スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
ヴァンサン ガニヴェ/Vincent Ganivet (カンディダ ヘーファー/Candida Hoferもちょこっと)
書こう書こうと思ってて、ええ、もう何週間たった?二週間くらいかな。
パリもアート新学期を迎えて、9月2週目はヴェルニサージュラッシュ。ここ数年現代アート巡りからすっかり遠のいてる私ですが、ここ数ヶ月パリに滞在されている知り合いに、「かなさん、やっとギャラリー開いてきたから回ろうよ。」ということで、私も重い腰をあげたのでした。
結局は10軒も回らず、カフェでビールばっかり呑んだ土曜の素敵な午後になっただけでしたが。

さて、そんななめたギャラリー巡りでしたが、最後に行ったGalerie Yvon Lambertが良かった。ギャラリー巡りをするまえから、どこよりも「これは見たい!」と思っていたので、見終わった後「さーええもん見せてもろた。帰ろ帰ろ。」「やっぱりYvon Lambert、ちゃんと見せるなあ。お腹いっぱい!」となった、Vincent Ganivetの「Noli Me Tangere」展とCandida Hofer「Erinnern」展。二つの展覧会は同じ展示室で同時開催なので、日本風に言えば二人展となるのかしら。

Candida Hofer/カンディダ ヘーファーは1944年生まれのドイツ人写真家。ベッヒャー派の代表的アーティストなので、現代アート好きなら多分一度は作品を見たことがあると思います。欧米の図書館や美術館や劇場などの比較的「豪奢」だったり「重厚」だったりする建築物の内装を、がっつり真っ正面から撮影した作品で有名。
DSCN6207.jpg


しかしこの記事で紹介したいのは、ヴァンサン ガニヴェ/Vincent Ganivet。1976年生まれのフランス人アーティスト。
ヴァンサン ガニヴェがイヴォン ランベール ギャラリーの取り扱い作家になるとわかったときには、同世代の若手たちの羨望の的でしたねー。イヴォン ランベールのような有力ギャラリーに最初から入る(小さな若手ギャラリーの専属になって、そのうちちょっとずつ大きいとこにひろわれて、どんどんギャラリー替えしてキャリアアップ、というのが一般的なアーティストの這い上がり方なので)と、せっかくの才能がつぶされるだのなんだのと周り、特に同世代から妬みとも羨みともとれる非難を受けるアート界ですが、ガニヴェのランベール入りはなぜか皆納得。やっぱり彼の作品いいからな。なんか逆にうれしい。フランス人の若手アーティストが世界的に有名なフランスのギャラリーに入るっていう、普通に思えてなかなかそうはいかないことが、ここでは可能になってるのがうれしい、という感覚かな。

で、今回の一押しはこちらでした。イヴォンランベールのガラス張り天井の展示室を利用しての作品。私が今まで見たことのあるガニヴェはコンクリートブロックの作るカーブがひとつひとつわかれているものばかりだったけど、今回はカーブが上で組み合わされている。これ、難しいだろうなあ、設営。そんなわけで、視線は常に上のほうへ。他の作品では視線は各カーブのラインを追うのに、これは目が上に釘付けでしたねー。いつも使ってるカラフルな荷物運送用の縄や、コンクリートブロックの間を埋める木片をあまり目立たないようにしていたことも、視線が上のカーブ集合部分にいく効果を増長させていたのかもしれません。ルイーズ ブルジョワの巨大蜘蛛のような優しさも併せ持つ作品。
DSCN6211.jpg DSCN6210.jpg

他には、これ、ウチの台所もアートになるわねー、という彫刻とか。うまく重ねられて均衡を保つ食器の上に水が弧を描く、プチ噴水。まあウチなら噴水が色とりどりになっちゃうけど。
DSCN6212.jpg DSCN6209.jpg DSCN6208.jpg

コンクリートブロックという扱いにくい建築資材を用いながらも、造形美と均衡美を追求するガニヴェの作品。今週末にパリで開催される徹夜の野外現代アートイベントNuit Blancheにも参加するようです。機会がある方は是非、10月1日の夜にBibliothèque historique de la Ville de Parisの中庭へ!

ガニヴェはもうそこらじゅうでコンクリートブロックのカーブ彫刻やってるから、見飽きた感があって、友達のアーティストなんかと「もうそろそろほかの作品出した方がいいんじゃないの」なんて言ってたけど、同じ素材でも少し違う展開を毎回見せてくれるので、前もって斜め目線で準備してる飽きた感が毎回覆される。そんなうれしい作家。

ちなみに私が今までに見たことのあるガニヴェは、
Dynasty展。こちらはパレ ド トーキョー。ちっちゃいですけど、奥にちらり。見えるかな。
DSCN4173.jpg

そして同じくDynasty展。パリ市立近代美術館のsalle dufyで。
DSCN4211.jpg

この夏に見たのがこれ。えーっとどこだったっけ。たしかparc saint leger。やっぱかっこよかった。
DSCN5700.jpg
スポンサーサイト
09/30 00:03 | ギャラリー | CM:2 | TB:0
kanaさん
はじめまして!blog楽しく拝見しております。私は、今年12月のSNBA CARROUSEL DU LOUVREの審査に通り、日本から参加する者です。それで、突然のお願いなのですが、目の肥えたkanaさんに、そちらで私のポートフォリオを観てもらうことはできませんか?いろいろと意見を伺いたいです。また、パリでのアート事情、ギャラリー情報など、お話を聞ければとても嬉しいです!突然、ギャラリーに飛び込みで売り込みに行くのは難しいので、ぜひ、現地の内情に詳しいkanaさんにお話をお聞きしたいです。突然、勝手なお願いで申し訳ありません!お返事お待ちしております。
はじめまして。ありがとうございます。作家出展型のサロンに関する知識が全くないので、SNBA CARROUSEL DU LOUVREというサロンは存じ上げませんでした。参加おめでとうございます。時間が許す限り、伺いたいと思います。がんばってくださいね。

> kanaさん
> はじめまして!blog楽しく拝見しております。私は、今年12月のSNBA CARROUSEL DU LOUVREの審査に通り、日本から参加する者です。それで、突然のお願いなのですが、目の肥えたkanaさんに、そちらで私のポートフォリオを観てもらうことはできませんか?いろいろと意見を伺いたいです。また、パリでのアート事情、ギャラリー情報など、お話を聞ければとても嬉しいです!突然、ギャラリーに飛び込みで売り込みに行くのは難しいので、ぜひ、現地の内情に詳しいkanaさんにお話をお聞きしたいです。突然、勝手なお願いで申し訳ありません!お返事お待ちしております。
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://kanaparis.blog59.fc2.com/tb.php/433-3f7fbe27
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 takamu All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。