スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
Documenta 12: Neue Galerie


にほんブログ村 美術ブログへ

いまだにドクメンタのことを書いてみます。

生まれて初めてのドクメンタで私が感動したひとつの理由として、Neue Galerieで観た数々の静かに眠る真珠のような小作品の存在がある。
こんなにも世界から、特に世界中の眼の肥えたアート界の人々から期待されてる国際展で、こんなにも多くの小作品に出会えたことがとてもうれしかった。もちろん他の展示場ではそれなりに巨大な作品もあったけれど、私が思い描いていたような、とにかく展覧会の力と資金力を誇示するだけ、観客を驚かせることだけに傾倒して、美しさなんかそっちのけにしている作品ばかりを集めたありがちな商業的な国際展ではなかったから。

Gerwald Rockenschaub 1991
言ってしまえば、何枚もの大きさの異なる絨毯を重ねただけなのに、どうしてこんなに美しいでしょう。



今年のヴェネチアビエンナーレで、40歳以下のアーティスト部門の金獅子賞に輝いたNedko Solakov。私はドクメンタの作品のほうが好きでした。
P1000454_1.jpg P1000455_1.jpg


でたー!やっぱりAgnes Martin(アニエス マーティン)の美しさは格別ですな。
P1000459_1.jpg


これ誰やったっけ?
P1000460_1.jpg


私の中で、今回のドクメンタでの一番素晴らしい出会いは、Nasreen Mohamediの作品たち。
P1000461_1.jpg P1000462_1.jpg


これも誰やったっけ?
P1000463_1.jpg


バマコで20世紀後半に使用されていた結婚式のための織物。こんな世界のどこかに住んでいる人たちが使っているモノが、例えば視覚的に似たようなモチーフを持つNasreen Mohamediのドローイング作品の横に展示されていました。そういうのがもう私的にはたまらなかった。
P1000464_1.jpg


Annie Pootoogook。やたらoの多い名前のアーティスト。ピーカーブーみたい。イヌイット人らしいです。面白いドローイング。
P1000466_1.jpg


やっぱりルイーズ ローラーなんかの作品は、もう見飽きた気がしていても、私たちをばたっと立ち止まらせる力がありますねー。
P1000468_1.jpg


これも誰やったっけー?
P1000471_1.jpg


もう気づかれたかと思いますが、今回のドクメンタではフリデリツィアヌム美術館でも、ノイエ ギャラリーでも、展示室によって壁の色が異なっていました。どの壁の色もそれぞれの照明の色と調和し、作品たちの特徴がうまく引き出され、それらの暖かみのある雰囲気作りは、冷たく殺伐としたホワイトキューブでの展示に慣れてしまっている私たちにも、作品との間の親密性を増すような効果を発揮していました。
サーモンピンクの壁に非常にうまく合っていたAlina Szapocznikowの写真作品。
チューインガムを石の上に置いたり、棚から垂らしたりしたものを白黒写真におさめています。
このチューインガムという日常的にくちゃくちゃ噛んでは捨てているものを、別の見せ方をするだけで、なんというか重量感や伸縮性やメランコリーなんかまでも感じてしまうことに、とても感動した私でした。大げさか?
P1000473_1.jpg P1000474_1.jpg P1000475_1.jpg


以上、ノイエ ギャラリーで気になった作品たちでした。
まだドクメンタ12レポートは続くのでしょうか?それは誰にもわかりません。


    

クリックお願いしまっす!


にほんブログ村 美術ブログへ
スポンサーサイト
11/15 02:57 | Documenta 12 | CM:0 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://kanaparis.blog59.fc2.com/tb.php/192-13fc0175
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 takamu All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。