スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
Maison d'Andre Bloc/アンドレ ブロックの邸宅
以前に紹介したテオ ファン ドースブルグの邸宅を訪問した同じ日に、同じくパリ郊外のムードンにあるAndré Bloc/アンドレ ブロックの邸宅にも行きました。

アンドレ ブロックは、1895年生まれ1966年死去のフランス人アーティスト、建築家、編集者、いろいろなんでもやる人。はじめはエンジニアとして働いていたけれど、1921年にル コルビジェと出会ったことによって建築のほうへ方向転換していきます。そして1930年には「Architecture d'aujourd'hui」という超有名建築雑誌を創刊。1949年には建築とアートの関係についての研究考察の場として「Art d'aujourd'hui」を創刊。20世紀前半戦前戦中戦後と、活発に建築とアートの在り方を追求したフランス知識人の代表者の一人。

さて、ムードンのアンドレ ブロックの邸宅の敷地内にあるのは、「Habitacle "la Tour"」「Habitacle N°2」「maison Bellevue」と呼ばれる3つの建築物。
この土地は20年以上前から、パリ左岸の現代美術ギャラリーの代表格、Galerie Nathalie Seroussiのオーナー、ナタリー セルーシ女史が所有し、現在もここに住んでいます。

では早速いきましょう!
「Habitacle "la Tour"」「Habitacle N°2」と言っても、Habitacleの一番と二番とはなんぞや?とお思いの方も多いでしょう。
Habitacle とは、日本語に直訳すると「住居」。アンドレ ブロックは1960年頃からsculpture-habitacleと呼ぶ、住まいとしては利用できないながら、人間が内部に入って活動をすることができる大きさの構造物を、彫刻と建築の間に位置するものとして創作し始めます。

1962年に作られたsculpture-habitacleの第一作目が、こちらの高さ25メートルにも及ぶ「Habitacle "la Tour"」と呼ばれるれんが造りの塔。スパイラル状の階段とは言え、登っていると思っていたら、頂上に辿り着く前に下がっていく階段にしかつながっていかなかったり、まるで迷路のよう。
IMAG0162.jpg IMAG0160.jpg

塔の上からの景色。敷地内の他の建物はもちろん、遠くにはエッフェル塔も見えた!
IMAG0167.jpg IMAG0165.jpg


そしてこちらがアンドレ ブロックのsculpture-habitacleの中でも最高傑作と言われ最も有名なHabitacle N°2。
建物っていうのかな。彫刻?パヴィリヨン?
先ほどの塔と同じく、アンドレ ブロックが自らの手でこつこつ作った、白く塗られたれんが造り。
なんだか黒くなっちゃって汚いけど、当時は真っ白で美しいオーガニックな構造物だったんだろうなあ。
塔のよりも、アーチが多用されていて、より一層オーガニックな形状に仕上がっています。
IMAG0185.jpg IMAG0175.jpg

ギャラリーのサイトのプログラムによると、このときはミッシェル フランソワの展覧会が開催されているはずだったのに、何故かエルネスト ネトのままでした。
残念。ミッシェル フランソワのほうが好きやし、実は彼の展覧会がここに来た最大の理由だったのに、、、。
エルネスト ネトのこのシリーズは全然好きじゃないんだけど、この空間には悪くなかった。
IMAG0176.jpg IMAG0178.jpg

ウィリアム クラインの超有名な映画「Qui êtes-vous Polly Magoo...?/ポリー・マグーお前は誰だ? 」でもこのHabitacle N°2がファッションショー会場として使われてます。



さすがギャラリストが住んでるだけあって、庭を歩いていると他にもアート作品らしきものにちらほらぶつかる。
でも誰のかわからん、、、。ちなみに左写真の靴の中にはスピーカーが組み込まれていて話し声が聞こえます。
IMAG0169.jpg IMAG0170.jpg IMAG0174.jpg

そしてこちらはアンドレ ブロックがかつて住んでいて、今はギャラリストのナタリー セルーシが住んでいるお家「la maison Bellevue」。残念ながら今日は立ち入り禁止。テラス部分にはロープまで張ってある防御ぶり。やっぱりJournées de la Patrimoineは誰でも入れるから、なんか気持ち悪いもんね~。FIAC(パリの現代美術フェア)に合わせてVIP限定で見学ができるときもあるみたいだけど、それ以外はやっぱりナタリー セルーシに直接頼むしかないのかも。こちらからメールできるみたい→meudon@natalieseroussi.com
IMAG0173.jpg


通り道の途中で急に眠る猫がいる庭。竹やぶみたいになってるとこも。いいなあ、こんなとこ。
IMAG0184.jpg IMAG0186.jpg


さて、そんな感じで他人の庭でつかの間の自然とのたわむれ。
皆さんも来年のJournées de la Patrimoineにどうですか?
スポンサーサイト
12/22 06:14 | 未分類 | CM:0 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://kanaparis.blog59.fc2.com/tb.php/434-34c4f6ec
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 takamu All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。