スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
東北関東大震災義援金支援 グループ展「Help!」パリ
現在、世界の目が日本に注がれています。地震、津波、放射能の危険、私たちの国は前例のない大惨事に見まわれています。

日本にいる家族、友人たち、そしてこの災害に日々立ち向かっている方々のことを想ったとき、我々は一人の日本人として、遠く離れたこの土地でも何かできるのではないかと考え、東北関東大震災の被災者への義援金集めのための展覧会を開催することに致しました。

2011年4月14日から21日まで、パリ15区のgalerie premier regardにて、ドローイング作品の展覧会を開催いたします。売上金は、すべて東北関東大震災の被災者に寄付されます。現時点ですでに、安斎 肇、朝倉 世界一、小岐須 雅之、ジャン=ミシェル・アルベローラ、キャロル・ベンザッケン、エドワード・フランソワ、ドミニク・ゴンザレス・フォースター、黒田アキ、アンジュ・レッチア、クロード・レヴェック、フランソワ・モルレ、ファリス・バリーニ、ジャン=リュック・ヴィルムートなどを筆頭に、現代美術、イラスト、建築など様々な分野から他多数のアーティストが本展への参加を表明し、展覧会のために作品を寄贈することを約束して下さいました。

Pour tout l'achat dans le cadre de l'exposition "Help!", vous pouvez bénéficier d’une réduction d’impôt de 75% du montant de votre achat-don dans la limite de 513€ et au-delà, d’une réduction d’impôts de 66% dans la limite de 20% de votre revenu imposable.
Nous souhaitons la bienvenue à tous les amateurs d'art contemporain pour commencer votre collection!

今回の展覧会"Help!"で作品を購入された場合、フランスで納税されている方は513ユーロ以下の作品購入では75%、それ以上の金額の作品購入では66%が寄付金控除の対象となります。
現代アートのコレクションが初めての方々も是非お越し下さい。

作品購入に関してのお問い合わせは、右バー下のメッセージ欄からご連絡ください。


プレスリリース フランス語版

プレスリリース 英語版

プレスリリース 日本語版

参加アーティスト(4月6日現在)
Antoine Aguilar/アントワン・アギラー
Jean-Michel Alberola/ジャン=ミシェル・アルベローラ
Hajime Anzai/安斎 肇
Sekaiichi Asakura/朝倉 世界一
Clément Bagot/クレマン・バゴー
Elise Beaucousin/エリーズ ・ ボークーザン
Carole Benzaken/キャロル・ベンザケン
François Boisrond/フランソワ・ボワロン
Christian Boltanski/クリスチャン・ボルタンスキー
Guillaume Bresson/ギヨーム・ブレッソン
Tania Bruguera/タニア・ブルゲラ
Jean-Marc Bustamante/ジャン=マーク・ビュスタマンテ
Ernesto Castillo/エルネスト・カスティーロ
Céline Cléron/セリーヌ・クレロン
Claude Closky/クロード・クロスキー
Philippe Cognée/フィリップ・コニエ
Guillaume Constantin/ギヨーム・コンスタンタン
Véra Delebecque/ヴェラ・デレベック
Eric Duyckaerts/エリック・デュイッカーツ
Isabelle Ferreira/イザベル・フェレイラ
Roland Flexner/ロラン・フレックスナー
Iris Fossier/イリス・フォシエ
Edouard François/エドワード・フランソワ
Michel François/ミシェル・フランソワ
Dominique Gonzalez-Foester/ドミニク=ゴンザレス・フォースター
Camille Henrot/カミーユ・ヘンロ
Shirley Jaffe/シャーリー・ジャフ
Tadashi Kawamata/川俣 正
Aki Kuroda/黒田アキ
Kiyoshi Kuroda/黒田潔
Pierre Labat/ピエール・ラバ
Ange Leccia/アンジュ・レッチア
Claude Lévêque/クロード・レヴェック
Frédérique Loutz/フレデリック・ルーツ
Pierre Mabille/ピエール・マビーユ
Stéphane Magnin/ステファン・マニアン
Takesada Matsutani/松谷武判
Xavier McPake/グザヴィエ・マクパック
Fabien Merelle/ファビアン・メレル
Annette Messager/アネット・メッサジェー
Mississippi/ミシシッピー
François Morellet/フランソワ・モルレ
Eden Morfaux/エデン・モルフォー
Asami Nishimura/西村麻美
Barbara Noiret/バルバラ・ノワレ
Masayuki Ogisu/小岐須 雅之
Jean-Michel Othoniel/ジャン=ミシェル ・オトニエル
Philippe Parreno/フィリップ・パレノ
Giuseppe Penone/ジュゼッペ・ペノーネ
Aurélien Porte/オレリアン・ポルト
Shanta Rao/シャンタ・ラオ
Irina Rotaru/イリナ・ロタル
Sarkis/サルキス
Su-Mei Tse/ツェ・スーメイ
Barthélémy Toguo/バルテレミー・トグオ
Wilson Trouvé/ウィルソン・トゥルーヴェ
Felice Varini/ファリス・バリーニ
Xavier Veilhan/グザヴィエ・ヴェイヤン
Françoise Vergier/フランソワーズ ・ ヴェルジエ
Jean-Luc Vilmouth/ジャン=リュック・ヴィルムート




展覧会開催に際し、搬入時にお手伝いしてくださるボランティアさん(中級フランス語必須)を募集します。
ご興味のある方は、右バー下のメッセージからご連絡ください。


私は日本から遠く離れたここで、私にできることを精一杯やろうと思います。
みなさんもそれぞれの土地でがんばってください。


6 pt
スポンサーサイト
03/22 10:17 | 未分類 | CM:6 | TB:0
ギャラリーを辞めてからも相変わらず全力投球中ですね、応援しています。
今回の東北関東大震災は、被災者以外の我々の生活にも少なからず影響が出てきています。
しかし、京都にいるといつもと変わらない日常生活ができ、赤十字に寄付するくらいしかできていません。
パリで多くの人々が協力して展覧会が開かれることにとても勇気付けられます。
大変だけど頑張って!
私も仕事をする中で、できることをしていきます。
いつも楽しく見させて頂いてます。アートファンとして、twitter上にてこの記事のURL載せさせて頂きました。被災地から、応援しています。
今回の被災者義援金活動の為、チャリティーを開く芸能人達は、日本だけで無く、世界各国沢山居られます。勿論今回の災害のみで無く、どんな災害に対してもです。ただ私は今までズット、何か違和感が有りました。

今回チャリティー活動を行ってる人達、団体の中で、先ず自分達が身銭を切って、義援金を出した上で、チャリティーを行ってる人達は、どれ程居るでしょう?個人的に義援金を寄付した。ダルビッシュ投手、イチロー選手、松井秀樹選手、石川遼選手、野球選手会、ゴルフ選手会、杉良太郎ご夫婦、他、様々な方が居られる事は、ニュース等で皆さんも良くご存じでしょう。

先日から、ジャニーズ事務所の所属アイドル、歌手達が、チャリティー活動を始めてる様ですが、この中で個人的に或いは事務所自身が、身銭を切って幾ら寄付をしたのでしょう?

日本一のお笑い芸人を抱える吉本興業、また、所属する芸人達が、幾ら身銭を切って、義援金を幾ら寄付したのでしょう?その他、渡辺プロ、色々の芸能プロが有りますが、チャリティー活動はしてても、自分達が先ず先に、幾らしたけど、まだ足り無いから協力して頂きたいと、チャリティー活動をするなら、納得がいくのですが。

ただ、チャリティー活動を行っただけでは、他人のふんどしで、相撲を取る様なものでしょう。我が腹は全く痛めず、他人の懐を利用するだけ。それでも被災者達は、有り難いでしょうが、私自信は、納得がいかないのです。

そんな意味では、個人的に義援金を寄付してる人達は、全て我が身を削って他人の為に尽くす、この姿こそが、菩薩様の本当の姿です。今回はソフトバンクの孫社長が、100億円個人の資産の中から、寄付されましたネ。別に100億円寄付したから、菩薩行為と言うのでは無く、自分の身を削る事が、菩薩行為なのです。

先日、NHKの”蒼穹の昴”の中で、「鳩をとらえて食べようとしてた鷹に、お釈迦様が同じ重さの肉を与えるから、鳩を逃がしてやってくれとおっしゃって、自分の身体の肉を、測りに乗せて行ったのですが、中々釣り合わず最後にお釈迦様自身が測りに乗ったら釣り合った。つまり鳩の命もお釈迦様の命も同じ様に尊い事を教えられたのだ。」と言うセリフが出て来ます。

自らを犠牲にしてまで、他人の為に尽くす時にこそ、菩薩様の心に成るのです。今使命感で福島原発の事故対応に、命を掛けて作業を続けてる全ての人達は、まさに観世音菩薩様達なのです。

あの人達の、身体や心の辛さを思う時、自然に両手を合わせずには居られない気持ちに成るでしょう。それが本当の菩薩様のお姿なのです。今回の孫社長の寄付行為にも、正しい使い方の意味が含まれていました。有り難い事です
「善」か「偽善」か?

「売名行為」か「善行」か?

世の中そんなに簡単にどちらかに割り切れるほど単純ではないと思います。

小倉優子さんが声を上げたからこそ届く物、金で被災地の方が少しでも助かるならそれは褒められることは有っても批判、糾弾されることがあってはいけません。

ろくに物も金も出せない、物も金も集められない者が無責任なヤッカミ根性から集められる人を貶めるような発言をすべきではないと思います。

極端な話、本人の動機が「善」でも「偽善」でもどうでもいい、有名人は今こそ、その名前が持つ力を利用して1円でも多く被災地に送って欲しいと私は思っています。

その行動によって被災地の方々に義捐金が届き、タレントさんは自分のイメージアップができ、賛同したファンは「善いことをした」という小さな満足感に浸れる。

この誰も損しないバランスが取れた三方一両得を無責任に批判し、結果として被災地に届く義捐金を減らしてしまうようなマネを安全地帯の口だけの善人がするべきではないと私は思います。

私だって魅力的なレジの女性に「イイ人」と思われたいという下心があってコンビニの募金箱に小銭を入れていますが、小銭すら入れない連中にとやかく言われたくないです。(笑)

被災地の人たちへのご配慮ありがとうございます。
被災された人たちは、精神的にもこれからの生活全てに於いて大変なことなのですが、
世界中の皆様からの暖かい支援が何よりも力強く感じられていると思うのです。
このような企画は係わった人たちの想いや行動そのモノ自体がすごく大切なコトなのだと思います。
改めまして、アリガトウございます。
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://kanaparis.blog59.fc2.com/tb.php/414-6fb13a92
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 takamu All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。