スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
2011年 備忘録 (4月と8月以外)
実は2010年の備忘録もひとつもできてませんが、2012年になったので、2011年の見たもの備忘録。
2年前は毎月つけていたものが年に一回になるという、なんということでしょうか。それだけ何も見ていないということの証ですね。
そんなわけで記憶に残っている限りのものを、ダイアリーのメモなんかと見合わせて、書き出してみました。
多分失念しているものもたくさんあると思います。

私にとって2011年と言えば、やはりオペラ。
こんなにお金のかかるものを好きになってしまった、と不安になる一方、かなりはまりました。
お金はかかるけど、安くで見れるダンスや演劇なんかと比べると、終わったあとの満足感はすごい。
そのなかでも一番好きだったのは、プッチーニの蝶々夫人。ロバートウィルソンの演出なので、コンテンポラリーなものが好きな私には最適な最初の一歩だったと思います。

すばらしかった。
蝶々さん役がMicaela Carosiという歌手で、最初出てきはったときはそのガタイの良さに、「あ、蝶々さんには意地悪な継母でもいるのかしら?」と思ったくらいだったけど、もう最後の方は彼女がすっかり無垢で儚くて美しい蝶々さんに見えてきたから演技ってすごい。生まれて初めてのオペラで、そのガタイのいい蝶々さんの歌声を聞きながら、号泣してしまいました。

そして次に見たコジファントゥッテでは、わっはっは!と大笑いし、オペラってミュージカルみたいにいきなり歌いだしたりしてなんか変な人たちの集まりのように見てしまうものかと思っていたら、その美しさといったら半端なくて、大笑いしたり号泣したり、見ているこっちも忙しいものです。

あとクラシックのコンサートにもよく行きました。リッカルド ムーティ指揮のシカゴ交響楽団は素晴らしかった。

コンテンポラリーダンスは数は見てないけど、いいところを押さえて見たので満足です。
何年も前から実際に見たかったウィリアム フォーサイスの「Quintett」はやっぱり美しくて泣き、Raimund Hogheの「Pas de Deux」もそのときの私にすごく優しくて泣き、Richard Siegal + R&Sie(n)の「Civic Mimic」は「こいつらアツいやないか~ええやないか~!」とダンスの何かが変わるような気がして感動して泣いた。
ダンスに泣かされっぱなしの一年でした。


映画はこうやってリストを見ると、どれも甲乙つけがたいほど良かった。「時間の無駄だった」と思うものはひとつもありませんでした。まあ、映画は映画鑑賞歴の長さ故、どういうものを観に行けば自分がある程度満足するのかを前もって把握できてるんだと思います。
でも敢えて言うなら、新作のものではダントツでアキ カウリスマキの「le Havre」!


展覧会もギャラリーも特に思い出が残ってないってのが、ここ1,2年、私があんまりアートを見に行かなくなった一つの原因かな。どれも良く覚えているけど、「これが一番!」と言えるほど、私の心を掴むものには出会えませんでした。


興味がある方はリストも見てください。
展覧会

MAC/VAL
-「Let's Danse」
-Eric Duyckaerts 「Ideo」
-Jesper Just 「This Unknown Spectacle」
-Bertille Bak 「le tour du proprietaire」

アサヒビール大山崎美術館
-「山荘美学 日高理恵子とさわひらき」

足立美術館

広島県立現代美術館
-サイモン スターリング 「仮面劇のためのプロジェクト(ヒロシマ)」
-「肖像 黙して語る」

Hayward Gallery
-Pipilotti Rist 「Eyeball Massage」
-George Condo「Mental States」

-Tate Modern
Gerhard Richter「Panorama」

meison rouge
-「tous cannibales!」
-Chiharu Shiota 「Home of Memory」
-「My Winnipeg」
-「Memoires du futur, la collection Olbricht」

Ecole des Beaux-Arts de Paris
-Alfredo Jaar 「The sound of silence」
-Portes ouvertes

College de Bernardins
-Anthony McCall 「Between You and I」

Monumenta 2011
-Anish Kapoor 「Leviathan」

Biennale de Lyon 2011

musee des Beaux-Arts de Lyon
-l'Atelier d'Etienne Martin

Centre Pompidou
-Jean-Michel Othoniel 「My Way」
-Francois Morellet 「Reinstallations」
-Cyprien Gaillard 「prix Marcel Duchamp 2010」
-Tokyo Graphic Passport 2011 a Paris
-Yayoi Kusama
-Edouard Munch「L'Oeil moderne」
-「Danse sa vie」

BNF
-Richard Prince 「American Prayer」

room
-Kyoko Nagashima 「T of rose, rose of T/There」

56eme Salon de Montrouge

Biennale internationale de ceramique Chateauroux
-「Construire Elever la matiere」

Parc Saint Leger
-「Manufacture」

Instant Chavire
-「Parisonic Hear&Now」

le Quartier
-Charlie Jeffery 「Why stand when you can fall」

musee des arts decoratifs
-Hussein Chalayan 「Recits de mode」

musee de la Chasse et de la Nature
-Francoise Petrovitch

betonsalon
-Jikken Kobo, Atelier experimental / 実験工房

Cite de la Ceramique a Sevres
-Myriam Mechita 「L'infini en plus ou My name is nobody (tu vas comprendre)」

-Musee de la Vie Romantique
Patrick Faigenbaum 「Paris, proche et lointain」

-Centre Culturel de Gentilly
Eden Morfaux 「Fabrique d'archipel」

Bastille Design Center
-「10 ans de premier regard」

jeune creation 2011

Cite des Arts
-「le choix de Paris 」

-Credac
Mircea Cantor 「More Cheeks Than Slaps」

Jeau de Paume
-Diane Arbus

Le Plateau
-「Le sentiment des choses」

Fondation d'entreprise Ricard
-Guillaume Leblon「Black apple falls.」

Le Laboratoire
-Ciro Najle 「cummulus」

ギャラリー

小山富美夫ギャラリー
-シュテファン バルケンホール

studio90
-今村遼佑「ながめるとみつめるのあいだ」

桂スタジオ うんりん食堂 オープンスタジオ

kamel mennour
-Alfredo Jaar「Three Women」

Galerie Laurent Godin
-Peter Buggenhout 「Contes Invertébrés」

Galerie Alain Gutharc
-「Au fil de la bave」commissaire : Anita Molinero

Galerie Nelson-Freeman
-Lucy Skaer
-Gregor Schneider

Sultana
-Beatriz MONTEAVARO 「Date with the night」

Galerie Marie Cini
-Camille Cloutier 「L'Echo du Silence」

Galerie Dohyang Lee
-Aurelie Godard
-« Life in a house with wooden billows »
Øystein Aasan - Thomas Chapman
Mathis Collins - Sophie Erlund

Galerie Zurcher
-David Lefebvre

Nathalie Seroussi
-Susan Philipsz

Galerie Denise Rene
-Jakob Bill

Galerie Almine Rech
-Joe Bradley
-Anselm Reyle

Karsten Greve

Jean-Luc & Takako Richard
-Jeff Elrod

Torri
-Vera Molnar

Frank Elbaz
-Bernard Piffaretti
-Tim Ulrichs

Galerie les filles du calvaire
-Paz Corona - Olivier Mosset

Galerie Chantal Crousel
-Melik Ohanian

Galerie Perrotin
-Xavier Veilhan 「Orchestra」

Galerie Xippas
-「There are two sides to every coin, and two sides to your face」 curated by Carlos Cardens

GB agency
-Deimantas Narkevicius

Yvon Lambert
-Cadida Hofer - Vincent Ganivet
-Éditions d'art en Allemagne
Olaf Nicolai

In Situ - Fabienne Leclerc
-Martin Dammann

Galerie Samy Abraham
-Emilie Ding「Taking Vierek」

Galerie Jocelyn Wolff
-Franz Erhard Walther「Sternenstaub, herausgehoben」

castillo/corrales
-「Notorious (Christian Leigh)」

Michel Rein
-Kent Monkman - Gerd Rohling

Bugada & Cargnel
-「Were all stars to disappear or die…」Nina Beier, Étienne Chambaud, Peggy Franck, Alex Hubbard, Pamela Rosenkranz, Ryan Sullivan

Galerie Marian Goodman
-Gerhard Richter

コンテンポラリーダンス

「Octopus」Philippe Decoufle/フィリップ デュクフレ

「Ne pas toucher aux oeuvres」Geisha Fontaine

「Workwithnwork」「Quintett」William Forsythe/ウィリアム フォーサイス

「Desirs」Ballet de Lorraine

Angelin Preljocaj/アンジェラン プレルジョカージュ 「Empty Moves (parts I & II)」

Angelin Preljocaj/アンジェラン プレルジョカージュ 「Announciation」

Emmanuel Gat「Brilliant Corners」

Scali Delpeyrat 「Dance is a dirty job but somebody's got to do it」

Lemi Ponifasio 「Birds With Skymirrors」

Raimund Hoghe「Pas de Deux」

Richard Siegal + R&Sie(n)「Civic Mimic」

Jerome Bel 「Cedric Andrieux」

Matthew Bourne「Nutcracker!」


映画

「Le Narcisse noir/黒水仙」マイケル パウエル監督

「exit through the gift shop」バンクシー監督

「Les Amours Imaginaires/Heartbeats」Xavier Dolan監督

「Black Swan/ブラック スワン」Darren Aronofsky監督

「Le roman de ma femme」Djamshed Usmonov監督

「La Dame de Shanghai/上海からきた女」オーソン ウェルズ監督

「Man Hunt/マン ハント」フリッツ ラング監督

「True Grit/トゥルー グリット」コーエン兄弟監督

「Le Discours d'un roi/英国王のスピーチ」Tom Hooper監督

「Accident/できごと」Joseph Losey/ジョセフ ロージー監督

「Leri - Oggi - Domani/昨日今日明日」ヴィットリオ・デ・シーカ/Vittorio De Sica監督

「悪い奴ほどよく眠る」黒澤明監督

「pater」Alain Cavalier監督

「Nashville」Robert Altman監督

「La Notte」ミケランジェロ アントニオーニ監督

「Drive」Nicolas Winding Refn監督

「1395 Days Without Red」Anri Sala監督

「Habemus Papam」Nanni Moretti監督

「Restless/永遠の僕たち」Gus Van Sant監督

「l'Exercice de l'Etat」Pierre Schoeller監督

「polisse」Ma�wenn監督

「Metropolis」フリッツ ラング監督

「L'Aventure de Tintin/タンタンの冒険」Steven Spielberg監督

「Shame」Steve McQueen監督

「Voyage extraordinaire」Serge Bromberg監督
「Le Voyage dans la lune」ジョルジュ メリエス監督

「Le Havre」Aki Kaurismaki監督

「Women without men」Shirin Neshat監督

「A Dangerous method」David Cronenberg監督

オペラ

Puccini「Madame Butterfly/蝶々夫人」Opera Bastille
Robert Wilson演出

モーツァルト「Cosi Fan Tutte/コジ・ファン・トゥッテ」Opera Garnier
Ezio Toffolutti.演出 Philippe Jordan指揮

Wagner「Tannhauser/タンホイザー」Opera Bastille
Robert Carsen演出

モーツァルト「La Clemence de Titus/皇帝ティートの慈悲」Opera Garnier
Willy Decker演出

ヴェルディ「la force du destin/運命の力」Opera Bastille
Philippe Jordan指揮

モーツァルト「La Flute Enchantee/魔笛」 シャンゼリゼ劇場
William Kentridge演出

コンサート

-Opera Bastille
Philippe Jordan指揮
ブラームス「ピアノ協奏曲第二番」
ショスタコーヴィチ「交響曲第十五番」

-Salle Pleyel
Maurizio Pollini-ピアノ
Giacomo Manzoni Il rumore del tempo
Ludwigvan Beethoven Sonate pour piano n°21「Waldstein」
Sonate pour piano n°22
Sonate pour piano n°23 「Appassionata」

-Salle Pleyel
シカゴ交響楽団 / リッカルド ムーティ指揮
Bernard Rands 「Danza Petrificada」
Richard Strauss 「Mort et Transfiguration」
Dmitri Chostakovitch 「Symphonie n° 5」

-Salle Pleyel
Orchestre Colonne / Xavier PHILLIPS-チェロ
ALFEEV「De Profundis pour choeurs et orchestre」
TCHAÏKOVSKY「Variations rococo」
MOUSSORGSKY / RAVEL「Tableaux d'une exposition」

-Salle Pleyel
London Symphony / Valery Gergiev指揮 Helene Grimaud-ピアノ
Robert Schumann 「Concerto pour piano」
Dmitri Chostakovitch 「Symphonie n°10」

演劇

「Quartier lointain」 Jiro Taniguchi Dorian Rossel


講演

-パリ市立劇場
「l'écriture du mouvement dansé」

-centre national de la danse
ライムント ホーゲ「Body, Space, Music」

-centre pompidou
Eric Duyckaerts
スポンサーサイト
01/03 07:49 | 備忘録 | CM:0 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://kanaparis.blog59.fc2.com/tb.php/445-7486edd1
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 takamu All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。