スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
Herman Diephuis 「Paul est mort ?」
土曜日にHerman Diephuisのダンス公演を見に行った。彼の作品を見るのは、「D'apres J.-C」「Julie entre autre」に次いで三つ目。2、3年前に初めて見た「D'apres J.-C」がかなり衝撃的で「Julie entre autre」も面白く、そして今回の「Paul est mort ?」で、私はこのコレグラファーが好きだと思った。

今回の作品は、「イエス キリストより有名」とまで言われるビートルズというイコンをテーマにしたもの。「D'apres J.-C」ではルネッサンス芸術に見られるキリスト像、そして「Julie entre autre」では映画「サウンド オブ ミュージック」の主人公を演じたジュリー アンドリュースという、イコンをモチーフにした作品だった。

ビートルズが演奏中、音楽が聞こえなくなるほど泣き叫び失神するファンたちを模写したダンスから始まり、ビートルズが様々なメディアに残し私たちの記憶、いや現代史の一部にもなっているビートルズのメンバーたちの笑顔やポージングを再構成したダンスに続く。それらは徐々に破壊され疲れを露にしながらも、途中で立ち止まることをゆるされなかったビートルズのように、繰り返される。しかしその身体的精神的バランスが崩れていくのが目に見えていても、音楽はダンサーを煽ぎ続ける。公演の最初にポール以外のもうこの世を去ったメンバーを表しているのであろう(リンゴはまだ生きてるか。忘れてた。)ダンサー三名が自ら舞台中央に組み立てたドラムセットは、同じリズムを刻みながらも、ひとつずつひとつずつ解体され、最後にはドラムを叩く動きだけがダンスのコンビネーションのように残る。それはまるですこしずつはがれていく仮面のようでもあり、時代と社会とメディアとファンと、そんないろんなものが壊してしまったビートルズという天上のアイドルの亡がらのようでもあった。

「D'apres J.-C」「Julie entre autre」そして「Paul est mort ?」と、Herman Diephuisは私たちが簡単に知覚することのできるイコンを用いて、プロパガンダで利用される視覚に訴える反復性とその強さ、またその物哀しさを見せてくれる。しかしそれはただ単にコンセプトやメッセージ性の強い舞台公演というだけに留まらず、ダンスに求められる身体の美しさや技術も充分に発揮され、また笑ってしまうところもある、素晴らしい作品に仕上げられている。

来週ポンピドゥーセンターでのHerman Diephuisの「Ciao Bella」が仕事の都合上見に行けないのが残念。

クリックお願いします!


にほんブログ村 美術ブログへ






スポンサーサイト
01/19 08:39 | コンテンポラリーダンス | CM:0 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://kanaparis.blog59.fc2.com/tb.php/383-6135f7e6
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 takamu All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。