スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
Passage du Temps フランソワ ピノー コレクション展 for SHIFT
わざわざリールまで電車に乗って見に行ったのに、もう2ヶ月近くほったらかしにしてしまっていたPassage du Temps フランソワ ピノー コレクション展の記事がShiftに載りました。

PASSAGE DU TEMPS_ VIOLA Bill-GFBD_first light KP

こちらからどうぞ。


フランソワ ピノーさん、たまに私の働いているギャラリーにもいらっしゃいます。こちらとしては、この財団を美術館、経済的な余裕と投資方法としては、それ以上の存在として捉えていますから、ポンピドゥーセンターなどの重要な現代アートコレクションを持つ美術館のディレクターと同じように迎えます。でもそこは比べ物になりませんねー。ポンピドゥーセンターなんかの公立の美術館は「この作品をポンピドゥーセンターに売りたい。」とギャラリーが動き出してから、何ヶ月もその作品を誰にも売らずにリザーブし、コミッションに向けて学芸員やキュレーター一人一人に売り込んで、何週間、何ヶ月もコミッションで作品購入が決定されるまで準備するわけです。やっとコミッションに通ったのはいいけど、それからまた支払いまでが時間がかかる!ピノーさんがフランスの行政の遅さに愛想をつかすのもわかりますね。だって彼は美術館に売るのと同じような規模の作品を、パッとギャラリーに10分ほど来て、パッと買ってしまわはるんですもんねー。まあ、彼ほどの忙しい人がギャラリーにわざわざ来るということは、買いにくるというのと同意語だと思うので、当たり前かもしれませんが、それにしても買うか買わないかを決めるのがいつも早いなーと感心します。

フランソワ ピノーコレクションのカタログ。ベネチアでのコレクション展のカタログです。
 
リールでのコレクション展のカタログはまだAmazon.jpでは扱われていないようですね。
スポンサーサイト
02/25 20:38 | Shift投稿記事 | CM:2 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://kanaparis.blog59.fc2.com/tb.php/243-ff086f07
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 takamu All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。