スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
2008年7月備忘録
DSCN1318.jpg

もう2ヶ月も前のことなので、失念している展覧会などがあるかもしれませんが一応載せておきます。展覧会の中では、作品としてよいものはあったけれど、「展覧会」という全体として見た場合、「これは良かった!」というものが見当たりません。もちろんパリ市立近代美術館のブリジット ライリーは素晴らしいです。しかしちゃんと一点一点見ていると、目がまわって気持ち悪くなるので、歩きながらさーっと見ないと吐きます。あとMaison Rougeはいつも面白いものが見れる場所だと個人的に思っているので、そういう点で今回も満足しました。Le Plateauのお金とアートの展覧会は評判が非常に良いにも関わらず、私はこのアートセンターと多分趣味が合わないのか、ただ私の頭脳が理解できないだけなのか、いつも通りの不完全燃焼な気持ちが残りました。パレ ド トーキョーもマーク オリヴィエ ワーラーがディレクターになってから、ひとつも好きな展覧会に出会えてません。常に白黒の展覧会やし。あれなんでやろ?カルティエ財団でのセザールはまあおっぱいとか指とか液体とか車つぶしたやつとかのでっかいのがそこら中にあります。うーん、建築家のジャン ヌーベル企画なんですが、どうなん?彼はよく美術館とかギャラリーとか設計したり、展覧会の設営したりしてるけど、いいと思ったことがないのは私だけ??マイヨール美術館の中国現代美術展にちょっと残念な気分だったのですが、東京の新国立美術館での中国現代美術展が素晴らしかったので、とても嬉しかったです。私のお気に入りブールデル美術館のアラン セシャス展は見に行って損した気分になりました。まあ無料だったのでいいですが。美術館に住んでる猫にも会えたし。あとシャマランドは場所がいいので、展覧会は普通でしたが、良しとします。
ギャラリーではジュール ド バランクールがいまいちでしたが、フレッド サンドバックは相変わらずすばらしく、そしてヤズィド ウラブが良かったかな。

と、何故かいちいちコメントを書いてしまいました。
もう1ヶ月以上もブログを書いていなかったので、書き方忘れてしまいそうです。
こんなに書いてなかったのはこのブログ始まって以来。やばいやばい。
日本での備忘録もアップしまーす!

ではリストのほうも興味のある方は、是非。
展覧会

-Maison Rouge
Elmar Trenkwalder et Augustin Lesage 「Les Inspires」
Andrea Blum 「Birdhouse Cafe」

-Le Plateau
「L'Argent」
Cecile Granier de Cassagnac「Le Chant des Grumes」

-Musee d'Art Moderne de la Ville de Paris
Bridget Riley 「Retrospective」
Peter Doig
Jonathan Monk「Time Between Spaces」

-Palais de Tokyo
「Superdome」
Jonathan Monk「Time Between Spaces」

Cesar, Fondation Cartier

「China Gold」 Musee Maillol

Alain Sechas 「Reve brise」 Musee Bourdelle

-Domaine départemental de Chamarande
「Legende」
「Dreamland & L'Esprit des lieux」

ギャラリー

Lin Tianmiao 「Visions de Paysages」, Galerie JGM

Guiseppe Penone, Galerie Marian Goodman

Fred Sandback, Galerie Nelson-Freeman

Jean-Baptiste Bruant, Galerie du jour

Marilyn Minter & Mika Rottenberg 「Sweat」, Galerie Laurent Godin

「Indian Focus」, Espace Claude Berri

Yazid Oulab, Galerie Eric Dupont

-Galerie Thaddaeus Ropac
Jules de Balincourt「Malpais」
「Landscape」
Jeon Joonho

コンテンポラリーダンス

Carolyn Carlson/Oivier Debre 「Signes」 Opera Bastille

Trisha Brown, Early works


映画

「Valse avec Bachir」 Ari Folman監督
スポンサーサイト
09/15 00:04 | 備忘録 | CM:0 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://kanaparis.blog59.fc2.com/tb.php/276-9f81d428
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 takamu All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。