スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
Daniel Buren 「Monumenta 2012」/ダニエル ビュレン 「モニュメンタ 2012」
だらだらしていたらいつものように会期が終ってしまってました。すいません。パリのグランパレで、2012年5月10日から6月21日まで開催していた今年のモニュメンタキーファー、セラ、ボルタンスキーカプーアと続いて、今年は我らがフランスのアーティスト、というかフランスのスター!ダニエル ビュレンです。
安心感というのか、飽きた感というのか、「ビュレンはいつもビュレンだ。」と皆が思う作品作りを60年代から続けるダニエル ビュレン、しかしやっぱり毎回「やっぱり立派なアーティストやな。」と納得して帰ってきてしまう、そんな、私にとって安定感抜群の作家。

まあダニエル ビュレンは日本でも有名だから、ここでいちいち説明する必要はないかとは思いますが、一応。1938年生まれのフランス人アーティスト。バイオグラフィーにいつも「Lives and works in situ」と記載することでも有名なように、常にサイトスペシフィックな作品作りをしているアーティスト。フランスではもちろん「colonnes de buren/ビュレンの柱」と呼ばれるパリのパレロワイヤル広場の作品や、ニューヨークグッゲンハイムでのインスタレーションでも有名ですし、数年前のヴェネチアビエンナーレではフランス館代表のソフィーカルのキュレーションをしたり、最近ではエルメスとのコラボでカレのデザインをしたりしてます。


P1060878L.jpg
例年のモニュメンタの入り口はグランパレ身廊のメインエントランスですが、今年は違うみたい。メトロの最寄り駅近くの、通常搬送口に使われているエントランスが入り口になっていました。

P1060861L.jpg
こっちね。入り口もビュレンお得意の縦縞鳥居。

P1060865L.jpg
チケット売り場も既にビュレン。

P1060864L.jpg
道路の矢印も既にビュレン。

P1060866L.jpg
さてさて先ほどの縦縞鳥居を越えるとこんな感じ。
トンネルの向こうにカラフルな光の空間が!なんかめっちゃアがる!


P1060867L.jpg P1060868L.jpg
中はこんな感じ。いつもの入り口よりも狭い入り口と出口しか空気が抜けないので、やたら暑かった!
ビュレンとしては、この光を通すガラスを、深い森の中でこもれびが落ちる樹冠のようにしたかったらしく、まあそれはすごくわかる。だから森の奥深くへ入って行くときのような、先ほどのあのトンネルが必要だったのもわかる。様々な色の光が混じり合い、溶け込んで、とても美しいんだけど、これはグランパレの中っていうより外の展示に適した作品なんじゃないかなあなんて、なんだか腑に落ちない。


P1060870L.jpg P1060872L.jpg
こちらはグランパレ身廊中央部分の鏡にいろんな大きさで池のように置いてある円形の鏡。もうスカートはいてる女子のパンツ見放題です。
この部分は私にはちょっと意味不明というか、展示のひとつのアクセントとしてあったんだと思いますが、なんかこれ要る?って思ってしまいました。他の見せ方なかったのかな。でも子供達や家族連れにはここがとても人気でした。そういうのがやっぱりビュレンのニクい巧さなんだろうな。

P1060871L.jpg
こちらは中央のドーム部分のインスタレーション。数年前のニューヨークグッゲンハイムでのビュレンの個展を彷彿とさせますね。

P1060874L.jpg P1060876L.jpg
で、こちらがグランパレの上階から見た景色。
これを見た瞬間、私としては膝をぽんと打つような「ああ!そうか!」という満足感がありました。
写真ではべたーっとしてしまってわかりにくいかと思いますが、このオレンジ、黄色、水色、緑から成る円状のガラスは、4,5個の様々な大きさがあって、プラス、ほんの少しずつ3、4の違った高低がついています。
この微妙な大きさと高低の違いが、インスタレーションを上から見ると、まるで池の水面を眺めているように見えるのです。それは自然光の動きや変化を描こうとしたフランス印象派絵画や、まさにモネの「睡蓮」シリーズを想起させる、3次元体験型印象派インスタレーションとでも呼びたくなるような展示でした(おおげさ?)。まあこれは私が見えたもので、この展示をご覧になった方たちは皆違ったものをここに見ただろうとは思いますが。

またビュレンは、このグランパレの身廊という巨大なスペースの「空気を彫り、そこに形を与え、光を捉え、色を与える」ということをしたかったとインタビューで話しています。なんかもう「そっかー。それできてるわー。」と納得しまくり。いつもおんなじとか言っててすいませんでした、ビュレンさん!

それでも私はやっぱり彼の初期の60年代の作品やBMPTの作品を知ったときの衝撃が半端無かったなら、あの頃の作品のほうが好きだな!

左はモニュメンタ、ダニエル ビュレンのカタログ。


イタリアのコーヒーメーカーilly社は現代美術家デザインのカップ&ソーサーを出してる。こちらはダニエルビュレンのもの。ちょっと欲しい。

スポンサーサイト
07/09 01:51 | 展覧会 | CM:1 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://kanaparis.blog59.fc2.com/tb.php/454-fe78a568
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 takamu All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。