スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
Valerie Belin


にほんブログ村 美術ブログへ

私がリヨンからパリに引っ越してきた当初行われていたGalerie XippasでのValerie Belinの個展。同ギャラリーで2006年12月16日から2007年2月17日まで、彼女の新作の個展が開催されています。

Valerie Belinの公式サイト。http://www.valeriebelin.com/

そしてこのブログでも何度も紹介しているGalerie Xippasのサイト。http://www.xippas.com/

まず一つ目のシリーズは、いくつかのモデルエージェンシーのカタログのなかから、まだ「新人」のカテゴリーに属する男性モデル6人、女性モデル6人の計12枚のポートレート。
vb06_8b.jpg vb06_14b.jpg 
世の中で一般的に「物事の表面だけを見る、興味を持つ」なんて言うと非常に悪いことのようにとられがちですが、彼女はその物事の、特に人間の顔の表面を主題に写真を撮ります。
今回の展覧会のために制作された新作は、今までの彼女の作品の特徴のひとつでもあった拡散した光が使用された白黒写真ではなく、対象の、特に顔部分に集中的に当てられた光を使用したカラー写真です。局部的に当てられた光は作品の光と影の効果をより明確にし、肌の色、眼、鼻、口などの顔のひとつひとつの部分を強調します。しかしその光はあまりにも強く照らされるので、部分は強調されていても、対象それぞれの個性の強調には結びつかないのがとても不思議。
近年のゲームなどで登場するようなキャラクターのような、マネキンのような、うまくできているんだけどやっぱりどこか現実的でないもの、なんだか薄っぺらいもの、というよりも厚さが消去されたものを感じます。
しかしそこには人工的というよりも、お化粧によって与えられる白すぎる肌や瞳や口の色が自然にではなく強調されることによって、ある一定のイメージを与えるためにコントロールされた昔の肖像画のような雰囲気をも持ち合わせています。
vb06_6b.jpg 
でもやはりマネキンではなく、血の通った人間が対象になっているので、たとえばこの写真のように、モデル自身の瞳の持つ強さなどまでは消去しきれていないところが非常に興味深い点でした。

そしてもうひとつのシリーズは同じプロセスが使用されていますが、白人モデルではなく、街中にいるようなそれぞれに着飾った黒人、混血の女の子7人のポートレート。黒人、もしくは混血の女の子の中でも、特にすっきりした顔の持ち主が選ばれているようです。またエクステンションが施された髪型、強すぎるほどのお化粧の仕方、コンタクトレンズの使用などによって、一つ目のシリーズの「ナチュラル」な雰囲気とは別に意味でのバービー人形のような対象が作品の主題になっています。
vb06_17a.jpg



以前に私の働くギャラリーにValerie Belinが来たことがありました。
何故かというと、ギャラリーのオーナーが彼女にポートレートを撮って欲しいと頼んだから。
前もって「こういう服を着てきて。お化粧はこんな感じでしてきて。」っていうやり取りがメールで行われて、実際の撮影は彼女のアトリエで行われました。
で、Valerie Belinがギャラリーに来たのは、そのポートレートが出来上がったからでした。
私はまだその頃ギャラリーで研修を始めたばっかりのときで、オーナーの怖い部分しか知らなかったと言えます。私の中でそんなイメージがガチガチに固まっている人だったのに、Valerie Belin のカメラとテクニック、そして何よりも彼女のアートによって、その頃の私には想像できないような少し悲しげではかなげで優しい顔をしたオーナーを映し出していたのでした。
Valerie Belin の作品は常に個性をできるだけ消去したもので、個人の注文によるポートレートには向かないと思っていたんですが、私の考えが全く間違っていたことに気づきました。でも今でもわからないのは、オーナーのそんな普段目に見えない部分を映し出すのは、Valerie Belin 自身が狙って撮ったものなのか、仕事場では見せないオーナーの自然な部分が当たり前に出たのか、どっちなんだろうってこと。でもアーティストとオーナーが話し合いながら見ていた、オーナーのデスクの陰からちらりと私にも見えた写真はほんの一瞬だったのに、いまでも鮮明に思い出すことがでいるぐらい美しいものでした。


Galerie Xippas
108 rue Vieille du Temle
75003 Paris
tel : 33 (0)1 40 27 05 55
fax : 33 (0)1 40 27 07 16
火曜日から土曜日 10h~13h 14h~19h



読み直してみたけれど、なんだか簡潔にうまく説明できていないなあ。
彼女の作品は結構好きで注目しているので、なんぼでも書けそうでいて、うまくは書けない。
そんな自分の中でのいやな矛盾があります。
もっと文章をクリアにしたいんだけど、今日は疲れたのでこのへんで。
また気が向いたら直します。っていうか、意味のわからなかった部分を質問してください。
そのほうが説明しやすそうだ。

今日もクリック2回お願いしまーす。


にほんブログ村 美術ブログへ
スポンサーサイト
02/14 03:01 | ギャラリー | CM:2 | TB:1
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://kanaparis.blog59.fc2.com/tb.php/142-a025769a
* トラックバック *
化粧です
古墳時代・大和時代には、総角(みづら、美豆良)と呼ばれる髪型が男性の間で流行した。髪を二つに分け、それぞれを耳の横で上下に丸める髪型である。古墳時代の女性は江戸時代の島田髷と同様の髪形だった。奈良時代の女性は中国風の高髻(こうけい)、双髻(そうけい)を結
template design by takamu
Copyright © 2006 takamu All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。