スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
Philippe Decoufle 「Sombrero」


にほんブログ村 美術ブログへ


先週、私の愛するコンテンポラリーダンス振付師トップ3の中に入るであろう、Philippe Decoufle(フィリップ・ドゥクフレ)の最新作「Sombrero」を観て来ました。
こちらドゥクフレのカンパニーの公式サイト。http://www.cie-dca.com/

光、影、フレーム、などなどまさにドゥクフレの世界でしたが、、、
sombrero.jpg 43.jpg

今までのドゥクフレの比べると、う~ん、う~ん、ドゥクフレだからって期待しすぎたかも。特に2年前に見に行ったIIrisが個人的に素晴らしいものだと思うので、もちろんアーティストが作品を発展させていくのはわかるのですが、「もっとこの人すごいことができるのに!!」とというか、何かじれったさを感じたのでした。何よりも、それぞれの進化した素材たちが、ひとつひとつの要素としてまだ完成されていないのに、発表されてしまった、なんだかそんな中途半端な気がするのです。私の求めていたものと少しずれていたのもあるかもしれませんが、どの進化もまだ発展途中の感が残りました。

ドゥクフレの舞台の魅力の大きな要素である影の使い方はより深みを増しています。ドゥクフレは「影」と一言で言っても、それはダンサーの影であることもありますが、「影」が私たち観客から見えている舞台上の影としてではなく、白いスクリーンの裏側にある、私たち観客には見えない世界のものとして存在するのです。
今回も、その影というものが主体の影として存在するのではないコンセプトはそのままですが、影だと思って見ていたものが主体として動き出し、黒塗りになったダンサーさんたちが今までの白いスクリーンの裏側からこちら側の世界にまで飛び出してきました。まさに「3次元の影」。影が白い平面にとどまることをやめ、立体の肉体として表現される。そしてそれらの「影」は主体をも通り越し、自ら意思を持って存在しはじめたのです。


その部分はいいんだけれど、そのあとなんだかメキシカンハットかぶったシーンだとか(まあタイトルが「ソンブレロ」だし、当たり前ともいえますが、、、)太陽の照りつけるような空間でのシーンだとか158.jpg

映像や踊っているダンサーたちが幾重にも重ねられた画面に何重にも映し出されるシーンだとか、なぜかどの新しい要素も中途半端で、物足りないというか、「う~ん、そうじゃなくて~、もっとこう、、、あるやん?」という思いが付きまといました。



今まで見てきたドゥクフレの中で、個人的には非常に残念な公演でした。愛してやまないドゥクフレの世界なので、「彼はもっとすごいことができるのに!」ととても歯がゆい思いをしてしまいました。

でも一緒に見に行った彼氏は、この公演が人生初ドゥクフレだったので気に入ったようでした。でも彼としては、ドゥクフレの舞台や空間は好きになったけれど、踊りとしては気にいらなかったみたい。
ドゥクフレの時代遅れのナルシスト丸出しのソロのダンスも、うんざり。

フランス在住の方ならわかると思いますが、Grolandの大統領、Christophe Salengroも出てます。


157.jpg 45.jpg


ここからヴィデオが少し見れます。Extraitという部分をクリックしてみてください。
http://www.theatre-chaillot.fr/spectacle.php?id=27&view=media


でもこれからも追いかけます!ドゥクフレ。

6月にはドゥクフレの「Solo」も見に行きますよー!

クリック2回お願いしまーす!


にほんブログ村 美術ブログへ
スポンサーサイト
05/26 03:34 | コンテンポラリーダンス | CM:4 | TB:0
soloは去年の12月に日本でやったばかりやわ。
彼の作品は日本でも人気があるよね。
私も彼の他の作品もいろいろ見てみたい:)
shihoちゃん、こんにちは。
なんかsoloはドゥクフレの定番でよくやってるみたいね。でも私実際に見たことないから行ってみるわ。
私ドゥクフレの世界は大好きなんやけど、彼はどう考えてもものすんごいナルシストやと思うねん。だからちょっと怖い。ナルシストドゥクフレは見たくないからなー!
ドゥクフレって今日、初めて知りました。
ビデオ見ました。
(すっげー!)って感動しました。

こんにちは、はじめまして。タカという者です。
映像芸術をアメリカで勉強してきました。
この5月で卒業しました。
これから又、新しい人生を始めます。
そんな中、良い物を紹介してくれありがとうございます。
刺激になりました。
それでは又、よろしくおねがいします。
takaさん、はじめまして。
どうもどうもありがとうございます。
なんかあんまり良い感想を書かなかったけれど、感動してくれる人もいて、ここに書いた意味がありました!
うれしいです。
これからもよろしくお願いしますねー。
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://kanaparis.blog59.fc2.com/tb.php/163-d1b80e26
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 takamu All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。