スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
森山大道「Hokkaido-Northern」polka galerie
ロンドンのテートモダンの日本写真コレクション収集開始と共に、昨年から今まで以上に熱狂的な支持と注目を集める日本写真家の作品達。現代美術において、写真は絵画や彫刻、インスタレーションと少し立場を異にするものだと私は思っているので、このブログでもあまり写真関連の記事はアップしていませんでしたが、「ぐわー!すげー!かっこいー!」と思う展覧会を見ちゃったので書きます。

独自の写真雑誌も発行しているパリの写真専門ギャラリーpolka galerieにて、2013年の1月まで、The Daido Moriyama Cycleと題して3回に分けて我らが日本人写真家森山大道の個展が開催されています。

そのサイクル第一発目として、2012年9月13日から11月3日まで「Hokkaido-Northern」シリーズが展示中。上記のテートモダンの日本写真大量購入と共に、大きな一歩ともなる同美術館でのウィリアム クラインとの二人展も始まり、まさに日本を代表する現代写真家のひとり、いやいや、その最高峰とも言える森山大道。今更ですが、1938年大阪生まれ。

P1010293L.jpg P1010284L.jpg

表通りから入る展示室を堪能したあとは、裏側にある展示室へ。下の写真の左側の建物です。
P1010283L.jpg

« Hokkaido - Northern »はなんと1978年から2010年にかけての30年以上もの長きに渡って撮られ続けた作品シリーズ。第二次世界大戦直後の日本で森山が触れることのできた「北海道」は教科書や雑誌に載っているものだけで、それはニューヨークやローマ、パリなどのように当時の森山にとって非常にエキゾチックな響きを持っていました。そして1960年代初頭に初めて北海道へ足を運び、1978年に長期滞在したのをきっかけにそれから幾度となく、この地と人々を撮り続けたのがこのシリーズ。

P1010288L.jpg P1010289L.jpg

現代の私たちから見るとノスタルジックでありながらも平凡な田舎の日常が、森山の撮るドラマティックすぎるほどの構図で切り取られ、ある種のメランコリーを醸し出す。なんだか見てはいけないものを見ているような気分になります。なんなんだろ、この動物的なエロさと生々しさ。

P1010290L.jpg P1010291L.jpg

P1010292L.jpg

写真の良い展覧会や好きな作品に出会ったときにいつも困ってしまうのが、私にもがんばれば手が届いてしまうかも、っていう値段設定ですね。この展覧会を見終わったときも「ダイドーほしー!モリヤマほしー!」と叫びまくってましたが、そんな余裕の買い物をしている場合ではないので、ちゃっかりポスターだけもらってきました。
お金の問題だけじゃなく、森山大道ほどの強い作品と一緒に生活するほど、まだ私は人間ができている自信も全然ないしな〜。強すぎる作品と共に生きるというのはかなりの労力を使うものです、はい。


第2弾は11月10日からParisシリーズとして、1988年から1990年までパリに滞在、撮影した森山の30点ほどの作品を展示。モネのサンラザール駅やドアノーのパリ市庁舎などの作品を喚起させる作品の他に、何よりも森山のEugène Atgetからの影響を強く感じる作品で構成される展覧会のよう。また第3弾は版画のシリーズの展示があるようです。

11月中旬に開催されるParis Photo期間中もやってるので、写真好きもそうでない人も是非!

お得に楽しめる「Hokkaido-Northern」カタログ。

スポンサーサイト
10/18 04:07 | ギャラリー | CM:0 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://kanaparis.blog59.fc2.com/tb.php/460-b0893138
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 takamu All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。