スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
Gil Heitor Cortesao 「The Remote Viewer」
もう先月の話になりますが、パリの13区にある現代アートギャラリー街であるルイーズ ヴェイス通り近辺の、ヴェルニサージュ巡りに出かけてきました。いわゆる私たちが「ルイーズ ヴェイスに行く。」と言えばこのへんのギャラリー巡りをするってことなんですが、これらのギャラリーはLouiseという名前のアソシエーションを作っていて、2ヶ月に一度くらいの割合で同名のフリーペーパーを発行したり、いつも同じ日にヴェルニサージュを開催したりしています。まあ、便利っちゃあ便利です。私は、この地区のギャラリーのプログラムが個人的にあまり好きでないのと、ここのギャラリー巡りをするといつも「現代アートがわからん。」と打ちのめされ、感動どころか髪の毛一本分も心を動かされることがないことが多いので、知らず知らずのうちに避けてしまっています。

そんなわけでいつも通りの微妙な滑り出しで始まったヴェルニサージュ巡りでしたが、結局終わってみるとふたつも「好きやワー!」と思える展覧会に出会うことができました。そんななかのひとつがGallerie Suzanne Trasieve/スザンヌ タラズィエヴ ギャラリーで2008年5月24日から7月26日まで開催されているGil Heitor Cortesaoの個展。

parisart-15-ST-Cortesao-01G-71087.jpg


Gil Heitor Cortesaoは1967年生まれのポルガル人アーティスト。日本語でなら、ジル エイトル コルテサオとでも呼ぶのかな?
私は彼の存在を知らなかったのですが、バイオグラフィーを見てみると、今までは自国のポルトガルでの活躍が多かったようですが、ここ最近ヨーロッパの他の国で彼の作品を見る機会が増えてきているようです。例えば去年ルクサンブールのMUDAMで開催された、ポルトガル出身の若手現代アーティストを集めた展覧会でも、彼の作品が展示されていたようですね。

壁が朽ちてペンキがはがれ放り出された廃墟のように見える劇場や、もはや生活の空間ではなく展示室であるかのように見える住宅のサロンなどを題材として扱った絵画作品たち。作品を遠くから見ると、まるで写真のようですが、近づいてみるとそれがどうしてかわかります。油絵がプレキシガラスで覆われ、そのせいでつるつるした写真のように表面に光が反射しているのです。
parisart-15-ST-Cortesao-02G-43956.jpg
描かれているインテリアや劇場の内装なども、良―く見ていくと、キャンバスのようなはっきりとは知覚できない妙な物体が空間を飛んでいたり、まるでクモの巣がはっているかのような白い線が画面を横切っていたり、巨大な会議場の中心に真っ青な面が描かれていたり、摩訶不思議というと言い過ぎですが、現実ではないんだという私たちを突き放すような妙な冷たさを描かれている対象から感じます。
parisart-15-ST-Cortesao-03G-42600.jpg

parisart-15-ST-Cortesao-04G-35363.jpg

parisart-15-ST-Cortesao-05G-24441.jpg


私が撮った写真がいけてませんねー。でも一応載せときます。

DSCN0721.jpg DSCN0723.jpg


彼の作品のように、いまではもう既に近代建築史やデザイン史の一ページになってしまった、なんだか少し時代遅れなんだけれども、やはりいつまでも美しい、20世紀の現代建築やその内装を題材とする絵画を最近よく見かけるように思います。例えばこの間記事にしたポール ウィンスタンレーは、題材の切り取り方や光の用い方は異なるけれど、作品の放つ冷たさのようなものは Gil Heitor Cortesao にも感じられることであるし、 Gil Heitor Cortesao と年代の全く違うデザインを選びながらも、Rosson Crowは「キッチュ」という言葉でしばしば括られるようなデザインの内装を、 Gil Heitor Cortesaoと同じようにキャンバスの中で踊らせて、若いのにすっかりスターになりました。また Gil Heitor Cortesaoが古びた建物の中を選ぶなら、Enoc Perezはその外側だけをメランコリックに描きます。Gil Heitor Cortesaoのほうが落ち着いた感はあるけれど、じっと作品の前に立って視線を絵の上にはわせていると、Jules de Balincourtのパレットに見るビビットな色や暴力的な構成を発見します。

しかしまあ、この作品たちは売れるでしょうねー。スザンヌ タラズィエヴ ギャラリーは元々画家を多く抱えているギャラリーで、顧客層も、たまに流行に流されて作品を買ったりもするけれど、きっちり自分たちに見合っているのは何かをわかっているフランスやヨーロッパ、はたまたアメリカのブルジョワジー階級のお金持ちで構成されているのでしょう。そういう顧客にとっては、はやり廃りのない最高の絵画作品たちだと思います。そのうえ今回の展覧会で展示されていた作品のサイズとしては、比較的大きいものあったけれど、どれも、どちらかというとそんなに広大ではないパリのアパルトモンのちょっと空いた壁にかけられる大きさ。そう、ちょうど居間の暖炉の上の空間にかけたくなるサイズ。くー!やりおる!スザンヌ タラズィエヴがどれほどの売り方をするのかよく知りませんが、これならすぐに全作品売れてもおかしくないと思います。それにしても彼女のお抱えアーティストは大きい作品も制作するけれど、上で書いたようなパリのブルジョワたちのアパルトモンにちょうどいい大きさの作品もよく展示してる。これはアーティストたちがただ単にそういうものも制作するんでしょうかね。スザンヌ タラズィエヴがそのへんのアドヴァイスもうまいこときっちりしてるんでしょうかねー。

ヴェルニサージュのややこしいときだったので、価格を聞かずに出てきてしまいましたが、まだまだびっくりするほどの値段はついてないはず。100万円以下で買える作品もたくさんあるはずです。(完全なる予想です。えらそうに言っちゃったりしてね。へへ。)ほしーなー。ま、どうせ買えへんから迷う必要も急ぐ必要もないんですけどね。

最後に一言。ここのギャラリーに来たときは遠慮なく地上階奥にある階段を降りて行ってください。地下はちょっと倉庫みたいになっている部分もありますが、結構広い展示室でもあって作品もいくつか展示されています。
では機会のあるかたは、是非どうぞ。

Suzanne Tarasieve Paris
171 rue du Chevaleret
75013 Paris
tel : +33 (0)1 45 86 02 02
fax : +33 (0)1 45 86 02 03
info@suzanne-tarasieve.com
火ー土 11時ー19時


クリックお願いいたしますー。


にほんブログ村 美術ブログへ



スポンサーサイト
06/03 01:21 | ギャラリー | CM:5 | TB:1
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://kanaparis.blog59.fc2.com/tb.php/261-afa52c48
* トラックバック *
【建築史】についてブログや通販での検索結果から見ると…
建築史 をサーチエンジンで検索しマッシュアップした情報を集めてみると…
template design by takamu
Copyright © 2006 takamu All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。