スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
artparis設営中!


にほんブログ村 美術ブログへ

あーなかなか書けないなあ。

私生活にいろいろなことが起こっていて、そこまでめーっちゃくちゃ忙しいわけではないのに気持ちがとっても忙しいのです。パソコンの前にじっと座ってブログを書けない。

そんな最近でもAkram Khanのダンスを見たり、TortoiseとThe Exのコンサートに行ったり、ダグラス・ゴードンも参加したChiks On Speedのパフォーマンスライブを見たり、ジュネーブに一日出張のついでにMAMCOの展覧会を見たり、Bonnie Prince Billyのコンサートに行ったり、Jad FairとLapin Machinのライブに行ったり、パレ ド トーキョーに行ったり、今年から開催されたSalon de Dessin Contemporainに行ったり、といろいろ動いているのです。

と、そんな毎日を送っていますが、実際に仕事が忙しくなる時期がやってきました。なぜなら3月にはartparis、4月にはArtBrusselsが開催されるから。秋のFIACがコンテンポラリーアートフェアなら、このartparisはモダン&コンテンポラリーアートのフェア。バリバリの現代美術というよりも、少し落ち着いたモダンアートを扱うギャラリーが中心になってきます。

こちらが公式サイト。
http://www.artparis.fr/

私の働くギャラリーも今年からこのartparisに初参加です。

そんなわけで今日は早起きして、明日のオープニングに向けて設営作業にかかりっきりでした。まあ早起きと言っても、6時半起床で7時半出勤のつもりが8時半起床で9時出勤でしたがね。遅刻しすぎ。



朝っぱらからグランパレ~!
IMGP1946.jpg
前に美術品運搬トラックがわんさか。みんなもう働いてるよ!

でもまだまだ空っぽ。ブースの白い壁のみです。
IMGP1947.jpg
ギャラリーのブースに到着したけれど、まだまだトラックから作品たちが出てない状況。
そうやと思ってて~ん。だからわざと遅刻してきたのでした。実は。
アホみたいに何もないブースでぼんやりしてるよりも、先をよんでベッドで寝てる。これも最近身に付いてきたオーガニゼーション(要領の良さ?)のひとつです。私と同じ頃に着いたギャラリーのオーナー以外はみんなもう到着してたけど、、、。

ブースに電気を通してもらってます。
IMGP1948.jpg


こちらはスポットライトの調整中。
IMGP1949.jpg


私の大好きなパリのモダンアートギャラリーGalerie 1900-2000は前日に設営が行われたよう。ここのブースはいつも小さいけれど真珠のように輝く作品によく出会えるのです。何時間でも見てられる。
IMGP1950.jpg



少しずつ作品が搬入されてきました。
IMGP1953.jpg



ブースに大量に持ち込んだ梱包されている作品をすべて荷ほどき。そしてオーナーと共に実際に展示する作品を選んで展示位置を決め、設営。その間にもスポットライトに位置に間違いがあったり気に食わないので、ただでさえ忙しいはずのアートフェア本部にケンカを売りに行く。いや、ライトの場所が間違ってます!と言いに行くだけなんですけど、自分の意見とお願いを通すためにやさしく頼み込んだり逆にキレてみたり、あの手この手を使って少しでも自分たちのブースを優先してもらうようにがんばるのです。ついでに壁の処理の文句を言ってみたり、もっと関係者バッチをくれとお願いしてみたり、、、。特に私の働くギャラリーのオーナーは文句言いのヒステリーで有名なので、フェア本部の方たちとの間に立って大変です。


私の働くギャラリーのブースはかなりさくっと設営が終わりましたが、こんな設営中でもコレクターたちや美術記者たちはどんどんやってくるので、設営が終了したからといって帰れるわけではないんですねー。


少し暇になったときにぶらぶらすると他のブースも設営終了間近でした。
IMGP1954.jpg



そんなわけで、他のアシスタントさんたちが心配していたほど、オーナーもキレることなく、私たちのイライラもストレスもケンカもなく、さくっと設営作業は終了しました。よかったよかった。

さー明日はオープニング!
今日はしっかり寝るぞ~!今日もクリックお願いしまーす!


にほんブログ村 美術ブログへ
スポンサーサイト
03/28 04:07 | アートフェア | CM:4 | TB:0
インスタレーション大変ですねえ。忙しそうですねえ。それから急に天気が良くなって来ましたねえ。がんばってください。アートパリ、今年は参加者の幅も広がっているみたいで、面白そう。行ってみようかしらん。サロンドデサン、私も言ってきました。場所ともにパリらしくて
、かつこじんまりして、画廊の人ともゆっくり話しができてよかったです。大人のフェアってかんじ。
なんだか読んでてわくわくします。
見に行ってみたいなあ!
さんさん、こんにちは。
私は日曜日にサロン・ド・デッサンに行ってきたんですが、建物に入るときに並んだりしましたよ!あんなに盛況だとは思いもよりませんでした。でもまあエスカレーターが異様に小さかったり、それぞれのブースが狭すぎたり、まあHotel particulierを利用してる会場だから仕方がないのかもしれませんが、来年への課題は多いなあと思いました。
っていうか実際売れたのかしらん?


sidoredoさん、こんにちは。
わくわくですか!そりゃ良かった!
私ははらはらしてましたから!(笑)
今度はブリュッセルが待ってます!
カナさん、サロン ド デサン、私は平日の昼頃だったので空いていたんだと思います。結構赤丸ついていたような。私は小切手用意して(このあたりが弱小底辺コレクターっぽい)行ったものの何も買ってません。

ところで、アートパリ、今日発行の Journal des arts に記事がでてますねえ。 なんとなく解りました。もともと辛口なこの業界紙のなかでも一番シビアな RA というイニシャルの記者。入場者二割減?そうだったんですかあ。同じく、アートブリュッセルについても記事ありますけど、これにかんしては、”映画ではA級とB級とあるけれど、アートフェアに関しては、アートブリュッセルは後者の方である。”なんて。こんなこと書いていいんでしょうかねえ。ケルンとデュッセルドルフでも同時期にフェアがあるんですよねえ。信じられない。でも興味深々。来週末はがんばってください。
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://kanaparis.blog59.fc2.com/tb.php/151-67d1b93b
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 takamu All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。