スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
Michel Blazy 「Post Patman」


にほんブログ村 美術ブログへ

昨日はパリから1時間少し電車に乗ったら行けるジヴェルニーというところに、日本から来たお友達と彼女のお母さんとおばさんと一緒に行ってきました。ジヴェルニーには印象派の画家クロード・モネが約40年間を過ごしたステキなステキな家と庭、そして「睡蓮」を描いた池なんかがあります。お天気も良くて春の息吹を体中に感じる一日でした。

こういうところは、バリバリの観光地なので疲れそうだしずっと避けてきたのですが、去年だったかおととしだったかに両親と行ったモンサンミッシェルにしてもジヴェルニーにしても、世界中の観光客がこぞって訪れるわけだわ!と納得するほどやはりステキな場所ですね。いつかヴェルサイユ宮殿にも行ってみたいわ。観光に行かれる方がいらっしゃったら誘ってください!



そんなことはさておき、今日は2007年2月1日から5月1日までパレ・ド・トーキョーで開催されているMichel Blazy(ミッシェル・ブラジー)の「Post Patman」展についてのレポートです。

ミッシェル・ブラジーとは1966年モナコ生まれのフランス人アーティスト。
彼はアボカドなどの植物や、ジャガイモやにんじんなどの野菜、チョコレートなどの食べ物を利用してインスタレーションを展開します。それらの作品は展示期間に変化、変形、腐敗していくのです。展示会場の温度や湿度によっても変化の仕方は違うし、どこからか入ってきたスズメがインスタレーションをついばんでいたり、アーティストがコントロールできないインスタレーションを取り巻く偶然や時間や環境が作品の重要な要素となってくるのです。

ではいってみましょー!





会場内に入ると、なんだかさわやかなお庭に足を踏み入れたような感覚が私たちを包みます。
さまざまな大きさに成長したアボカドの鉢植え。鉢の上には専用のライトも設置されています。「これは芸術かな?」とも思ってしまいました。だってアボカド食べたら、とりあえず発芽させようと種植えることない?ってことは私がアパートでやってることもアートか?
右奥の黄色い物体は、黄色く染色された春雨でできてます。

IMGP1898.jpg
真ん中の白い物体は、写真では見えにくいかもしれませんが、まるで水面に雫を一滴ポトンとおとしたときのような波紋を描くもの。すべて、赤ちゃんの体を拭くときに使うようなコットンだけで構成されています。

IMGP1899.jpg
恐竜の背骨のような物体は、犬にあげる骨の形をしたおやつでできてます。左奥はフランスのごみ収集用箱から泡がムクムクでてます。まだ形がある程度しっかりしてるけどもっと時間がたてば泡もダラダラ垂れてくるのかな。

IMGP1900.jpg
こうやってみるときちんと整備されたのどかな庭ですね。
にわとりの形をした茶色い物体はなんとチョコレートでできてます。少し溶けたのか鶏たちの足元にはチョコレート滴がしたたってました。

IMGP1901.jpg
コットンから発芽してきてる、、、これは何かな?かいわれ?

IMGP1902.jpg
みかんのかわが積み重ねてあります。
ハエがぶーんぶん飛んでました。
近くで見るとカッパドキアを真似た彫刻みたい。

IMGP1904.jpg
奥のレンガ色の壁はにんじんとジャガイモのピューレを水で溶かしたものが壁に塗られています。腐り始めて、壁も黒ーい緑色に変色してきています。

IMGP1906.jpg
米粉を水で混ぜたものが壁一面に塗られたようで、この時点ではまるでペンキで塗られた壁のように少しずつはがれてきていました。

IMGP1908.jpg
にんじんのピューレ。にんじんって他のものに比べて腐りやすいみたいね。う~ん、凝視できない。

IMGP1909.jpg
猫のえさ(カリカリのほう)が糊でくっつけられて、ひとつの彫刻に!近くによると骨のような形をした猫のえさだってすぐわかるけど、遠くからはちゃんとした抽象的な彫刻。

IMGP1897.jpg
こちらはジャガイモと甜菜(ビート)のピューレを、塩と水で混ぜた液体が壁に塗られています。壁の下には乾燥した茶色いカスが落ちていました。


私が上の写真たちを撮ったのはたしか3月はじめ頃だったですが、それから3月後半にも一度行きました。たった3週間ほどの期間でしたが、2回目に訪れたときには会場中が1回目とは比べ物にならないほど異様な匂いに覆われていたり、それぞれのインスタレーションの腐敗が進んでいたり、1回目にはなかったインスタレーションが加えられていたりしました。上にも書いた「会場に入ったときのさわやかな風景」なんてどこえやら。くさいし、なんだか汚いし、ごちゃごちゃしてるし、ハエもぶんぶん。

「完成」という時点のないインスタレーションたち。毎日変化していく展覧会。
開催期間の終了する4月後半にもまた一度行って、どんな風になってるのか観たいと思います。

今日もクリック2回お願いしまーす!


にほんブログ村 美術ブログへ
スポンサーサイト
04/09 23:55 | 展覧会 | CM:2 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://kanaparis.blog59.fc2.com/tb.php/148-af744161
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 takamu All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。