スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
Where are we going? 塩田千春 @ Le Bon Marché
よく考えたら、仕事場から左岸のデパートLe Bon Marchéまで徒歩15分なので、お昼休みに塩田千春Where are we going?展に行ってきました。

塩田千春さんといえば、1972年生まれのベルリン在住日本人作家。2015年にはヴェネチアビエンナーレの日本館での展示も話題になりました。フランスでは最近創業50周年を迎えた老舗のダニエル タンプロン ギャラリーがお抱え作家として扱うようになってからか、アートフェアやギャラリーでも作品を普通に目にすることができるようになった作家さんです。
それにしても彼女のバイオグラフィーを見ると、一年に手がける個展の多さにびびります。

さて本題。
ルボンマルシェ本館のウインドウ。セーブル通り側のウインドウ全部が塩田千春の作品で埋まっています。
私の写真だと背景が映りこみまくっていて何がなんだかわからないかと思うので、このサイトで見てもらったほうがいいかも。
20170207123319313.jpg 20170207123105293.jpg
20170207123154925.jpg 20170207123258167.jpg 20170207122709639.jpg 20170207123233172.jpg
ルボンマルシェの商品を絡ませつつの、糸のインスタレーションかな、と思っていたんですが、商品は一切無し。まるっきり塩田千春ワールドでした。世界地図が絡まっているウインドーがひとつ、他には黒いワイヤーでできた船を中心にもってきたインスタレーションが結構ありました。ウインドー全部同じ調子なので、これもうちょっとバリエーションがあればなあとは思いました。

そして本館の天井から吊るされたインスタレーション。
20170207123040695.jpg 20170207122934642.jpg 20170207122630451.jpg 20170207122838939.jpg
実際に作品を見る前に写真で見ていたのですが、当たり前ですが、写真よりぜんっぜん実物のほうが美しかったです。
なんだか不思議に思うのですが、白い糸というのは、実は塩田千春が今までに使ったことがない素材だったらしいのですが、今回はルボンマルシェからの提案で、「Le Mois du Blanc/白月間」にあわせて、白い糸を利用してインスタレーションをすることになったようです。ちなみに「Le Mois du Blanc/白の月、白月間」というのは、ルボンマルシェの創設者であるAristide-Jacques Boucicautが提唱したもので、クリスマスやら新年やらいろいろ終わったあとに、バーゲンもはじまる1月に家の白リネンを一新しましょう。っていう習慣らしいです。なんか日本の大掃除とか歯磨き新しいのにするとかそういうのっぽい習慣ですね。めちゃくちゃ商業的やけど。
話はそれましたが、この白い糸というより、船を吊ってる黒い糸が、船をささえてるだけじゃなくて、だらだらーっと墨汁でたらしたようにたれさがってて、それがめっちゃかっこよかったです。なんか写真だとあまり伝わらないと思うんですが。

他にはこういう通り抜ける系のインスタレーションもあって、メイキングやアーティストインタビューの映像が流れています。展覧会エコバッグとかキーホルダーまで売ってたのには驚きました!
20170207123007337.jpg

さてさて、展覧会の感想としては、なんか腑に落ちないというか不完全燃焼感がぬぐえませんでした。それはインスタレーションや空間の使い方とかいったことでは全くなくて、そういう作品の部分はいつもどおりの塩田千春ワールドでしっかり堪能できたんですが、タイトルやモチーフや作品から受ける印象や強さと、ステートメントとのギャップにもやもや感がぬぐえなかったのです。

まずタイトル。Where are we going?といえば、やはり思い出すのはポール ゴーギャンの超有名作「Where Do We Come From? What Are We? Where Are We Going? /我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか」ではないでしょうか?
where-do-we-come-from-what-are-we[1]
昨今の世界事情を考えても、いや、シリア問題やISによるテロ事件など、欧州に生きていれば否応なしに毎日感じざるを得ない「私たちは、世界は、どこへ向かっているんだろう」という不安感、虚脱感、無力感。こういったフレーズは少しずつ変化しながらも普段の会話やメディアの討論、またはSNSなどで多かれ少なかれ発されているものです。
しかしステートメントやインタビューではゴーギャンにも、そういう社会を覆う不安にも、一切ふれられておらず、こうなってしまった状況について批判するでもなく、思考を促すでもなく、ただ「人生は目的地のない旅」的な紹介がされているのみ。

次は、船のモチーフ。塩田千春が近年よくつかっているとは言え、やはり船、それもこんないわゆるボート。地中海を渡ってなんとか助けだされる難民たちの姿を連日目にしている私たちに、それを連想しないことは無理な相談です。こんな世の中じゃなかったら、船、それもこういう形状の小型の船は、あまり死とは結びつかないかもしれない。でも私は今回のインスタレーションが、三途の川を渡る船、またはヨーロッパを夢見て地中海で命を落とした難民たちを満載した船が、空へのぼっていくようにしか見えませんでした。

私だけでしょうか?現代作家がいつも社会的なエンゲージメントをする必要もないし、ただただ夢のような美しい作品をつくることだけに心を砕くことにも全く問題は感じません。ただ、全てではないですが、塩田千春さんの作品をいくつか見てきて、いつも心をわしづかみにされるような気持ちになるし、それだけのエンゲージメントがあるからだったはずなんです。今回も「わー、強い!でもこれデパートじゃなくて違う場所でやったほうが好きかも。」と思ったあとの、ルボンマルシェに貼ってあるステートメントのふにゃふにゃ感に、まずは「ん?」と意味が理解できず、次にずっこけ、そして「なんでやねん!」と心で突っ込み、話す相手もいないので、ひたすらもやもやした帰り道でした。なんなの、デパート、守りに入ったの?と。疲れる昼休みやったわ。

見に行った方たち、どう思われました?

次は塩田千春のCollege des Bernardinsとかでの展示見てみたいなー。あとパレドトーキョーとか。

ちなみにルボンマルシェはギャラリーラファイエットみたいに派手に「おらおらおら、やるでー!現代美術やるでー!若いアーティスト集まってこーい!お金あるでー!」という感じではないですが、現代美術に力を入れています。
ルボンマルシェのサイトには、館内の現代美術作品地図まであります。作品リストはこちらから。こうやって改めてリストを見ると、いかに作品の購入先のギャラリストが偏ってるかわかりますね笑。そういうのも含め、ルボンマルシェ全体での取り組みというより、2010年に引退するまで20年以上ルボンマルシェの社長だったフィリップ ド ボーヴォワールさんが、ちょこちょこ買いためた感が非常に強いコレクションです。一点ずつは数百万円ほどの作品なんですが、それがまたルボンマルシェの通路に、ガラスで額装されているわけでもなく、キャンバスむき出し、釘2本に枠がひっかけてあるだけの展示方法。デパートに買い物に来てる一般客なんかカバンがあたろうがコートがすれようが、別になんとも思わないでしょうし、まず数百万円価値の作品たちがそこここにここまでむき出しというか野ざらしでかかっているなんて、普通思いませんよね?いや、思わないよね?私が庶民過ぎるわけじゃないでしょ?私はここに来るとそういう作品のことを考えてしまって、心配で心臓に悪いので、あまり来ません。

どちらにしてもルボンマルシェはLVMHグループの傘下にありますので、もうルボンマルシェコレクションだとかやらずに全部LVMHがまとめてやっちゃってるんでしょうかね。

ルボンマルシェでの塩田千春展、2月18日までですので、是非急いでください!

スポンサーサイト
02/08 00:49 | 展覧会 | CM:0 | TB:0
Soulèvements @jeu de paume + Provoke @le bal
パリのコンコルド広場、オランジュリー美術館の反対側に写真専門のアートセンターJeu de Paume があります。
ここで、2017年1月15日までGeorges Didi-HubermanのキュレーションによるSoulèvements展が開催されているので、もちろん行ってきました。


最初に言っておきます。展覧会よりもまず、この展覧会予告編を紹介したいために書いたブログ記事です。

私はこれを、なんの映画やったかな、多分グザヴィエ ドランの新作を見に行ったときの、予告編の時間に大画面で偶然見て「なんっちゅうかっこいい展覧会予告編や!!」と思ったのでした。



なんと言っても、Jeu de Paume+Georges Didi-Huberman+テーマが蜂起、この三点、どれをとっても絶対はずれがあるわけがないという、素晴らしい三本柱。心の底から安定した気持ちで見れます。

ジョルジュ ディディ=ユベルマンとは、フランスの哲学者であり美術史学者であるめちゃくちゃすごいおじさんです。ルネッサンスからコンテンポラリーまで、図像学における権威中の権威です。
で、本展のタイトルの「Soulèvements」とは仏和辞典をひくと、1持ち上がること・持ち上げること 2反乱・蜂起 などがでてきます。までも、フランスでSoulèvementsと聞くと、人民が立ち上がる蜂起や暴動を想起する人が多いのではないでしょうか。

そんなこの展覧会、見終わったあとの復習でも、見る前の予習でも、もしくは見れないけど資料は欲しい!という場合でも、こちらのサイトがすごくおすすめ。
このSoulèvementsというテーマについて、より長く、広く、深く、皆で考えていくためのプラットフォームです。ジョルジュ ディディ ュベルマンの講演のヴィデオもあるし、世界中の20の文化芸術施設が選択し、展覧会では展示されていない、蜂起に関する作品や資料も閲覧できます。

あとこれね、ジョルジュ ディディ ユベルマンによる展覧会紹介ビデオ。


上のサイトとビデオさえ見れば、私がごちゃごちゃここに書く必要はほんまにない。全くもって無駄になります。

だから一言だけ!あ、いや二言!
まず、展覧会会場に入る前に、壁に貼ってある展覧会序章的な文章読むでしょ。
そのあとチケット切ってもらって会場に入る。で、これ。
20161129143517119.jpg soulevements-2_0[1]
美しすぎるよね。Soulèvementsっていうと、すぐに「蜂起」を思い出すけど、そうよね。これもあるね。持ち上がること。
はあ美しい演出。この作品が本展の広告として、パリのメトロにババーンと貼られてるんですが、もう本当にきれい。
Denis Adamsの作品

そしてもう1つこの作品、なんか感動したんです。これも入ってすぐです。
20161129143413439.jpg
ヴィクトール ユーゴーが1856年に描いたToujours en ramenant la plume(いつも筆に戻る)というデッサン。
私の写真が微妙すぎて申し訳ないんですが、この作品のキャプションにある説明文が素晴らしかった。めんどくさいのでここには書きませんが、見に行ってください。このキャプション読んでこの作品見て、泣きそうになった。

そうそう、キャプション全部ちゃんと読んでください。ジョルジュ ディディ=ユベルマンがやっぱり書いてるんでしょうか。
まるで素晴らしい著作を読んでいるかのようです。展覧会のもつ流れや起承転結と、キャプション説明分のもつ流れと起承転結が、マクロとミクロの世界でつながるような、目の前がぷわーーっと明るくなって、いろんなものが明確に見えてくるような気になります。
我にかえると、結局今までどおり、世界は理解できないことだらけなんですけどね。

あとはシグマー ポルケの作品で1ついいのがあって、他にはフェリックス ヴァロットンとゴヤの作品が結構見れて満足でした。

パリ18区の写真専門アートセンターLe Balでも、日本で3刊だけ発行されたProvokeという写真雑誌の展覧会を12月11日までやってます。Entre Contestation et Performance : la Photographie au Japon 1960-1975 / 抗争とパフォーマンス 1960―1975年の日本写真 というかっこいいサブタイトルがついたこの展覧会も、1968年から1969年にかけて中平卓馬、高梨豊、森山大道が活躍したProvoke誌を中心に、60年代から70年代にかけての日本での社会抗争の歴史や様子が写真やビデオ、アーカイブ資料で紹介されていて、非常におもしろかったです。
20161129153702523.jpg 



Soulèvements展とProvoke展、機会がある方は是非見に行ってください!おすすめです!
(ちなみにProvoke展は幼児連れでも余裕で行けますが、Soulèvements展はJeu de Paumeなので避けたほうがいいです。)


Soulèvements展とProvoke展のカタログの英語バージョン。
 

Quand les images prennent positionの日本語訳!


そしてそしてこれね。SNSやネットで氾濫する情報のなかで、イメージの持つ力と怖さ、心に直接働きかけてくるような強さと説得力を毎日感じずにはいられません。Images malgré toutの日本語訳


彼の著書はどれもとても興味深いです。是非ご一読ください。

11/29 23:43 | 展覧会 | CM:0 | TB:0
Hans Op de Beeck 「Saisir le silence」 @ 104
パリではもうすっかりアートセンターとして定着した感のある104(サンキャトルと発音します)。治安がめちゃくちゃ良い訳でもない地区に、地域住民が楽しめる現代アート(造形芸術だけじゃなくて演劇とかダンスとかも含めた)センターを造ろうと、昔の葬儀場というか遺体安置所が大改装されたという鳴り物入りの「アートセンター」で、最初の頃はアーティスト イン レジデンスとしても機能してないとか、予算がなさすぎて館長辞任とか、ちょっと治安悪めのところにファッションウィークのときだけショーを観にタクシーで乗り付ける白人感じ悪いとか、行ってもなんにもないとか、結局来てるのって白人の若者と家族連れじゃない?とかいろいろありましたが、ここ最近はいつ行っても(とは言っても私は週末しか行ってないけど)すっごく楽しい。うきうきする。なんかいろんな人がごちゃごちゃしてて楽しい。ダンスや演劇やサーカスやパントマイムや大道芸や、なんなんだかよくわからないんだけど真剣に自分たちの好きなことを練習してる若者でにぎわっていて、みんな上手に自分の場所確保しつつ、シェアの精神でやってる。見物にぶらぶらやってくるのは30代40代、あとは子連れの家族。子連れの家族にうれしいのは、乳幼児向け(0歳から5歳まで。Matall Crassetのデザインです)のスペースもある。乳幼児向けのスペースは入ってみたいなーと思いつつ、他に観たいものがありすぎていつもスルーですが。まあここまで来てなんで子供のためのスペースに閉じ込められなあかんの、という気持ちが強いのが理由です。他には本屋さんとか、エマウスという、フランスから発して現在は国際的な活動をすすめる連帯慈善非営利団体が運営する古道具屋さん、カフェ、フードトラックなどもあります。


ダンスといっても、ヒップホップ?とか、ブレイクダンス?とか練習してる人が多くてそれも楽しい。




恒久展示のようなものもいくつかあります。例えば地下のミケランジェロ ピストレットの迷路とか。豪華でしょ~!
20161114094740540.jpg

踊ってる人たちやなんか自由な雰囲気の中で子供たちも走り回ったりして、それだけでここは時間が気持ち良く過ごせる場所なんですが、わざわざ私が重いお尻をあげるには理由があります。


さて、ここからは今回104にやってきた最大の目的、Hans Op de Beeck/ハンス オプ ド ビークの「Saisir le silence/静けさをつかまえる」展の紹介です。

11/22 00:23 | 展覧会 | CM:0 | TB:0
マウリツィオ カテラン 「Not afraid of Love」@ Monnaie de Paris
セーヌ河沿いにある昔の造幣局、現在のパリ造幣博物館では、たしかもう8年ほど前から現代美術の展覧会、特に世界的に有名なアーティストの個展を開催しています。普段ならなかなか見ることのできないような有名アーティストの作品を、大きくもなく、小さくもない、ちょうどいい大きさの展覧会で展開します。最初のほうは見終わってもなんだか不完全燃焼のような、物足りないような気もしていたけれど、ここ数年は空間の使い方も良いし、ただ私がこの建物での展覧会の規模を身体的に記憶しただけかもしれませんが、ちょうどいい感じの規模のよい展示をしていると思います。

そして今は、2016年10月21日から2017年1月8日まで、なーんとなんと!マウリツィオ カテランの個展「Not afraid of Love」を開催しています。
これも行きたい!絶対に子連れで行きたい!という展覧会。
行って参りました。


造幣博物館の入り口に近づいてくると、ん?なんかいつもと違う。建物の窓になんか文字がついてる。
写真中に見えるだけでも、BRUTAL/乱暴、PROFOND /深い、SOLITAIRE/孤独、TENDRE/優しい、IRREVERENT/無礼 などなど、いろんな形容詞が掛かっています。これ絶対カテランの展覧会に関係してるわ!カテランの作品を表現した言葉に違いない!とわくわくどきどきさせるにくい演出。
20161114102857042.jpg



アーティスト活動の休止を発表してから5年。30年近いアーティストとしてのキャリアの中で生まれた作品のうち、20点が展示されています。
みなさんもすでにご存知でかと思いますが、マウリツィオ カテランは1960年パドゥー生まれのイタリア人アーティスト。ということは今年で56歳。
272670_vignette_soiree-848.jpg
こちらの写真は今年の夏にパリのギャラリーラファイエットで開催された、カテラン展のオープニングでの彼。 フランス、というかパリのアートやらファッションやら関係のパーティー写真を載せたサイトSay Whoから借りました。ちょっとしたおしゃれなオープニングパーティに行くとSay Whoのカメラマンがほぼ絶対います。チャラチャラしてて楽しいし、おー誰さんも来たはったんかー。誰と誰は知り合いなんかー。など下世話に見るのが好きな私も、定期的にチェックしてます。

若い頃は清掃夫や葬儀屋さんとして働いていたカテランですが、とにかく生きていくために仕事をするということから解放されたくて仕方なかったらしいです。そうこうしてるうちに家具デザイナーになっていたカテランは徐々にアートの世界に入っていきます。(すでによくわからん経歴ですけど。)

なんかでも働くのが嫌で嫌で、多分、近年の現代美術市場で最もセンセーショナルな状況の渦中にいて翻弄されたアーティストと言っても過言ではないカテランなので、ちょっとアーティスト活動を休んだのも納得というか、世間の目から離れたかったからこそのこの5年の休止かと思いますが、あー、お金足りなくなったのかしら。ともちょっと思ってしまいますね。これまた下世話ですが。個人的には、あの評価額暴落(高騰し過ぎてたのが異常だっただけで別に暴落ってわけじゃないともいえますが)のあとすぐに休止したのは頭のいい最良の選択だと思います。偉そうに上から言ってすいませんが。

カテランは自分自身の像をインスタレーションに組み込むような自画像的作品をよく発表していましたが、今回の回顧展ではその傾向が特に強く出ています。彼自身の彫刻がたしか4点もありました。(そういえばこないだパリのエマニュエル ペロタン ギャラリーでやっていた村上隆 の個展でも村上隆のめちゃくちゃ気持ち悪い彫刻が展示されていました。その話はまた今度。書けたら書きます。)

ちなみに展覧会のタイトルNot Afraid of Loveは、カテランの作品の1つ、それもめちゃくちゃ有名なやつと同じです。そうそう、あの象に白い布をかけ目のところだけ穴が開いてる彫刻と言えば、ピンとくる方も多いかもしれません。この作品を見ると、いつも「頭隠して尻隠さず」のことわざが浮かんできます。
これね。でもこれ、この展覧会では展示されていません。それが意図的なものなのか、予算やらの問題なのかはわかりませんが。


前置きはこのへんで。では行ってみましょう。

ベビーカーあるし、裏のエレベーターから行くか、となってはいけません。階段からあがってください。
だってこれがあるんやもん。
20161114103507640.jpg 20161114103637096.jpg
Novecento 1997(ぶら下がった馬)とUntitled 2007(箱の中の女性の彫刻)
あーこの馬の作品ってなんかつい最近な気がするけど、もう20年も前のものなんやー、そら私も年とるわけや、となんか変な感慨が、、、。
この天井から釣り下がった馬、娘は何回も何回も、展覧会の途中で他の作品を見てるときでも、急に戻って見に行ってました。


そして早速どーん!これはもう現代美術の有名作品というより、現代美術市場の歴史的作品といったほうがいいですね。

20161114104001707.jpg
La Nona Ora 1999

20161114104039996.jpg 
Untitled 2003
私が生まれて初めて目にしたカテランの作品がこれでした。写真を大きくしないと見えないかも。当時まだ私はフランスのリヨンという地方都市で美術史の学生をやっていて、テロー広場という市役所前(この広場には自由の女神を作ったバルトルディ作による噴水とダニエル ビュレンのインスタレーションがあります)を歩いていたら、どこからか太鼓の音が聞こえてきたんです。ん?何?と音が聞こえるほうをみあげると、広場に面した美術館の屋根の上で、足をぶらぶらさせた男の子が太鼓たたいてる!もう心臓が飛び出るかと思ったし、実際大騒ぎして消防に電話してる人までいたとかいないとか。

そしてもちろん、私の娘も男の子に唖然。隕石落ちてきたローマ法王はそっちのけで「男の子が落ちちゃうよ、お母さん。危ないよ危ないよ。」と。ちゃんと説明してもなかなかその場を離れませんでした。
20161114103414866.jpg


トイレの扉があるちょっとした空間の上にも。Mini-Me 1999とthe others
20161114102944212.jpg


はいきたー。ロッテルダムのBojimans Van Beuningen美術館にある作品 Untitled 2001
もう何年前だろう、ロッテルダムに急に出張が決まって、最初に思ったのが「ああ!やっとカテランのあの作品が見れる!!」だった。
そのときの「あの作品」が今年はパリでも見れます。
20161114103000375.jpg
まーとりあえず写真とりまくりたくなる展覧会であることは誰にもそうだと思います。
この作品を活かすためにか、この展示室だけ壁が荘厳な感じの赤に塗ってありました。


We 2011
20161114103145009.jpg

Charlie Don't Surf 1997
20161114103344420.jpg

All 2009
20161114103219182.jpg

Untitled 2007
20161114103320598.jpg

Untitled 2000
20161114102920015.jpg


カテランの作品はミーハーに結構全部すきなんですが、私が見た事のあるカテランの作品の中で一番好きなのはこれです。
初めて見たときに心臓がドキンとしたあの感覚は絶対忘れられない。展示室に足を踏み入れた瞬間に目にはいる背中。これがこの作品の全部だと思っています。ヒトラーの顔でも、組んだ手でも、見上げた視線でも、ひざまづいた足でもなく、私にとっては、視界の中に突然はいってきて全部持っていってしまう彼の背中が全てです。
Him 2001
20161114103100338.jpg 20161114103259158.jpg 


いくつか写真を載せてない作品もありますが、基本的にはカテランの有名作品ばっかりで観たことがないものはありませんでした。
そんな人は私だけではないと思いますが、何度も見てる作品だとしても、カテランをどう観るか、どう読み解くか、どう感じるか、どう楽しんだり怒ったりするのか、そこがカテランの深みだと思います。そういう部分をうまく引き出して展覧会をとても魅力的なものにしていたのが、様々な業界の著名人が書いた作品解説でした。女優、舞台監督、キュレーター、ギャラリスト、美術批評家、料理人、デザイナー、元大臣から、現フランス文化省大臣まで、今展のキュレーターの依頼によりいろんなスタイルのテキスト(それもかなり長め)で彩られた作品達。
そして、最初の写真のように、造幣美術館の建物に掛かっていた形容詞たち。
個展の場合は、こういうちょっとしたアイデアやスパイスが、キュレーターの腕の見せ所やなあと思います。

造幣美術館のサイトにちゃんとした写真いっぱい載ってるのでこちら見てください。

最後に、展覧会解説のパンフレットをもらったら、いっしょに子供向けの小パンフレットもついてきました。
こういうのって大したこと書いてないんやけど、「なるほど、子供へはこれくらいの情報でいいのね」とか「こういう言い回しでいえばいいのね」なんて結構便利です。
20161115162211995.jpg     20161115165938413.jpg 20161115165953963.jpg 

いやーしかしここの展覧会は毎回、予算あるなーと感心します。そんな簡単に個展なんてできないような高額有名アーティストのものが多いし、どこからお金を引っ張ってくるんでしょう。文化プログラム担当でキュレーターのキアラ パリジさんがやり手なんでしょうね。
展覧会が終わっても、これで終わりじゃありません。すぐ近くに造幣博物館のブティックがあるんですが、そこに立ち寄るのもお忘れなく。


Monnaie de Paris
11 Quai de Conti
75006 Paris
毎日11時から19時まで。木曜日22時まで。

学生さんは木曜日の19時以降は無料です。

ブティック
2 rue Guenegaud
75006 Paris
毎日11時から19時まで。
11/21 22:24 | 展覧会 | CM:0 | TB:0
Tino Sehgal/ティノ セーガル @palais de tokyo
パレドトーキョーで2016年10月12日から12月18日まで、ティノ セーガルの個展が開催されています。

パレドトーキョーはめちゃくちゃ広いので、基本的には常に何人かのアーティストの作品が展示されていることが多いのですが、13000㎡ぜーーーんぶ1人のアーティストに使ってもらうという企画を2013年にフィリップ パレノでやりました。今回は3年ぶり2回目のcarte blanche(直訳すると真っ白のカードという意味ですが、フランス語で「なんでもどうぞ、ほんまに好きなことやっていいよ、おまかせで!」という感じの意味です)を託されたのは、1976年イギリス生まれでベルリン在住の現代美術の奇才ティノ セーガル!

こ!れ!は!早く行きたい!早く見たい!それも絶対1人じゃなくて夫と子供達とみんなで行きたい!!と1人で行くのを我慢して、家族全員で来れる週末を指折り数えて待っておりました。

では早速。
ただ、ここからはおもいっきりネタバレですので、まだ見に行ってなくてこれから行くという人は、ぜえーーーーーーったいに読まないで下さい。




11/15 23:34 | 展覧会 | CM:0 | TB:0
template design by takamu
Copyright © 2006 takamu All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。