スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
2009年7月備忘録
これまた今更。大して何も見てません。
こうして見ると6月7月は映画館によく行った。映画館で見る映画しか備忘録には書いてませんが、6月7月は家でDVDも結構見たので、全部合わせるとかなりの数の映画を見たことになる。学生時代に比べたら全然見てないけど、映画を映画館で見る喜びってほんまに計り知れないし、それができることに感謝します。
ジャック タチの「僕の伯父さんの休暇」が映像も音響も修復されたのと、シネマテックでタチの回顧展が開催されてるのとで、パリの映画館ではタチの映画が上映されまくり。ということで、私の中にもタチブーム到来です。「僕の伯父さんの休暇」は笑いすぎて、涙がぼろぼろでた。終わったあと他のお客さんの顔を見たら、みんなも笑いすぎて泣いてた。あんなに笑ったのはひさしぶり。タチの映画はもちろん面白いってのもあるけど、現代でも通じる痛烈な社会批判が満載で、ほんまにほんまにすごい。

 


ではリストどうぞー。
展覧会

-centre pompidou
Philippe Parreno 「8 juin 1968 - 7 septembre 2009」
Laurent Grasso 「The Horn Perspective」
Alexander Calder 「Les annees parisiennes, 1926-1933」
elles@centre pompidou

-Institut du Monde Arabe
「Palestine dans tous ses etats」

-maison rouge
「Vraoum!」

-Espace Louis Vuitton
「Ecritures silenscieuses」

コンサート

Dean & Britta
「13 Most Beautiful... Songs for Andy Warhol's Screen Tests

映画

「Mon oncle」 Jacques Tati

「A cote d'ouret」 Jacques Rozier

「The Reader」 Stephen Daldry

「Whatever works」 Woody Allen

「非行少女」 浦山桐郎
スポンサーサイト
08/28 20:22 | 備忘録 | CM:2 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://kanaparis.blog59.fc2.com/tb.php/359-fa5b117e
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 takamu All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。