スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
キュレーター イン レジデンス
レジデンスの募集と言えば、いままでアーティストに関するものだけをこのブログには載せてきましたが、今回は「キュレーター イン レジデンス」です。
レジデンスの場所はというと、以前にアーティスト募集でもここに要項を載せた、Noisy-le-Sec(ノワジー ル セック)のLa Galerie。
ここでのキュレーター イン レジデンスは毎年、外国人のキュレーターを対象にして3ヶ月行われるもので、アートセンターである La Galerieでの展覧会をひとつキュレーションすることと、フランスの現代アート界で働くプロたちと出会うことが目的とされています。


2008年のレジデンス期間は4月1日から6月30日まで。そしてキュレーションする展覧会期間は5月23日から6月26日までです。

電気、ガス、インターネット、電話などの料金は、ノイジー ル セックの市街地に位置する65平米のアパートと共に無料。そのアパートはパリから電車で10分、そして徒歩で15分のところにあり、寝室、居間と台所、そして仕事場を含みます。

展覧会のために、アーティストとキュレーターのための交通費、作品運送費、保険代、製作費、フライヤーやポスターのための宣伝費として、全部で25000ユーロがLa Galerieから支給され、そのうちの3000ユーロはキュレーションの報酬に充てられます。

レジデンス滞在の前に、展覧会場(140平米)視察、運営チームの紹介、アーティストたちとのスタジオ訪問のための3日間が用意されています。

展覧会はキュレーターのLa Galerie到着から7週間後から開催。

申請書送付のデッドラインは2008年1月18日。
書類はキュレーターの履歴書。
キュレーションしたい展覧会の企画書(最高2枚。画像と各アーティストの紹介文最長5行と画像一つを含む)
郵便もしくはメールで下記までどうぞ。
Marianne Lanavere, Director, La Galerie
1 rue Jean-Jaures
93130 Noisy-le-Sec
lagalerie@noisylesec.fr


外国人のキュレーター募集ですが、フランスのアートシーンもちゃんと考えて企画しないといけないようです。
会場プランやその他の詳細を知りたい人がいたら、メールください。詳細書類を転送しますよ。

私にキャリアがあったら私がやりたいくらいよ!
スポンサーサイト
12/06 06:10 | 公募展, アーティスト イン レジデンス | CM:0 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://kanaparis.blog59.fc2.com/tb.php/222-90dd8afa
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 takamu All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。