スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
Rene Magritte
人気ブログランキングに参加しています。よろしく!
banner_04.gif

そして
にほんブログ村 美術ブログへ



今日はMusee Maillol(マイヨール美術館)で開催されている「Magritte, tout en papier(マグリット, 紙作品)」を観に行ってきました。

レネ マグリット(Rene Magritte)とはシュールレアリズム運動の主要な画家の一人。常にオブジェとその描写の間に存在するズレをテーマにしたミステリアスな油絵でよく知られていますが、今回の展覧会は彼がインクやグアッシュ、水彩、コラージュなどを利用して紙上に制作した作品が210点ほど、年代順、そしてテーマ別に展示されています。

001797d1.jpg

ではレポートどうぞ。


油絵よりも少しサイズの小さな作品たち。それらは油絵制作のための準備的デッサンであることが多いのですが、そのおかげでマグリットの作品の変遷の仕方が、文字通り目の前で展開されていくのです。たとえデッサンであるとしても、マグリットは各作品を完璧に描き込んでおり、その素晴らしいテクニックには目をみはります。また、油絵を前にすると暗く悲観的な印象を受けるマグリット作品ですが、今回の展覧会に展示されているグアッシュ作品などには、そのような印象を受けるものが極めて少なく、どちらかといえば光を重視した色彩や楽観的な印象を醸し出しているのに、非常に驚きました。

私がとても興味深く感じたものに、まず、ジョルジオ デ キリコ(Giorgio de Chirico)に大きく影響されたマグリットらしく、まさしくキリコ作品を前にしているように感じた作品たち。

また、食べていくためにマグリット自身も「Travaux imbeciles (ばか仕事)」と呼んでいた広告デザインの仕事を通して、彼の作品中での文字や言葉が占める位置の重要性が発展していったのだということが視覚的に理解できる広告作品。

最後に、マグリットが1928年に書いた「Les mots et les images(言葉とイマージュ)」と題された5ページにわたる18のデッサンの展示。まさに現実のオブジェと、その平面的描写と、それを視覚的に知覚する知識を持つ私たちとの関係が、デッサンと文章で驚くほど簡潔に、そして完璧に説明されています。

medium_0509-magritte-mots_et_image.gif

これは翌年発行された、「Revolution surrealiste(シュールレアリスト革命)」誌にも掲載されました。
もっと大きく見たい人はここからどうぞ。
http://www.chass.utoronto.ca/~mfram/Pages/3035a-pix.html


相当見応えのある展覧会。
マグリットの作品を観て、いろいろな?が頭に浮かんでくる人には、その?を少しでも解消してくれる機会であることは間違いないでしょう。

magritte20.JPG.jpg



オススメです。

Musee Maillol - Fondation Dina Vierny -
61, Rue de Grenelle - 75007 Paris
Metro : Rue du Bac
Tel : 01 42 22 59 58

Ouvert : Tous les jours
de 11 h a 18 h
Ferme le mardi et les jours feries






楽しんでいただけましたか?
クリックお願いしま~す。
banner_04.gif


2回目クリックしてくれる?
にほんブログ村 美術ブログへ

スポンサーサイト
04/10 03:30 | 展覧会 | CM:5 | TB:0
専従のミュージアムガイドに付いてもらっているかのような心地よさを感じます。内容もわかりやすく楽しいですね。
ishさん、はじめまして。
それはきっと褒めすぎです。私の感じたことを私の言葉で書いています。
これからもよろしくお願いしまーす。
私、京都生まれ京都育ちですよー!
そうでしたか、京都の方でしたか。
なんとなく縁を感じますねえ、
というか多分京都の地で育った感なのでしょうね。
がんばってください。応援してます。
Kanaさん
Magritte展よさそうですね。drawingも面白い。もっと自由奔放で。そういえば去年後半にGrand Palaisで開催されていた"Melancolie"展はご覧になりましたか?興味あったんだけれど。
それから私も懲りずにblogむらランキング入ってみました。なんだか面白そうだったから。
ではまた 
ishさん、ありがとうございます。
がんばりますので、またお越しくださーい。

Jamarteさん、ブログ村、このコメント見る前に気づいてましたよ!ちゃんとクリックしましたし!
メランコリー展は、何度も挑戦したんだけれど、毎回あり得ないほどの列ができていて、結局見ないままです。計画性のない性格が悪くでました。みんなには「あれを見てないなんて、アート好き失格!」とか言われてます。
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://kanaparis.blog59.fc2.com/tb.php/21-2009a563
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 takamu All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。