スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
アーティスト イン レジデンス@La Synagugue de Delme


にほんブログ村 美術ブログへ

今回は久しぶりにアーティスト イン レジデンスの募集記事。
っていっても、このメールを受け取ったのは先週ですから少し遅くなってしまいました。

アーティスト イン レジデンスの募集をしているのは、La Synagugue de Delme。ここ有名よね。
La Synagugue de Delme現代アートセンターがLindre-Basse村とロレーヌ地方自然公園と共に募集しているものです。


アーティスト選考は書類のみで、テーマや媒体は一切決められていません。しかし、もちろん提出する企画は、レジデンスとLa Synagugue de Delmeの現代アートセンター側の興味をそそるようなものでなければいけませんし、「土地」(この場合Lindre-Basse地方の土地に限らず、もっと大きな意味での「土地」と考えてもいいようです。)や、他のアーティストたちや分野の人たちと、「コラボレーション」ができるようなものが好まれます。

アトリエはLindre-Basse村とロレーヌ地方自然公園の中心に位置し、広大な自然地区は池を囲んで、piscicole ornithologiqueが盛んなところです。メッツとストラスブルグまで車で1時間、ナンシーまで車で40分。
アトリエの広さはほぼ70平米、天井の高さは6メートル、床はコンクリートで、窓と、リモコンで開閉ができる大きな入り口、電話、インターネット付き。

居住部分は2部屋と浴室、アトリエに面するロフト上の居間、キッチン、庭で構成されています。

期間は基本的に3ヶ月。今回の募集は2008年のためで、3期間に分けられています。
1:2008年2月から4月まで。この期間のレジデンスは既に決定済み。
2:2008年5月から7月まで。
3:2008年9月から11月まで。
2008年のレジデンスに選考されたアーティストたちのオリエンテーションのようなものが2008年の2月初旬に行われます。
レジデンスの家賃2000ユーロと制作費として2000ユーロが与えられます。

田舎ですので車を所持していることが必須。もちろんフランス語がはなせることも必要です。


必要書類は、、、
>申請書(La Synagugue de Delmeのサイトからダウンロードするか、私もPDFで持ってますのでメールしてください。)
>履歴書
>A4サイズ以下の紙に印刷した写真。もしくはCDかDVDに焼いた音、または映像作品。(写真や画像をCDロムに焼いて送るのは禁止)
>カタログ、プレス記事など。

以上の書類を2007年12月1日までに以下の住所まで送りましょう。
centre d'art contemporain La Synagogue de Delme
Candidature Residence Lindre-Basse
33 rue Poincare
57590 Delme
France

選考は12月中に行われ、選出されなかったアーティストには、その旨が手紙で知らされます。提出した書類を返送してもらいたい人は、上記の書類と共に、返送先の住所を記載した封筒に書類の重さに対して十分な切手を貼って送ること。


その他の詳細はこちらまで。
+33 (0)3 87 01 43 42
cac.delme@wanadoo.fr


いやーなかなかいい条件ですねー。PDFの書類にアトリエの写真が載ってますが、めっちゃ広い!
私はアーティストじゃないけど、こんなところに住みたいよ!」庭付きだし、田舎だし。
いやされそうー。

クリックお願いしまーす。


にほんブログ村 美術ブログへ
スポンサーサイト
10/24 19:49 | 公募展, アーティスト イン レジデンス | CM:0 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://kanaparis.blog59.fc2.com/tb.php/205-1753b9c3
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 takamu All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。