スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
La Force de l'Art 02
昨日は、La Force de l'Art 02というグランパレで開催される、フランス現代アートトリエンナーレのヴェルニサージュでした。
昨日は、仕事でも私生活でも「はーしんど」と周りに思わされることが結構あったので、「なんやいきたくないなー。」とお疲れモードだったんですが、ま、これも仕事のうち。というよりも、「見に行った?」と聞かれて、さすがに「行ってません。」と答えることはできないなーと思って行ってきました。
ということで、知り合いを見つけても、向こうに見つからなかったら無視、という方針で、30分ほどでさーっと見ただけですがLa Force de l'Art 02第一印象いってみましょう!


第二回目を迎える今回のトリエンナーレは、「La Force des oeuvres/作品たちの力」によって構成された「La Force de l'Art/芸術の力」というコンセプトのもと、Jean-Louis Froment/ジャン=ルイ フロマン、jean-Yves Jouannais/ジャン=イヴ ジョアネ、Didier Ottinger/ディディエ オッタンジェーの三名のキュレーターによって、「テーマなし」の展覧会となりました。この三人によって選ばれたアーティストたちの作品は、建築家Philippe Rahm/フィリップ ラムの考案した「Geologie blanche/白い地質」と名付けられた真っ白のストラクチャーの上に展示されています。

ヴェルニサージュでは、いつものごとく、人が多すぎてなにがなんだかよくわかりませんでした。私、今更ですけどヴェルニサージュ苦手です。知ってる人見つけても声かけにいくのが邪魔臭くて、わーわーしゃべったりするのしんどいし。でもそれじゃあかん、と思っていつも行ってはみるんですけど、やっぱり現場に行くと本当にどうでもよくなってしまってねー。あかんなー。

ま、気を取り直して。


私が第一印象で一番「おお!」と思ったのはDidier Marcel/ディディエ マルセルの作品。
彼の作品を前にして「げ、現代アートがわからん!」とよく思うのに、彼の作品はいつも何故か好き。
どうしてなのかいつか自分なりに分析してみたいものです。
DSCN2641.jpg

その横にあるWang Du/王文のケバブ。彼の作品はこれまたディディエ マルセルとまったく違うところにあるアートですが、いつも「うまいことやらはる。」と感心します。
今回も彼お得意の「イメージ」を用いたもの。彼はこの世界はイメージの世界と化した、と言って、今回の作品でも、私たちが街角の広告やそこら中に溢れて逃げられない「イメージの氾濫」というものをテーマに作品作りをしています。
この4階まで上っていける足組みの真ん中には、さまざまなイメージをてらてらと貼付けた大量の紙が重ねられていて、ゆっくりとまさにケバブのように回っています。それらの紙を私たちビジターはケバブ屋さんのお兄さんがお肉を梳ぎ切るように、手で引きちぎったりナイフで切り取ったりして、いわゆる「お持ち帰り」できるようになっています。
DSCN2643.jpg

こちらはMichel Blazy/ミシェル ブラジーの作品。
この日は初日のオープニングだったので、何も進化してはいませんでしだが、これからどんなふうになっていくのか楽しみです。白だらけのストラクチャーに囲まれた作品たちばっかりのなか、これはアーティストによって作られた緑色の糸の絡まりで壁が構成されていて、素敵な空間になっていました。
DSCN2644.jpg

真っ白の空間に飽き飽きしていたところにあらわれた三作品。
手前のはNicolas Fenouillat。
右の赤い箱の中はFabien Verschaereの世界が広がっていて、奥の緑色はVirginie Yassefの恐竜のひっかき爪痕。
Fabien Verschaereの箱のなかには次回入ってみたいと思いますー。
この空間好きでした。
DSCN2646.jpg

「あ、Pierre Ardouvin?」と雪だるま的物体ににんじんの鼻がついてるのを見て思ってしまったけど、こちら、le Gentil Garcon/ル ジャンティー ギャルソンのインスタレーションでした。
DSCN2647.jpg

こちらはアジアの病気に瀕死の状態で帰ってきて(これほんまの話です)挽回したFabrice Hyber/ファブリス イベール。
DSCN2648.jpg


私の第一印象の結論としては、このトリエンナーレの目玉であるGeologie Blancheというストラクチャーによって、まあ、グランパレのガラス天井が非常に映えてはいましたが、それぞれのアーティストの空間が完璧に離ればなれになってしまった白い部屋になってしまっていて、まるでホワイトキューブのギャリーでの展示を見ているようで、なんだかひとつの展覧会じゃないみたいでした。ま、最初に書いたように「ひとつひとつの作品の力によって成り立つLa Force de l'Art 02」ということですから、それでいいのかもしれませんが、視覚的にもう少し楽しめる展覧会だったらなーと思いました。
準備期間中からいろいろな裏話や苦労話を聞く機会に恵まれたこのトリエンナーレなので、これから何度か足を運んで、それぞれの「作品の力」をしっかり勉強して堪能して、前向きにキュレーターさんたちの目指したものを少しでも展覧会という形からビジターとして感じ取れりたいと思います!




番外編。

これを見よ!Geologie Blancheに囲まれた広大な空間を!
「ちょっとこれもったいなくね?」とパリ在住のフランス人アーティストとニューヨーク在住のフランス人アーティストに会ったときに言ったら、「まあねー。フランス人アーティストはぜんぜんいないからねー。」と自虐的な皮肉を言ってました。ま、フランス人アーティストの活躍の場を増やそう!ということで始められたこのトリエンナーレですがね。
DSCN2645.jpg



日本でもこのトリエンナーレを楽しめる方法がひとつあるので紹介します。
それはLa Force de l'Art 02Les Virtuelsというカテゴリー。
これは展覧会期間中ほぼ毎日、フランス時間の10時から23時まで、様々なアーティストのヴィデオ作品がインターネット配信されるというものです。
私が知らないアーティストさんばっかりですけど、私もこれを毎日見て勉強しようと思います!
ここのプログラムからどうぞ。


クリックお願いします!


にほんブログ村 美術ブログへ

スポンサーサイト
04/25 06:27 | 展覧会 | CM:5 | TB:0
Hair by Asami Nishimura @ ENSBA Paris
私が応援してるAsami Nishimuraの新しいパフォーマンスの告知です。
めーーーっちゃ行きたいけど月曜はブリュッセルに出張、、、。くやしい、、、。

HAIR.gif
04/21 18:56 | 宣伝 | CM:0 | TB:0
Untitled 2009年春夏
私が友人と共に運営するキュレーション団体Untitledの活動のなかで、現時点で決定している2009年春夏のイベントを報告します。



2006年にこのブログにも書いた、フランスで活躍するアーティストの作品をグランパレで展示するトリエンナーレ、la Force de l'Art 02Les Invitesというカテゴリーに招待されました。

affiche.jpg

私たちUntitledが提案するのは、二つのパフォーマンス :

Asami NishimuraLa cerise sur le gateau」 : 2009年5月9日16時半 グランパレ内廊正面エントランス前にて。

Berengere Valour (danseuse) et Joris Ruhl (clarinettiste) 「. _ .. 」: 2009年5月17日15時半 グランパレ内廊内にて。



Asami Nishimuraのパフォーマンスは屋外ですので、チケットなしでも観賞できます。
この日にパリにいらっしゃる方は是非!




2009年5月24日から27日までLa Generale en Manufactureで開催される、キュレーター団体Pilotti主催の「Dark Pearl」展にて、コラボレーターとして参加します。

私たちUntitledがキュレーションするのは、若手建築家集団 White Weekend Kites



初の姉弟コラボでもあります。



Antoine-Aguilar_antoine-aguilar.jpg

EAC les Rochesにて、Antoine Aguilarの個展 : 2009年7月14日(ヴェルニサージュ)から8月末



カタログも出版予定。




こんな感じで最近ブログが滞ってますが、いろいろやってるんですよー。
応援クリックお願いします!


にほんブログ村 美術ブログへ


04/21 01:51 | Untitled | CM:2 | TB:0
La Suite Elle Decoration par Maison Martin Margiela for SHIFT
メゾン マルタン マルジェラがインテリアを手がけたアパルトモンの記事が、SHIFTにアップされました。

マルタン・マルジェラのインテリア展(ちなみにこのタイトルは私がつけたわけではない。)

martin-margiela-3-682x1024.jpg

日本にいた頃はファッション雑誌を読みまくっていたし、ブランドものの服も大好きで買いまくっていたけれど、フランスに来てから他のことに興味がうつってしまったので、最近の傾向をよく知らない分野に関する記事を書けるか心配でしたが、とっても勉強になりました!まあまあの出来だと自負してます。

一般ビジターとしての予約がとれなかったので、「(自称)ジャーナリストなんですけど」と電話して私の都合の良い時間にあわせてプライベートガイドしてもらったり、そんな初体験もありました。

ここからマルジェラのプレスさんたちがこの展覧会を紹介しているビデオが見れますよ。

 


クリックお願いします!


にほんブログ村 美術ブログへ


04/19 00:10 | Shift投稿記事 | CM:0 | TB:0
キュレーター イン レジデンス @Schloss Ringenberg
手抜きではありません。もういちいち訳したりするのやめます。
ドイツでのキュレーター イン レジデンスです。

smax
Juli 2009 - Juli 2012

CALL FOR APPLICATIONS
CURATORIAL GRANTS

at Schloss Ringenberg,
46499 Hamminkeln (Germany)

contact:
smax.project@gmail.com
tel. 0049-2852-9229
http://www.schloss-ringenberg.de

Application deadline: 15 May 2009.



Curatorial Grants – Practice and Networking

In July 2009, the State of North Rhine-Westphalia will inaugurate a new model for promoting postgraduate curatorial work by offering a programme-based grant.

The grant provides 1,250 Euro /month in support for each participant for a period of 12 months. The curatorial grant is practice-oriented and tied in with the German-Dutch European project smax. The programme is located at Schloss Ringenberg, in Hamminkeln on the Lower Rhine.

Schloss Ringenberg has been in operation as a studio and exhibition centre for 30 years. With eight German and Dutch artist fellows per year, dialogue-focused exhibitions and cross-border knowledge exchange, along with a wealth of activities for the public, the Schloss unites under one roof in an exemplary fashion the whole spectrum of contemporary cultural endeavour.

Since 2001 the work of Schloss Ringenberg has centred on European projects involving German-Dutch cooperation. In conjunction with changing project partners on both sides of the border – including the Akademieverbund ArtEZ in Arnhem, the Museum voor Moderne Kunst Arnhem, the Kröller-Müller Museum in Otterlo, the Museum Abteiberg in Mönchengladbach and Kurhaus Kleve – the Schloss has since 2005 been providing cultural producers and mediators with the means to try out unusual contemporary art concepts and formats.

The new European project smax (2009-2012) is now carrying these promotional efforts forward with a practice-oriented model consisting of new residential grants.

For the invited curators in the cross-border region smax offers a versatile selection of concrete fields of work as opportunity to independently put their ideas into practice. In a special match situation, the participants are integrated into a cultural network that provides them with a model for the real conditions under which they will embark on their careers.

Curatorial fellows from the State of North Rhine-Westphalia will be chosen by an expert jury. Required is a completed course of studies in art history or art studies at a university in North Rhine-Westphalia, as well as demonstrated professional qualifications. The two NRW fellows will live and work for the most part at the Schloss during the 12-month grant period, together with a third curatorial fellow from the Netherlands, from the De Appel Arts Centre (Amsterdam). Residence at the Schloss and participation in smax are mandatory for grant-holders.

During the grant period, smax offers the curators:

• The opportunity to conceive and implement three art projects in the Lower Rhine region, financed through smax
• Expert curatorial guidance and moderation of the projects by the smax team at Schloss Ringenberg
• Exchanges between mediators and producers of contemporary art via artist and curatorial fellowships taking place under one roof
• German-Dutch networking and sharing of experiences through cooperation with the De Appel Curator School in Amsterdam
• Network expansion through the German-Dutch platform Schloss Ringenberg
• Programmatic drafting of mediation offers for the public, in particular for school children through coordination with German-Dutch school projects
• Publication of the projects in magazines and as a DVD collection

The grant serves to equip curators with professional credentials, including

• Developing their own criteria for the quality and relevance of artistic approaches
• Creating their own curatorial profile/ aesthetic approach
• Experience with institutional structures and practice-related processes such as mounting an exhibition, public relations, organisation and budgeting
• The ability to discriminate between artistic product and curatorial approach, leading to better comprehension of creative practice
• Potential addressees, integration of local viewer profiles

For further information and application materials: http://www.schloss-ringenberg.de
04/15 21:46 | 公募展, アーティスト イン レジデンス | CM:0 | TB:0
これは「ピエタ」か?
ここ2週間ほど日本から母親が来てまして、ブログやら個人の仕事やらすっかりおろそかになっていました。先週末は彼女と一緒にロンドンに行って現代アート三昧。
そこで見たものもここで紹介できたら、と思って写真は結構撮ってきましたが、いざブログの記事にするのはこれまたいつのことやら。もしくは一生ないかも?と普段の私を思い返してみたり。

そんなわけでロンドンに行ってた3日間新聞から遠ざかっていたので、パリの家に到着して即効開いたLiberation紙に、見開き一ページ分使った大きな現代アート作品の写真を見つけました。

写真はこれ。
fryerpieta.jpg

キリストが木製の電気椅子のようなものにしばられている作品。


写真に割いてるページのわりにはえらく短い記事が横にちょこんとついていました。「リベラシオンにしては現代アートのこんな大きい写真載せるなんて珍しいな」と思いながら読んでみました。

それによると、この作品はPaul Fryerというイギリス人アーティストの「ピエタ」。
これはフランスのギャップという街の大聖堂で、先週のイースターまで展示されていたフランソワ ピノー所有の作品。
展覧会という形よりも、この作品ひとつだけ、ある期間展示されていたようです。
でもこの展示がメディアで取り上げられたことにより、3000人ものビジターが期間中この大聖堂を訪れました。
賛否両論のこの展示ですが、全体的にキリスト教徒にポジティブに受け取られたようです。
これはギャップの司教さんによって開催されたわけですが、彼は「ショッキングだという人もいます。でもこの作品は、キリストが十字架にかけられているいわゆる伝統的なイメージを見すぎてすっかり慣れてしまい、もう強い感情を抱かなくなってしまった私たちに、再びキリストのスキャンダルに目を向けさせるきっかけになるのです。」というようなことを言っています。

ギャップの司教区のサイトから、フランスのテレビ局がこの展示を取り上げたビデオなんかも見れます。ここの下の方。


私、どうでもいいんですけど、この作品が賛否両論を受けたとか、本当に興味ないんですけど、写真とそのキャプションを見た瞬間、ひとつ気になったのでこのブログのツッコミカテゴリーにて吐露。

「ピエタ」って、ふつうは聖母マリアがキリストの死体を抱っこしてるとこじゃない?
これはどっちかっていうと、「キリスト磔刑」じゃない?キリストが十字架にかけられてるとこ。
がんばっても、電気椅子が聖母マリアってのはなんか違うしなーー。

いや、ほんとどうでもいいんですけど、誰もつっこんでないので、つっこんでみました。


久しぶりのクリックお願いします!


にほんブログ村 美術ブログへ

04/15 02:12 | ツッコミ | CM:6 | TB:0
2009年3月備忘録
3月は多分これだけ。
Slick dessinというアートフェアが思った以上に面白かったのがうれしいです。
映画をもっと見に行きたいけど、映画って一番見に行くのにたっぷりの時間が必要。
時間が限定されてるしね。

では興味のある方、リストもどうぞ。
04/03 00:59 | 備忘録 | CM:0 | TB:0
2009年2月備忘録
もう4月になってしまってますねー。
2月の備忘録。何を見に行ったかもう覚えてないけど、大してなにも見に行ってないのは覚えてます。

DSCN2337.jpg Galerie Kreoの入り口。


では興味のある方はリストのほうもどうぞ。
04/02 20:57 | 備忘録 | CM:2 | TB:0
template design by takamu
Copyright © 2006 takamu All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。