月は常駐していて、子供と一緒に写真撮れたらしい!あっちゃー!これやりたかったなー。
私の両親は子供が喜ぶようなベタなことを一切やらない人たちだったので(ちなみに我が家では七五三もしなかった)、私はこういうのに半端ない憧れと恥ずかしさの混在した感情を持っています。自分だったら絶対やらないけど、子供だったらめっちゃやらせたい!みたいな。いっつも対して反応してくれないけど。
というわけで、もしかすると今週はとりあえずサンタさんと写真だけ撮りに行くかも~。
スポンサーサイト
11/21 19:51 | 未分類 | CM:0 | TB:0
日仏学生交流 香りのパフォーマンス 
2015年5月にパリ国際学生都市の日本館でVoyage dans les sens(感覚旅行)展という五感に関する展覧会を企画しました。そのときに非常にお世話になった京都嵯峨芸術大学の岩﨑先生、そしてその展覧会に参加してくれた嗅覚アーティストのひとり、Boris Rauxが、日仏学生交流の一環として、パフォーマンスを発表、そしてそのパリ会場が私の仕事場のめっちゃ近所ということで、仕事を抜け出していってまいりました。

岩﨑先生は香りの美学・芸術学・哲学の研究をされていて、偶然にも私が一時帰国していた2015年末に、京都芸術センターでキュレーションをされた「黒髪とマドレーヌ」展(Boris Raux+Maki Ueda)は思い出すと今でもドキドキするほどすばらしかったので、今回も岩﨑先生とボリスのタッグ、楽しみにしていました。

昨年にパリ郊外からサンテチエンヌという街に居を移したボリス。今回の日仏学生交流で彼のすんでいる街を訪れ、炭鉱の街として栄えたサンテチエンヌの歴史にふれるうち、日本には炭坑節という踊りがあるよ、という風に、日本とサンテチエンヌを踊りと香りで結ぶパフォーマンスがうまれたそうです。ODOR ODORI (オドール オドリ)と名づけられたこの作品。フランス語のOdeur (オドゥール)香りと日本語の踊りがかけてあるんですね。10月23日にフランスに到着、そのときは何をするかも何もわからない状態だったのに、29日には既にサンテチエンヌの街中でパフォーマンスを踊っていた、というこの作品。サンテチエンヌで何度か発表されたあとのパリ公演とはいえ、学生さん、アーティスト、先生、みなさんの息もぴったりで、そんな短時間に作られたとは思えないくらいの完成度でした。きっと何かが動く、何かが生まれる瞬間の瞬発力や即興性、チーム力みたいなものがぐおーーーっと合わさって、アドレナリンぶわーーーっと発しながらできていったんやろうなあ、と少し羨ましくなるほどに。

DJセットの横で輪になって、ちょっとパラパラみたい(古くてすいません)なポップなアレンジになっている炭坑節を踊るわけですが、DJセットの横には扇風機。その扇風機を使うのは香りジョッキー。くるくる踊りの輪がまわりつつ、途中でカップルが踊りだしたり、たばこを吸い始めたり、においを思わせるシチュエーションが紹介されます。そして最後は観客もみんなで炭坑節。寒いのもあって、私も踊りましたが、楽しかった!ただ、パリのボザール中庭という屋外でのパフォーマンスだったので、香りをびんびん感じられなかったのは少し残念でした。びんびんというのも変ですが、意図するようには感じられないのが嗅覚でもあったりするので、それも一興、と、2年ほど前から嗅覚アートに興味を持つようになった私もやっとそんな風に思えるようにまでなりました

20161103114618149.jpg 20161103114503595.jpg



さんざんみんなで踊ったあとは、日本からの学生さんの1人、山田埜さんのパフォーマンス。La femmeと名づけられたこの作品、参加したい人は大きめの輪になり、各自目隠しをされます。その状態で左手に赤いバラ、右手に白いバラ(逆だったかな)を渡され、真ん中にたった山田さんの鳴らす鐘の音にあわせて一歩ずつ前に進んでいきます。前に進んでいきながら「セクシー」な香りがしたと思った瞬間に赤いバラをおとし、「ニュートラル」な香りがしたと思ったら白いバラをおとす、というインストラクション。体験してみたかったけど、観たい気持ちのほうが強くって、私は観客だったのでよくわからないんですが、目隠しをしていると嗅覚がよりとぎすまされるのか、ふっと強く香りがする瞬間があるそうです。なぜか男性の参加率がめちゃ高くて、終わった後には赤いバラがたくさん落ちていました。

20161103114848252.jpg 20161103114931392.jpg 20161103115011334.jpg 20161103115043918.jpg 20161103115158006.jpg 20161103115326532.jpg


山田さんが最後に簡単な説明をしてくれたんですが、日本で同じパフォーマンスをやると、同じ香水を使っていても、男性は白いバラをおとす率が非常に高いとのこと。日本とフランスでも「セクシー」とか心を動かされる香りが違うんですね。

日本から美術関係の勉強をしている学生さんたちがフランスに訪れることは多々あれど、やはりパリの有名な美術館やヴェルサイユ宮殿など、結局一般の観光客と同じようなコースをまわって終わるのが大半だと思います。あと行ってニースとか。しかしここは学生交流、本気のやつです。どきどきして、伝えて、ふんばって、泣いて、笑って。観るだけじゃないフランスがきっとあったんだろうなあ、と、そんな時代はとっくに過ぎ去ったおばちゃんな私はもう胸が熱くなってしまいました。岩﨑先生の香りをテーマにした学生交流やイベントについてはこちら
11/07 23:35 | 未分類 | CM:0 | TB:0
リモージュの名窯ベルナルドのアーティストコラボ

最近の私の勤務先はサンジェルマンデプレにあります。パリに来てからずーーっと右岸で人生の大半を過ごしてきた私としては、同じパリと言っても、左岸はなんだか別世界。たまーーーーーに行くくらいの別天地でありましたが、ここ最近は毎日通っているわけであります。
右岸のギャラリーなら敷居が高いとかなーんにも思わないのに、左岸のギャラリーはなんかいっつも入りにくいよなあと思ってしまいます。
でもせっかく毎日来てるし、お昼休みくらいは事務所から出て散歩でも、とそのへんぶらぶらする、ショッピング欲をくすぐるお店はたくさんありますが、まあ先立つものがない、そうなるとやっぱり逃げ込むはアートギャラリー。そんなわけで昼休みにぷらぷらうろちょろちょこまか歩いてるんですが、今日ふとウインドウに惹かれて入ったのがこのお店。

20161028144104092.jpg

日本でも有名な窯だと思うんですが、リモージュの名窯Bernardaud/日本語ではベルナルドのショップです。
特別好みでもないので、私も「ああ、ロウソクを中に入れて、模様とか風景が彫ってある白いカバーかぶせる磁器売ってるとこね!」という認識。プレゼントでアクセサリーを幾つかいただいたことがあるのに、それもそういえば着けてないなあ。

上の写真を見て、ぱっとわかる人も多いとおもいますが、ウインドウにジェフ クーンズのBallon Dog!うわー、またこんなことやってるんやー。Ballon Dogっていつの話やねん、と心の中で思いつつも、近寄ってウインドウ越しになめるように見る私。

20161028144639706.jpg 
うん、どこからどう見てもBallon Dog。でもベルナルドとの接点はどこ?ベルナルドといえば世界に名だたる磁器製品の会社。
でもなんで磁器の会社がBallon Dogつくってんの?え、もしかしてこれって磁器なん?どう見てもいつもどおりのステンレス(といっても最初ジェフ クーンズのステンレス製バルーン作品シリーズを観た事は、えええ!これイノックス~~!すっごいよくできてる!やばい!となったもんでしたが)にしか見えない。すげえ。

わーすげーすげー、と道端でガン見してたんですが、店内にも他にジェフ クーンズっぽいお皿がある!ということで入ってみました。

20161028144844985.jpg
ほら、花瓶。これはいつものベルナルドの磁器仕上げ。


20161028144818952.jpg 
プレートデザイン(っていうかただの絵付けというか、ただの作品画像貼り付けたというか、、、、)したもの。

2013年にはベルナルド150周年を記念して、12名の現代美術アーティストとお皿のデザイン(というかお皿の絵付け)コラボをしたよう。日本語のサイトのほうが見やすいわ。 でもフランス語/英語のサイトのほうだったらすぐに購入できるみたい。

うーんうーん、私だったら、ソフィー カルとー、サルキスとー、あー、アルベロラも使い良さそう~。なんて買う気もないのに、わくわくします。
あー、JRとかデヴィッド リンチはいやかな~。とかね。
あのあれですよ、illyのエスプレッソカップとおんなじ感じ?あーだこーだ言いながら数時間過ごせるやつね。

で、このサンジェルマンデプレのお店は、ベルナルド製品のなかでもアーティストデザインのものだけを取り扱っているショップだそうです。さすがアートギャラリー激戦区にもってくるだけある。

20161028144804729.jpg  20161028144747356.jpg
右側のが私が欲しいソフィー カルのね。クリスマスとか近いね。

現代作家のものから、シャガールなんかの近代作家のものもあります。
ちょっとミュージアムショップ感でちゃうけどね。

20161028144723065.jpg

 
20161028144657788.jpg フリオ ル パルクの商品もウインドウにありました。

アーティストとのコラボの歴史を見てみると、1967年からはじめてるそう。最初はインダストリアルデザイナーのレイモンド ローウィ(ラッキーストライクのパッケージとか、昭和シェル石油の貝殻マークとかデザインした人)とのコラボだったようです。ほー。

私は今までにも、こういうコラボデザイン商品を見るたびに、さんざん選んで迷ってあーだこーだ言って楽しませてもらうんですが、結局買わないんですよねえ。シルクスクリーンとかこういう商品にしても、商品化する仲介業者(ギャラリーであったり、マルチプル制作業者だったり)が、アーティストの本来のコンセプトや既存の作品をもとにして、勝手に自分たちでコンセプトやデザインを考えて、いくつか提案した中から作家に、これでえーんちゃーう、と選んでもらって許可とって制作にかけられることが多いから。そういう意味でも上に挙げたサルキスとかソフィーカルとか、わざわざこのために作家自身がちゃんとやった感がするので、すきなのかもしれません。わからんけどね、ほんまのとこは。

まあでも、あれですよ、日本のデパートとかで売ってるような、イヴサンローランのバスタオルとか、トイレのお手拭タオルがジバンシイとか、そういうのとおんなじことよね、結局は。

身も蓋も無いこと言って終わってすいません。

サンジェルマンデプレをぶらぶらした際に見つけたら入ってみるのもおもしろいかも。
こだわりラーメンの向かい側です。

Bernardaud
60 Rue Mazarine, 75006 Paris
10/28 23:54 | 未分類 | CM:0 | TB:0
下着姿でルノワール?
幼稚な顔(ベビーフェイスっていうのかな?)のモデル流行の先駆け的存在で、今では子どもも産んで実業家としても成功しててボランティア活動なんかもばりばりやってるらしいナタリア・ボディアノヴァが代表モデル兼デザイナーの、若い女性向けの安い洋服ブランドEtamは日本では知られているんでしょうか。フランス全土で人気があるみたいでどこの地方都市に行ってもあるし、最近じゃあウチの近所にランジェリー専門店まで出して、このご時世かなりはやっているようです。

そのEtam/エタムが、最近改装が終わって評判のいいパリのオルセー美術館に訴えられるかもしれません!

というのは下のビデオが原因。
最近エタムがDefi sexy!と呼んでる宣伝方法のひとつで、空港やエッフェル塔などの公共の場所にモデル達を送り込んで、隠しカメラで彼女達が下着姿になるのを撮影し、ネットで流すというもの。

いつも通りにエタムから指示されてオルセーで脱いじゃったこのモデル三人、そして撮影はもちろん許可無しの隠しカメラ。でも今回はやりすぎてしまったみたい。オルセー側はこれをただの冗談とは取らず、エタムの手段を厭わない下品なぐらいのなんでもありな宣伝方法に「待った!」をかけました。

ビデオを見る限りでは若いモデルちゃん達、なんかびびりまくって全然楽しそうじゃないし、なんかまず寒そうだし、これで宣伝になるんかいな、ほんまに。とおばちゃんは冷めた目で見るだけですが。
その場にいたおじさんたちはうれしかったんでしょうか。いやいや、女の私から見てもオルセーにある絵画や彫刻のほうが肉付きがよくてずっと官能的に見えますけどね~。

ってかポイントは彼女達があんまりきれいじゃないってとこかしら。


Défi sexy : En lingerie au Musée ! par Etam


他にもエッフェル塔編とかタクシー待ち編とかキオスクで立ち読み編とかいろいろあるみたい。
っていうか冷えるよ!冷えは女性の大敵よ、お嬢ちゃんたち!

Défi sexy : En lingerie sur la Tour Eiffel ! par Etam


En lingerie dans la rue... pour trouver un taxi ! par Etam


En lingerie dans un kiosque à journaux ! par Etam
01/13 03:53 | 未分類 | CM:0 | TB:0
Maison d'Andre Bloc/アンドレ ブロックの邸宅
以前に紹介したテオ ファン ドースブルグの邸宅を訪問した同じ日に、同じくパリ郊外のムードンにあるAndré Bloc/アンドレ ブロックの邸宅にも行きました。

アンドレ ブロックは、1895年生まれ1966年死去のフランス人アーティスト、建築家、編集者、いろいろなんでもやる人。はじめはエンジニアとして働いていたけれど、1921年にル コルビジェと出会ったことによって建築のほうへ方向転換していきます。そして1930年には「Architecture d'aujourd'hui」という超有名建築雑誌を創刊。1949年には建築とアートの関係についての研究考察の場として「Art d'aujourd'hui」を創刊。20世紀前半戦前戦中戦後と、活発に建築とアートの在り方を追求したフランス知識人の代表者の一人。

さて、ムードンのアンドレ ブロックの邸宅の敷地内にあるのは、「Habitacle "la Tour"」「Habitacle N°2」「maison Bellevue」と呼ばれる3つの建築物。
この土地は20年以上前から、パリ左岸の現代美術ギャラリーの代表格、Galerie Nathalie Seroussiのオーナー、ナタリー セルーシ女史が所有し、現在もここに住んでいます。

では早速いきましょう!
12/22 06:14 | 未分類 | CM:0 | TB:0
template design by takamu
Copyright © 2006 takamu All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。