スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
2011年8月備忘録
8月は文化的なことといえば、映画のみ。
だってー、夏のパリは展覧会も舞台公演もなにもかもバカンスなんやもーん。

というわけで、私の予想を裏切り、8月のカルチエラタンの映画館たちは毎日満員御礼です。
8月末なんて、3館とも満員で、わざわざ行ったのに入れなかったことあったもん。
良いことや。

黒澤明特集がかかっていたので、しっかり満喫させてもらった。ついでに図書館で黒澤明に関する本まで借りてきちゃって。ものすごい集中力とテンションで最初から最後までぐいぐい、ブルドーザーみたいに突き進む映画たち。そしてそのメッセージたるや真っすぐすぎてポキンと折れてしまいそう。そしていつも暑すぎる真夏が舞台。かっこよすぎる。三船敏郎が汗かき過ぎでも、三十路の人妻は、あのむっちり感溢れる体にうっとりします。

 

  


リストもどうぞ。
映画

「天国と地獄」黒澤明監督

「酔いどれ天使」黒澤明監督


「野良犬」黒澤明監督

野良犬 Stray Dog Opening 1949 黒澤明 Kurosawa... par MorinoMashio

「メランコリア」ラース ファン トリアー監督


「La Piel que Habito」ペドロ アルモドバル監督




スポンサーサイト
09/03 02:14 | 備忘録 | CM:0 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://kanaparis.blog59.fc2.com/tb.php/427-04047179
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 takamu All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。