スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
2009年12月備忘録
3ヶ月前の備忘録。
いやはや2009年の最後の3ヶ月はアート、ダンス、映画とも充実してたんやなあと、今更実感します。
MAC/VALのサイモン スターリングもle Plateauのケレン シッターもすごく良かった。でもこの二つは私の大好きな作品を作るアーティストさんだから、かもしれません。展覧会としてどうか、と言われたらどうだろう。各作品をじっくり楽しめる造りにはどちらもなっていたけれど、キュレーションの力を見せつけられたというわけではなかったかな。アーティストを知らない人が見た場合どうだったんだろうか。スターリングを知らずに一緒に見に行った私の配偶者は私以上に楽しんだみたいですが。
ダンスも、好きなコレグラファーの公演ばかり見に行った12月でした。そのなかでもジェロームベルの新作「セドリック アンドリュー」はダンサー自身も含めて逸脱。愛してやまないライムント ホーゲの新作は今まで見た彼の作品の中では、私の中でそんなに高い点数がでませんでしたねー。ジェームズ ティエレの「Raoul」も同じく。この二人の私が公演前の期待度が高すぎっていうのもそう思った原因の一つかも。Emmanuelle Huynhが日本人の華道家Seiho Okudaira(奥平清鳳)とコラボレーションした「Shinbai, le vol de l'ame」もとても面白かった。Emmanuelle Huynhの試みはどれも見に行く価値のあるものでいつも楽しみです。
映画としては「In the Loop」が最高!絶対日本で上映されなさそうな映画やけど。
ブリティッシュユーモアが好きな人には絶対おすすめ。


興味のある方はリストもどうぞ。
展覧会

-MAC/VAL
Simon Sterling「THEREHERETHENTHERE (oeuvres 1997-2009) 」
Bernard Moninot 「La mémoire du vent」

-le Plateau
Karen Cytter

-Espace culturel Louis Vuitton
「La confusion des sens」

-Galerie des galeries
「Antidote 5」

ギャラリー

-Galerie Thaddaeus Ropac
Stephane Balkenhol


コンテンポラリーダンス

Raimund Hoghe 「Sans Titre」

Emmanuelle Huynh + Seiho Okudaira 「Shinbai, le vol de l'ame」

Merce Cunningham 「Nearly Ninety」

Jerome Bel 「Cedric Andrieux」

James Thieree 「Raoul」


映画

「In the Loop」Armando Iannucci

「Louise Bourgeois: l'araignée, la maîtresse et la mandarine」Marion Cajori & Amei Wallach

「Le Concert」Radu Mihaileanu
スポンサーサイト
03/03 01:15 | 備忘録 | CM:1 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://kanaparis.blog59.fc2.com/tb.php/376-2e0f889a
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 takamu All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。