スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
せんせ~!
人気ブログランキングに参加しています。よろしく!
banner_04.gif



2002年カンヌ国際映画祭で特別招待作品に選ばれたニコラ フィリベール監督の「Etre et avoir(日本語題 ぼくの好きな先生)」に関するすこし残念なお話。

この作品はフランス中部オーベルニュ地方にある、3歳から11歳までの10人ほどの子供たちしか通ってこない小学校での、子供たちと一人の先生の美しく厳しい自然を背景にした心にほわわん、ぐぐっとくるドキュメンタリー映画です。フランスでは200万人もの観客動員数を記録しました。

to_be_and_to_have.jpg

映画のポスター。

この映画を初めて見たときに、「なんていい先生なんや~。」と感動していたら、当時付き合っていた彼氏が、

「でもこの先生、映画がえらく成功したもんやから、映画会社に対してお金請求する裁判起こしたんやで。」

とのこと。
が~ん。
人間ってわからへんもんやなあ。

その裁判の結果の記事を目にしたので、今回はその話題。


2006年3月29日にパリ控訴院(日本の高等裁判所にあたる機関)は、教師として出演しているジョージ ロペス氏の賠償金請求を却下しました。

彼は2003年、自身の許可なく授業風景を放映されたとして、共同制作者としての著作権を侵害されたとして賠償金請求をしていました。

今日に至るまでの数々の裁判で毎回却下されているにも関わらず、今回も裁判を起こして却下。そのうえ、映画会社に対して12 000ユーロの賠償金を支払わなければいけないことにまでなりました。

そんなの撮影が始まった時点で、映画が上映されることはわかっていたはずなのに。

どうしてこの今年60歳の先生、裁判なんて起こしちゃったんでしょうか。とっても残念です。

be-and-to-have-0.jpg

シンプルで素敵な先生だと思ったのにな。


残念なことですが、この映画の良さはかわりません。
教師をしてるお友達やこれから教師になりたいとがんばっているお友達にプレゼントすると、素敵かも。


今日もクリックお願いしまーす。
banner_04.gif

スポンサーサイト
04/06 01:15 | 裁判 | CM:2 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://kanaparis.blog59.fc2.com/tb.php/15-8ebe5e0e
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 takamu All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。