スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
いや~な思いをした。


にほんブログ村 美術ブログへ

私の働くギャラリーが出版したカタログがいくつかあります。
それらのカタログは、展覧会の作品の価格リストやビオグラフィー、プレス記事、はたまた芳名帳なんかと同じところに、ビジターさんたちが閲覧&購入できるように置いてあります。
パリの多くのギャラリーには入り口付近にカウンターがあって、そこに1人か2人のアシスタントさんが常時デスクをかまえていて、閲覧できる資料やカタログの管理、ビジターさんたちからの質問なんかに答えるには便利になっています。しかしそのカウンター部分が私の働くギャラリーにはないんです。まあ私のデスクは、事務室部分でも最も展示ルーム部分に近い場所にあるので、ビジターさんの相手をするのは結局私になるんですが、やっぱりカウンターみたいに、展示ルームの一部にデスクがあるわけではないので、自分の仕事に集中しやすいのです。カウンターに誰かがいるときっと、ビジターさんたちも質問や会話をしやすい雰囲気が生まれるし、そうなるとビジターさんにかかりっきりになるだろうし、仕事もはかどらないでしょう。


今日の記事のタイトル、「いや~な思いをした。」というのはそういうことと絡んでます。
だってね、人の目を盗んで、その閲覧資料が配置してあるところにおいているカタログを持って帰る、はっきり言いますと盗む人がいるからです。

今日はビジターさんが多かったので、結構気にしていて、私がデスクを離れるときなんかは、他のアシスタントさんに「今日はビジターが多いから、こんな風に思うのはいややねんけど、カタログ盗まれないかちょっと見ておいてね。」なんて言ってたんですが、夕方頃、やっぱりやられました。それも2冊も持っていかれた!チクショー!

カタログなんて20ユーロくらい。そんなくらいでごちゃごちゃ言うのはイヤですし、別に私のお金じゃないんやけど、なんかいや~な気分になる。

なんでそんなことするんやろう?あーいやだいやだ。



今ふと思ったんですが、カタログ関係ではお金持ちのコレクターにもよくいや~な思いをさせられます。
世の中のお金持ちコレクターは、現代アートのために何百万、何千万という金額のお買い物をぽ~んとできるのに、カタログとかアートフェアの招待状とか、10ユーロ20ユーロの単位のお金はどうも絶対に払いたくないらしい。

カタログでは、ギャラリーにたくさん在庫があればなんぼでも進呈しますけど、「このカタログ、もうギャラリーに在庫がなくって、ちょっとお渡しできないんですが~。美術館に(もしくは出版先のギャラリーに、もしくは単純に本屋さんに)直接お問い合わせいただけませんかね~。」なんて言っても、絶対譲らない。あんたたち、自分専用の秘書とかいるんでしょ!その人に頼みなさいよ!っていうかお金払いなさいよ!と小市民の私はココロの中で怒ってます。

アートフェアの招待状なんかでも、フツウに一般ビジターとして買えばいいのに、それは彼らの沽券に関わるのか、当日に電話をかけてきては「招待状ないの!」なんて半分怒ってる。そりゃ当日じゃもうみんなに配ってますからないです。あんたが怒ったってないもんはないんです。


あーいやだいやだ。ばかばかしい。



今日も、がんばる私に励ましのクリック2回お願いしまーす!


にほんブログ村 美術ブログへ
スポンサーサイト
11/25 04:29 | 出来事 | CM:2 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://kanaparis.blog59.fc2.com/tb.php/116-53f8afc4
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 takamu All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。