スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
Andreas Siekmann@Munster


にほんブログ村 美術ブログへ

9月末には終わってしまうミュンスター彫刻プロジェクト。
私が行ったのはもう2ヶ月ほど前になってしまいますが、懲りずにしつこく書いてみます。
っていうか、他のネタがあるようでないようで、、、よくわかりません。
まだバカンス気分なんでしょうか。
というよりも、先週の日曜日に外にお出かけしていて、18時ころに家に帰ったら、家を物色している最中の強盗と鉢合わせになって、「何も盗ってないから逃がして。」と言われ、急なことでその場ではぼーっとして事態を把握できなかったんですけど、どうもあのとき、家中のデジカメを盗られてたみたいです。
ま、命があるので特に問題ないですが。
来週はカッセルのドキュメンタに行くのに、写真撮れないなー。どうしよう。
ギャラリーのカメラを借りていこうかなーと思っています。

では本題。

Skulptur Projekte Munster 07
ミュンスター彫刻プロジェクト

Andreas SiekmannのTrickle down. Public Space in the Era of its Privatization

Andreas Siekmannは1961年生まれのドイツ人アーティスト。
インスタレーションのタイトルが示すように、アンドレアス ジークマンは社会と都市の公共スペースの市場化と民営化を、皮肉を交えて非難する作品作りをしています。

道と道の角に位置する柵で囲まれた、何か歴史的な雰囲気を持つ建物の前の広場に設置されている2つの大きな作品。
IMGP2326_1.jpg
まず左側には青いトラックのような形の表面にオレンジ色のモチーフが貼られています。
IMGP2325.jpg
そして右側にはカラフルなパステルカラーのがらくたのようなもので形作られた大きな球状の作品。

近づいてみると、どうも動物の体の一部のよう。
馬や牛、象の頭部や足の形の破片たちです。
IMGP2328.jpg IMGP2327_1.jpg




これ、一体何?と思っていると、建物の前の広場を囲む柵の下をうまく利用したフリーズが目に入ってきます。
IMGP2329.jpg IMGP2329_1.jpg

そこを見ると、「あーそういうことかー。」
最近世界中の都市で、牛だとか熊だとかの動物をモチーフにして町中に結構大きいファイバーグラスでできた彫刻を設置するの、流行ってますよね。それらの、街と企業が手を組んで、様々なアーティストにペインティングさせ、企業はスポンサーとしてお金を出して、街はパブリックスペースを提供し、街も企業もアートや文化に貢献しているつもりでいる、というようなプロセスをイラストで皮肉たっぷりに紹介したものでした。

彼の作品はカッセルでも展示されているよう。
どんなのかなー。楽しみです。



クリックお願いします。


にほんブログ村 美術ブログへ
スポンサーサイト
08/30 22:17 | ミュンスター彫刻プロジェクト2007 | CM:2 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://kanaparis.blog59.fc2.com/tb.php/175-719ea640
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 takamu All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。