スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
ART 39 BASEL / 第39回アートバーゼル 2008 for SHIFT
バーゼルはもう一ヶ月ほど前の話なのに、やっとこさ、SHIFTに記事を書きました。
いつも遅れてすいません。なんだか同じ言葉を使いまくってまとまりのない文章ですが、書きたいことは書けたし、まあいいか。もっと書く訓練しなきゃなあ。
興味のある方はここからどうぞ。




にほんブログ村 美術ブログへ


ほんで、記事で触れたアーティストさんたちの、アマゾンにあったカタログを載せました。
なんかくるくる回るのとかやりたくて。ただそれだけなんやけど。
でもこのくるくる回るの、ちょっとうっとうしくもなってきた。

Chloe Piene/クロエ ピエヌとFiona Banner/フィオナ バナー展が、バーゼルのArt Premiere/アートプルミエールでやっていました。
クロエ ピエヌのこのカタログは去年にフランスのニームという街にあるカレ ダールでやっていた展覧会のものです。すっごい評判良かった個展。ハンス ベルメールとかキャメロン ジェイミーとか好きな人は好きね。
  

こちらはPublic Art Projets/パブリックアートプロジェクトに展示されていて良かったIsa Genzken/イザ ゲンツケンとDan Graham/ダン グラハムのPhaidon/ファイドンのカタログ。
 

こちらもアートプルミエールで展示されていたジェシカ ストックホルダーのカタログたち。
緑色のカタログの最後のページはねー、飛び出すインンスタレーションになってます!




我らが杉本博司さんのカタログたち。カタログもしっかり白黒やね。ほんまに好き。



私にとって、「衝撃の絵画展」であったルシアン フルードの回顧展カタログ。あんなに「すごい!!」と感動しつつも、頭がぐるんぐるん回転した展覧会はいまのとこ最初で最後。


そしてまあ今年のバーゼルのカタログ。


スポンサーサイト
07/03 19:47 | Shift投稿記事 | CM:0 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://kanaparis.blog59.fc2.com/tb.php/271-ce0c6287
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 takamu All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。