スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
Sunday's Screenings #2
今年に入ってからギャラリー巡りを一切しなくなった。時間的にも身体的にも精神的にも余裕がないと言えばかっこいいのかもしれないけれど、ま、結局やる気がないというか、興味が薄れているということか。

4月末にそれでも一念発起してギャラリー巡りへ。ギャラリー巡りと言えば語弊があるか。なぜならその日曜日はSunday's Screenings #2というイベントが、マレ地区の19の現代アートギャラリーで行われていたから。

1時半ほどの作品もあれば数分のものもあって、3時間ほどかけて11のギャラリーをまわった。

もちろん仮設の上映条件をクリアする作品から選ばなければいけないとはいえ、どこのギャラリーも「これ一押し!」という作品をこういうイベントで出してくると思って勝手に期待していたけれど、結局おもしろいと思ったのは全参加ギャラリー19のうち、11を巡ったなかでたったひとつ。galerie martine thibault de la chatreでテレビ画面に流されていたイスラエル人アーティスト、Efrat Shvilyの「The Bride」のみ。
DSCN3999.jpg

私はユダヤ教の結婚式についてはよく知らないし、宗派によっても風習が違うんだろうと思うけど、このビデオを見る限りでは、多分結婚式の前に花嫁を囲んで友人や家族などの女性や子供だけが集まって、飲んで食べて踊って楽しむという儀式(?)があるみたいで、そのイベントの間中花嫁は指定された席に座って次から次へとやってくる招待客たちと挨拶をする、というのを、花嫁の顔を焦点にして、カメラを固定して延々撮影したもの。
まるでクラブにいるようなノリノリの音楽が流れるなかで、花嫁である女の子は席をたってみんなと踊ることはできないみたいだけど、椅子に座ったままでも彼女がどんどんトランス状態になって泣いたり笑ったり、もう大変なことになっていく。この子は何歳くらいだろう?中学生?と思っていたけど、たしかユダヤ教は12歳くらいで成人と認められるので結婚も多分できるのかもしれない。
これが撮影できたことがすごい。だってめちゃくちゃ内輪な感じが出ているから。


ほかには、現代アーティストの手がけたミュージックビデオばっかり流しているギャラリーもあれば、そのとき開催中の展覧会がビデオ展示もしているものであれば、何も付け足さないでそのまま開けただけのギャラリーもあった。Galerie PolarisではStephane Couturierのビデオを大きいスクリーンにプロジェクターで映してて、なかなか良かった。ギャラリーの柔軟性と強さ、センスの違いを感じさせられました。


どっかで見たことあるなあ、この感じ、と思ったら、この日の二週間ほど前に知り合って作品をプレゼンしてもらったマチューの作品も、galerie schirman et de beauceでかかってた。でも展示の仕方が全然だめで、マチューの作品の細かい美しさが全然出てなくて、すっごく残念。そのうえプレスリリースにアーティストの名前を記載するの忘れてるし!これはギャラリストとしてかなりどうかと思うし、怒りを覚える。

イベントタイトル通り、今回は2度目。私はつい最近までこのイベントの存在を知らなかったので、私が巡っていた間にひっきりなしに各ギャラリーに入ってくるビジターの数に驚いた。初回は今年の2月だったそう。一回目が好評だったから二回目がすぐに開催されたのかな。

日曜日にわざわざ出てきてギャラリーを開けるわけやから、もちろん「ビデオアートをみなさんに」的な崇高な目標もあるんだろうけど、ちゃんとコレクター来てるのかな、と勝手な心配をしていたけれど、私が見かけただけでも、あるアート財団の作品購入コミッティーの方や、文化庁現代アート部門でのナンバ-1であるdelegue aux arts plastiquesのOlivier Kaeppelinも来てたから、14時から19時まで開けておく理由はあったんだろうと思う。ただのアート好きの私としては、ギャラリー巡りをすることができるのは土曜日だけなのに、日曜日も見れてラッキー!という感じ。土曜日はいろいろとやることがあるからなかなか時間がとれないし。

ビデオという作品の手軽さと観賞時間の問題をクリアしながら、みんなで楽しめるパリでの企画に、Video-Appartというのがある。期間中、パリのいくつかの地区で、住人のアパートが開放されてアーティストビデオを見ることができる。ヒトんちでビデオ鑑賞。友達とDVD見る感じ?こういうところでアート好きの人たちとも出会ったりおしゃべりしたり。見せる場所がなければ、自分たちでつくりだす。アート界の間口の狭さとコネを嘆いて時間を潰しているよりも、ずっと生産的で前向きでおもしろい。私も自分の家で何できるかなあ。

スポンサーサイト
05/24 01:40 | ギャラリー | CM:0 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://kanaparis.blog59.fc2.com/tb.php/389-988a4908
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 takamu All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。