スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
Pierre Huber@Strip-tease
ピエール ユベール第2弾。
2007年9月に書いたままで放ったらかしでした。ではどうぞ。

今週の月曜日にギャラリーに到着した私が言った最初のフレーズは
「昨日のストリップティーズ見た??」
ストリップティーズとは、いわゆるお姉ちゃんないしお兄ちゃんがエッチに服を脱いでいく行為のことではなくて、france3というチャンネルで毎週日曜日の夜に放映されている伝説的ドキュメンタリー番組のことです。この番組はフランスやヨーロッパに住む人たちを密着する番組。インタビューなんかの質問や家族や友人たちのコメントもなく、ひたすら一人の人物あるいはカップルなんかに、まさに「密着」しまくる番組です。

なぜそんなことを私が聞いたかと言うと、週末にオレロン島へ友人の結婚式に行っていて、6時間の旅程のあと、やっとお家にたどり着いてつけたテレビ番組で、「うん?この人見たことあるなー。誰やったっけ?ああ!ピエール ユベ-ルや!何してはるんやろ!」とPierre Huberというスイスの超有名ギャラリストであり、超有名コレクターであり、Art BaselのディレクターであったLorenzo A. Rudolf と共にバーゼルのフェアをあんなに大きくした人であり、そして彼と共にまた先週に上海で開催されたShcontemporaryという上海の現代アートフェアの創設者でもある、現代アート界をまさに動かしている人物です。

そんな彼、「ストリプティーズ」という番組を知らなくてこの企画を受けたんでしょうか。
もう恥ずかしいくらい。
例えば、
彼氏といちゃいちゃするピエール ユベール

彼氏と真っ裸でサウナに入るピエール ユベール

彼氏とテレビ見ながらベッドに横たわってるピエール ユベール

中国人アーティストWang Guangyiのアトリエに行って、アトリエ中の作品を買い占めたあと、彼の名前すら覚えてないピエール ユベール

それが中国人スタッフやアーティストにもばれていて、通訳やスタッフが「ピエールに君の名前を聞いてみなよ。どうせ知らないから。」なんてバカにされている横で、すっかり上機嫌のピエール ユベール

中国の田舎で、その辺を通りかかった地元の人たちに「なんやこの匂い?」「フランスの香水か?」「くっさー」「彼どうせ中国語わかってないから、言いたい放題やな」なんてこれまた思いっきりバカにされているのに、横で「中国人はみんなやさしくて、素晴らしい国だ!」なんて上機嫌のピエール ユベール

っていうか、そういった中国語の会話が字幕で出てるんです!
だから理解してないのはピエール ユベールだけ!という状況が出来上がってしまってるんですねー。

その他にはニューヨークのレストランで、彼氏と、パリのギャラリストであるエンリコ ナヴァラと、顔は隠されていましたが丸わかりのフィガロ紙のアート市場記事担当ジャーナリストであるヴァレリー デュポンシェルとのランチのシーン。ちなみにこの密着は今年3月にクリスティーズ ニューヨークで、ピエール ユベールが自身のコレクションの一部をオークションにかけたときに取材されたものでした。
このオークションはこれまた現代アート界をひっくり返したような大騒ぎと非難囂々な出来事だったので(それに関してはまた書きます)、ヴァレリーにピエール ユベールがひたすら非難されまくってるんです。それに言い返すんだけれど、なんだか説得力のないピエール ユベール。横で見てるだけで何も言わないナヴァラ。

ピエール ユベールのしょうもない話を必死の形相で聞いているKader Attia。

そんな話を唯一ギャラリーのメンバーのなかで、番組を見ていたオーナーと私とでしていたら、オーナーが、「それやばかったのよー。私もあのランチに呼ばれてて、でも偶然他に用事があったから行かなかったの!ストリップティーズの取材が来てるなんて一言も言わなかったのに!大恥かかなくてすんで、良かったー!」とびびりまくっていました。

パリの別のギャラリーで働くめちゃくちゃ面白いスイス人の女性がいるんですが、彼女はピエール ユベールのことも個人的に知っていて、彼女が転職のために仕事探しをするたんびに「僕のところにいつでもおいで。」とピエール ユベールが言ってくれるらしいです。この番組までは「えーいーやーん!」と言っていた私。でも「こないだのストリップティーズ見たわ。ありゃ大変やな。あそこで働くの。」と彼女に言うと、「そうやねーん!妙な家族経営みたいになってて、ロベール(ピエール ユベールの彼氏の名前、こんな感じやったかな?ロジェやったかな?もう忘れました。)もなんかやたらしゃしゃり出てくるしー!無理やわ。」と言ってました。納得。

クリスティーズでのオークション最中に、世界最高オークション額がたたき出されるたびに、ガッツポーズをする彼氏、ロベール。インタビューで「このオークションを、そんなスキャンダル扱いされたって困るよ。僕だって家族のことを考えなきゃならない。僕に何かあったときロベールは一体どうするんだい??」とピエールユベールが言ってましたが、まあ、そんなに大金持ちじゃなくても世の中生きていけるし、ロベールなら他に金持ちのパパをさっさと見つけそうだけど、、、だから大丈夫だよ。今の自分の心配したほうがいいんじゃあ、、、と心で思ってしまった下っ端の私でした。
スポンサーサイト
02/17 01:04 | 未分類 | CM:2 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://kanaparis.blog59.fc2.com/tb.php/182-2326fad5
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 takamu All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。