スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
あなたもリヨンビエンナーレのビデオキュレーターに!
友達からのメールで、そうか、ベネチアも今年だからリヨンビエンナーレも今年か、ということに気づいた。
いくら現代アートに関することにアンテナをはらなくなってしまったと言っても、こんなことをここまで忘れてた自分がなさけなくなるわ。

2011年のリヨンビエンナーレは、Victoria Noorthoornというブエノスアイレス在住のインディペンデント キュレーターの女性によるもので、参加アーティストリストを見ると、いつもフランスで見ることのできるアーティストたちのラインナップとは結構違ってラテンアメリカの作家が多く、なにかおもしろい発見があるかも、と密かに例年以上に期待してます。

さて、そんな今年のリヨンビエンナーレで「これはどうなんやろ、どうしたいんやろ。」と思う公募イベントを見つけた。
ビデオキュレーターになろう!」というもので、youtubeから拾った映像を編集して、最低5分最高15分のビデオにして、あなたのキュレーター観を提案してください、というもの。
協賛対策かな?これしてどうするんだろ。
なんか的を得ないし、個人的に腑に落ちないし、これまた著作権とかどうするんだろ、などとごちゃごちゃ考えてしまいますが、とにかく9月30日までが〆切りで、選ばれたらビエンナーレ中に展示(?)されるようです。興味のあるかたは是非!

このイベント(?)のPRビデオもおばちゃんの私には画像の切り替わりが早すぎて、まったく何も理解できないまま終わりましたが、、、、。



今年のリヨンビエンナーレは他にもいろんな公募をやってるみたいで、Teleramaというフランスの雑誌主催の小説公募とか、Causetteという雑誌主催のコラージュ、ドローイング、グラフィックデザイン系の公募とか、ビエンナーレの無料配布シールを使ってなんらかの写真を撮って送ってっていう公募とか、ビエンナーレの公式ポスターとは別口でポスターを作ってみてっていう公募とか、なんだかいろいろ。

なんなんやろ。協賛探しの一環?
スポンサーサイト
09/07 22:00 | 公募展, アーティスト イン レジデンス | CM:0 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://kanaparis.blog59.fc2.com/tb.php/431-0006a1b1
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 takamu All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。