スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
Mircea Cantor/ミルチャ・カントル 「More Cheeks Than Slaps」展
13区の中華街から南に行ったIvry sur seine市にある現代アートセンター、le Credacは、パリ郊外にいくつかある現代美術を見せるアートセンターのなかでも、ディレクターClaire Le Restifの敏腕が光る突出した場所。
去年まではメトロのMairie d'Ivry駅から徒歩2分ほどにある建物の地下に結構広い展示空間を持っていたのですが、2011年秋からla manufacture des oeilletsと呼ばれる元ボタン穴工場だった建物に移転しました。2009年にIvry sur seine市よって買い上げられた同建物にはCentre dramatique national du Val-de-Marne/ヴァルドマルヌ国立演劇センターとThéâtre des Quartiers d’Ivry/イヴリー劇場も入っています。

そんな今後が期待されるle Credacの移転後最初の展覧会は、1977年生まれのルーマニア人アーティスト、Mircea Cantor/ミルチャ・カントルの個展。2011年の横浜トリエンナーレにも出展していたらしいので、ご存知の方も多いかもしれません。

パリでは、若いのに老舗の有名現代美術ギャラリーYvon Lambertの取り扱い作家なので、ギャラリーでの個展をはじめ、パリのトリエンナーレla force de l'art 2009にも参加していたし、彼の作品を目にすることはよくあります。

展覧会はもう終わってしまったけど、新しい空間とうまくコラボできてる展示だったなあとふと思い出し、ここに書く事にしました。


さあ新しいle Credacに到着!原チャリで行ったのでメトロの駅からどれくらいかかるのかいまいちわかりませんが、徒歩で充分行ける距離だと思います。前にメトロあがったとこの建物にあったときよりは遠くなったけど、わがままは言わない言わない。
P1060082.jpg P1060084.jpg
ここの4階。身体障害者以外は階段で、と書いてあるのでがんばって登りましょう。


P1060085L.jpg P1060086L.jpg
さて4階に着いてすぐ、受付の左側のスペースがこちら。
パッと見には飛行機の作品だけに見えますが、ここには3点展示されてました。
まずは真ん中のFishing Fly。使い古された石油缶を組み合わせて作られた戦闘機の形をした作品。機体胴部には大きな金色の釣り針がくっついています。
なんかよくわからんけど、このインスタレーションが良かった。パリのような歴史的な建物が並んでいるのではなく、決して美しいとは言えない開発途中のイヴリーの街が見渡せるガラス張りの窓が大きくとられた空間に、まるで空から不時着してきたかのように見えるおもちゃのようだけどなんだかすごくかっこいい戦闘機。うまいなあ。

そしてこのスペースの壁に、小さなコラージュ作品Fishing Fliesも展示されています。これはアーティスト自身が小さい頃に集めていたチューインガムを買うとついてくる飛行機のシール。戦闘機なんかの子供向けにしてはアグレッシブなシール69枚には、Fishing Fly同様、釣り針の形に切り取られた金箔が胴体部分に貼ってあります。

そしてもう一点、このアートセンターに入ると聞こえてくる子供の声「アーイ ディッサーイドゥ ナットゥー セイヴ ザ ワール!」地べたに置かれたビデオ作品I Decided not to save the world。最初は子供が叫んでるだけで、何を言ってるのかよく聞き取れないこのセリフ、非常に短い間隔でループされるビデオなので、そのうちいやがおうにも「僕は世界を救わないをことに決めたよ!」ってたどたどしく、でも大声で宣言してるのがわかってきます。で、それがわかった瞬間になんとも言えない気持ちになるんですよね。

受付をはさんで右側は、飛行機の展示ルームに比べると少し小さめの空間が二つ。
最初の空間には大きなガラスに虹が描かれた作品、Rainbows。なんてことないんだけど私が「わー、いい!」となった作品。
P1060087L.jpg P1060088L.jpg
近寄ってみると、虹は一点ずつはんこのように押された親指の指紋でできあがっていて、虹ではなくて、七色の弧を描く有刺鉄線であることがわかります。このへんがいかにもミルチャ・カントルですねえ。

次の部屋に行く入り口には展覧会タイトルのMore Cheeks Than Slapsと書かれたネオンが、正面に設置された鏡に反射しています。
そして最後の作品。Tracking Happinessというタイトルのビデオ作品はMircea Cantor/ミルチャ・カントルの代表作でもあり、ヨコハマトリエンナーレでも展示されていたので見た方も多いでしょう。
ミルチャ・カントルの作品ではよく「7」という数字が使われます。たとえば先ほどの虹ももちろん7色。そしてこのビデオでは「7」人の細く白い女性たちが、ダンスをするように円や線を描きながら、見ている私達の心がやすらいでいくような優しい一定のリズムで、地面に敷き詰められた白い砂をほうきで掃いていきます。
P1060089L.jpg P1060090L.jpg P1060091L.jpg
まるで雲の上をそうじしているように、自分たちの歩んだあとの足跡さえも消しながら、もくもくと終わりのないそうじを続ける女性達。最初は平和なだけの映像に見えていたものが、だんだんなんだか空恐ろしい光景に見えてくる、地球上で起こる醜い出来事を消そうとするかのように、彼女達は永遠にそして無力にほうきを右へ左へと動かし続けているにも見えてくるのです。

今までに見たインスタレーションでも思ってたことですが、ミルチャ・カントル の展示を見るといつも「自分の作品を既存の空間にうまく調和させながら展示するのがうまいなあ。」と感心します。作品自体は「空間」というものに対する何らかのアプローチをコンセプトにもってきているものでは全くありません。ただまるでそれぞれの空間が、彼の各作品のために作られたかのように思えるところがあるんです。もうこれはセンスの良さというしかありませんね。

次の展覧会はフランス人アーティスト、マチュー メルシエの個展。
パリからとても近い郊外なので、是非一度足を運んでみてください。


こちらはミルチャ・カントルのカタログたち。




スポンサーサイト
01/17 03:30 | 展覧会 | CM:1 | TB:0
下着姿でルノワール?
幼稚な顔(ベビーフェイスっていうのかな?)のモデル流行の先駆け的存在で、今では子どもも産んで実業家としても成功しててボランティア活動なんかもばりばりやってるらしいナタリア・ボディアノヴァが代表モデル兼デザイナーの、若い女性向けの安い洋服ブランドEtamは日本では知られているんでしょうか。フランス全土で人気があるみたいでどこの地方都市に行ってもあるし、最近じゃあウチの近所にランジェリー専門店まで出して、このご時世かなりはやっているようです。

そのEtam/エタムが、最近改装が終わって評判のいいパリのオルセー美術館に訴えられるかもしれません!

というのは下のビデオが原因。
最近エタムがDefi sexy!と呼んでる宣伝方法のひとつで、空港やエッフェル塔などの公共の場所にモデル達を送り込んで、隠しカメラで彼女達が下着姿になるのを撮影し、ネットで流すというもの。

いつも通りにエタムから指示されてオルセーで脱いじゃったこのモデル三人、そして撮影はもちろん許可無しの隠しカメラ。でも今回はやりすぎてしまったみたい。オルセー側はこれをただの冗談とは取らず、エタムの手段を厭わない下品なぐらいのなんでもありな宣伝方法に「待った!」をかけました。

ビデオを見る限りでは若いモデルちゃん達、なんかびびりまくって全然楽しそうじゃないし、なんかまず寒そうだし、これで宣伝になるんかいな、ほんまに。とおばちゃんは冷めた目で見るだけですが。
その場にいたおじさんたちはうれしかったんでしょうか。いやいや、女の私から見てもオルセーにある絵画や彫刻のほうが肉付きがよくてずっと官能的に見えますけどね~。

ってかポイントは彼女達があんまりきれいじゃないってとこかしら。


Défi sexy : En lingerie au Musée ! par Etam


他にもエッフェル塔編とかタクシー待ち編とかキオスクで立ち読み編とかいろいろあるみたい。
っていうか冷えるよ!冷えは女性の大敵よ、お嬢ちゃんたち!

Défi sexy : En lingerie sur la Tour Eiffel ! par Etam


En lingerie dans la rue... pour trouver un taxi ! par Etam


En lingerie dans un kiosque à journaux ! par Etam
01/13 03:53 | 未分類 | CM:0 | TB:0
村上隆個展前に知っておきたい、パリがカタールに占領される!?カタール怒濤の文化政策
フランスのアート関連のニュースには数年前から話題を提供しまくっている、中東の小さいけど大金持ちの国カタール。村上隆のヴェルサイユ宮殿での個展を支援したり、新しくできたカタール国立美術館で村上隆の個展開催が近づいて来て、日本のアートニュースでもカタールカタール言ってる頃ではないでしょうか。

少し前までは、アブダビのルーブルグッゲンハイム美術館建設が取り沙汰されていた、アラブ石油王型欧米進出法アート編。最近はすっかりカタールにそのカテゴリーを持ってかれた感があります。

ここ最近はカタールがパリを拠点とするサッカーチーム、パリサンジェルマンを買い取っちゃった上、2012年からのサッカーチャンピオンズリーグのフランスでの放映権はアルジャジーラに持っていかれてしまい、アート関係だけではなくフランスの国民的スポーツにまで手を(というかお金を)出されて、アートなんかには興味なかった一般大衆の感心もぐぐっとカタールに集まってきています。パリサンジェルマンという強くないサッカーチームを強化するため、選手集めのためだけに8000万ユーロを用意しているだとか、引退してもやっぱりスターな我らがジネディン ジダンに1500万ユーロを握らせて、2022年のカタールへのサッカーワールドカップ誘致をお願いしたり。日本も開催国に立候補していたけれど、手回しとお金の掛け方で負けまくりでしたね~。そしてパリサンジェルマンだけでは飽き足らず、フランス随一の競技場であるスタッド・ドゥ・フランスまで欲しいらしい。

お金でどうにかならないものは世の中になにもない、ということを立証したいのだかなんだか、中東の小さな国がこんなに欧米を騒がせているのは、当時の最高権力者であった父親を倒して、1995年から首長になったハマド・ビン・ハリーファ・アール=サーニーの政策によるもの。
ラジオで中東学者が逸話として話していたんですが、ハマド・ビン・ハリーファ・アール=サーニーは小さい頃に、パスポートコントロールでどこかの空港職員から「カタールってどこにあるんですか?」と聞かれたのをきっかけに、「カタールを世界中の人が知っている国にする!」とそのときの悔しさからものすごい野心を燃やし続け、文化的にすぐれた国にするため、今までその経済力で、まさに文字通りお金を湯水のように使い続けているのです。

このでかいおっちゃん。サルコジは小さいほうだけど、それにしてもでかい。
235886-nicolas-sarkozy-et-l-emir-du-qatar-au-637x0-4.jpg

元トップモデルのカーラ ブルーニ現フランス大統領夫人にも負けず劣らずの美貌の二人目の奥さんMozah bint Nasser al-Missned。カタール首長は奥さんが3人、子どもが24人いるらしいから、この人は一体何人産んだんでしょうか。それにしても整形すごい。最近のカーラ ブルーニの顔も整形ひどいなあと思うけど、この人の横にいるとなんて自然な顔なんだ!と思えるくらい。
slide_1836_24572_large.jpg


日本でも有名な、「アラブの春」に関する情報や映像権を世界中のメディアに提供したことで一気にその知名度があがったテレビ局アルジャジーラ/al-Jazzeraも、カタール首長ハマド・ビン・ハリーファ・アール=サーニーがお金を出して作らせたもの。

今私が思いつくだけでも、このアルジャジーラがチャンピオンズリーグのフランス放映権を奪ってしまった以外に、
Royal Monceauという数年前にできた高級ホテルに隣接するアートギャラリーとアート書店を買い取り経営、そしてコンコルド広場に面する海軍省の入っていた、歴史的価値の高いHotel de la Marineという建物を買収してホテル、オークションハウス、アートギャラリー経営へと改装する計画が進行中。まあどちらも Alexandre Allardというフランス人実業家(会ったことあるけどなんか下品な方)が起こした事業をあとで買い取るという形を取ってますが。
ココシャネルが17年間住んでいたり、ダイアナ妃がパパラッチに追われアルマ橋の下で事故にあって亡くなる前に滞在していたので有名な名門ホテルリッツや、Boucheron, Van Cleef & Arpels, Cartier, Chaumetなどの有名宝石店が立ち並ぶヴァンドーム広場に面した建物のなかでも、最も素晴らしいと言われるhotel d'Evreuxを所有。
また、日本でも有名な歴史あるパリ競馬といえば凱旋門賞/le prix de l'Arc de Triomphe!ですが、これもカタールがスポンサー。カタールがスポンサーになってから、賞金が倍になったらしいですが、公式サイトを見ると、「カタール凱旋門賞」なんてどかどかと出てきて、フランス人でない私でさえも「なんだかなあ。」となります。
そして、村上隆が個展を開催するカタール国立美術館はフランスを代表する建築家ジャン ヌーヴェルの設計によるもの。これ↓

もちろんいろいろ後押しをしてもらうための手回しも地道に派手に着々と。2010年には66名の文化系著名人に勲章を授与。一人当たり10000ユーロのお小遣い付きです。ばらまいてますね~。
それだけでは足りない足りないとばかりにLagardèreグループの株も大量買い。

さてさて、アートに関してはというと、いろいろあります。
まずはドーハイスラム美術館。ルーブル美術館のピラミッドと呼ばれる部分や、日本だったら滋賀県のMiho Museumを設計した建築家、イオ・ミン・ペイが手がけたもので、既に美術館の向い側にはリチャード セラのSevenがそそり立ってます。
top_134.jpg
私としてはリチャード セラまでもが、、、と好きな作家だからこそなんだか嫌だけど、写真を見て観に行きたい気持ちは失せました。これどうなんだろ。周りの景色にのまれてる様な気がしないでもない。なんか灯台にしか見えん。ここに作品を設置したいというセラの要望に答えて、わざわざ埋め立てたらしいですよ。っていうかリチャード セラもわがまま!!
なつかしいなあ。数年前に、働いていたギャラリーで、この美術館に売りたい作品があったので、必死になって担当者やら何やらネットワークを調べた思い出があります。
村上隆の個展はもうすぐ始まりますが、その翌年に個展をするのは、中国系フランス人アーティストのヤン ペイ ミン。
Mathaf-Museum-of-Modern-Arab-Art-Doha-Qatar-166.jpg
彼が描いた首長とその奥さんのポートレートは既に、これまたフランス人の建築家Jean Francois BodinによるMathaf Arab Museum of Modern Artに展示されています。また現在そこで個展をしているのは中国人アーティストの蔡國強。

他には日本人建築家磯崎新による設計のQatar National Convention Center (QNCC)にはルイーズ ブロジョワの巨大クモMamanが設置されています。
フランスを中心にした欧米への文化政策もさることながら、アジアの中でのアイデンティティーも確立しようという目的でしょうか。

アート関係で覚えておきたい名前と顔は、お姫様のal-Mayassa bint Hamad bin Khalifa al-Thaniさん。
4986254938_21ae951443_z.jpg
村上隆の左側に立ってる女性。その横はフランス文化省大臣フレデリック ミッテラン、その横はパリで村上隆を扱うギャラリスト、エマニュエル ペロタン。逆側の一番右は泣く子もだまるメガコレクター、フランソワ ピノー。これはヴェルサイユ宮殿の村上隆展のときの写真だと思います。こうやって展覧会はできていくんですねえ。

そんなこんなでパトカーはポルシェなカタール。なんだかいろんな美術館がどんどん建ってどれがどれでなにがなんだかよくわかりませんが、まあ全部QMA Qatar museums authorityが仕切ってるので、同じようなもんだと思います。そしてこのQMAを仕切っているのがさきほどのお姫様。現代アートのオークションで、マーク ロスコーやダミアン ハーストなど、今までの記録を覆すような競りを行ってきたので、もちろんアート界で最も影響力のある人間の一人として君臨中。

いやはや、アブダビに行っても、ドバイに行っても、ドーハに行っても、結局見ることができるアートはオークションハウスクリスティーズのカタログに載ってるような作品ばかり、という日も近いなあ、と思っていたのはもう過去のこと。現実にそうなってきてるんですねえ。

それもこれも、黙っててもお金が入ってくる少数の大金持ちの国民の名誉(?)のため、周辺地域からの労働者が建設事業をひどい環境で担っているから。エジプトのピラミッド建設の時代となにもかわらない21世紀です。
01/11 02:12 | アート界関連ニュース | CM:0 | TB:1
2010年 備忘録
2010年っていつの話や?ってもうおととしの話です。
この備忘録は苦労した。だって全然覚えてないんやもん。
美術館の展覧会はまだしも、ギャラリーのはほぼ記憶に無く,その上記録にもないので、まるでなにも観に行ってないかのようですが、多分ほんまにこれくらいしか観てないのかもしれません。
ダンスと映画と演劇は結構覚えてます。美術館での展覧会も覚えてます。
それでも記録し忘れてるものもあると思いますが、一応名ばかりの備忘録。
01/10 22:43 | 備忘録 | CM:0 | TB:0
2011年 備忘録 (4月と8月以外)
実は2010年の備忘録もひとつもできてませんが、2012年になったので、2011年の見たもの備忘録。
2年前は毎月つけていたものが年に一回になるという、なんということでしょうか。それだけ何も見ていないということの証ですね。
そんなわけで記憶に残っている限りのものを、ダイアリーのメモなんかと見合わせて、書き出してみました。
多分失念しているものもたくさんあると思います。

私にとって2011年と言えば、やはりオペラ。
こんなにお金のかかるものを好きになってしまった、と不安になる一方、かなりはまりました。
お金はかかるけど、安くで見れるダンスや演劇なんかと比べると、終わったあとの満足感はすごい。
そのなかでも一番好きだったのは、プッチーニの蝶々夫人。ロバートウィルソンの演出なので、コンテンポラリーなものが好きな私には最適な最初の一歩だったと思います。

すばらしかった。
蝶々さん役がMicaela Carosiという歌手で、最初出てきはったときはそのガタイの良さに、「あ、蝶々さんには意地悪な継母でもいるのかしら?」と思ったくらいだったけど、もう最後の方は彼女がすっかり無垢で儚くて美しい蝶々さんに見えてきたから演技ってすごい。生まれて初めてのオペラで、そのガタイのいい蝶々さんの歌声を聞きながら、号泣してしまいました。

そして次に見たコジファントゥッテでは、わっはっは!と大笑いし、オペラってミュージカルみたいにいきなり歌いだしたりしてなんか変な人たちの集まりのように見てしまうものかと思っていたら、その美しさといったら半端なくて、大笑いしたり号泣したり、見ているこっちも忙しいものです。

あとクラシックのコンサートにもよく行きました。リッカルド ムーティ指揮のシカゴ交響楽団は素晴らしかった。

コンテンポラリーダンスは数は見てないけど、いいところを押さえて見たので満足です。
何年も前から実際に見たかったウィリアム フォーサイスの「Quintett」はやっぱり美しくて泣き、Raimund Hogheの「Pas de Deux」もそのときの私にすごく優しくて泣き、Richard Siegal + R&Sie(n)の「Civic Mimic」は「こいつらアツいやないか~ええやないか~!」とダンスの何かが変わるような気がして感動して泣いた。
ダンスに泣かされっぱなしの一年でした。


映画はこうやってリストを見ると、どれも甲乙つけがたいほど良かった。「時間の無駄だった」と思うものはひとつもありませんでした。まあ、映画は映画鑑賞歴の長さ故、どういうものを観に行けば自分がある程度満足するのかを前もって把握できてるんだと思います。
でも敢えて言うなら、新作のものではダントツでアキ カウリスマキの「le Havre」!


展覧会もギャラリーも特に思い出が残ってないってのが、ここ1,2年、私があんまりアートを見に行かなくなった一つの原因かな。どれも良く覚えているけど、「これが一番!」と言えるほど、私の心を掴むものには出会えませんでした。


興味がある方はリストも見てください。
01/03 07:49 | 備忘録 | CM:0 | TB:0
template design by takamu
Copyright © 2006 takamu All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。