スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
Ugo Rondinone @ fiac 2016
「もしかして底辺のkanaさん?(ひどい言われ様)」とか「もうやめちゃったんですかー?」とか「実は見てたんです。またやってくださいよー。」とありがたいお言葉を出会う人たちからいただくも、もうぴったり4年も前から更新をしてないこのブログ。なんかふと、以前とは違った距離感でいいから、コンテンポラリーアート、というより、私が生きている今と同時代の創作、というものと付き合っていけたらいいなあ、と思う今日この頃。またブログをぼちぼち書いていこうかと思います。4年前はイケイケノリノリで元気で、好きに動いて、観て、読んで、考えて、話す時間もたっぷりあったんですが、今じゃ2人の子持ち。週末の展覧会もままならないし、平日の夜のヴェルニサージュなんかもってのほか。前は「観るで観るで観るで~~!インプットじゃ~!」と1週間くらいで見てたものを今じゃあ半年、いや1年くらいかけて、うまくタイミングがあったものだけ「ありがたや~~」と観ている状態。観るときも全然集中できないし、鑑賞前後に批評予習復習もできない。でもそんな中でもぼちぼち備忘録を記していければいいな、と思います。

さて、先週は2016年のfiac週間でした。数年前からfiacが開催される週には、ホテルリッツや世界有数の宝石商が居並ぶ(というかそういうのしかない)ヴァンドーム広場で、現代アートの巨大作品が展示されています。 2014年には、アメリカ人アーティストのポール マッカーシーが、空気で膨らむ巨大な緑色の「クリスマスツリー」を設営中に、「大人のおもちゃにしか見えん!なんちゅうもんを展示するんや!」と通りがかりのおっちゃんから暴言をはかれたり、SNSで保守派の方たちから猛攻撃を受けたり、日本で言うならいわゆる「炎上した」作品が展示されました。までも、ヴァンドーム広場の真ん中にそそり立つ柱も、コンコルド広場のオダリスクとともに、男性器に見えなくもないので何を今更感はありますし、もちろんここはフランス、こういう炎上があればあるほど、展示を絶対に中止にはしません。その上マッカーシーはこの出来事を同時期にオープニングを迎えたパリ造幣局での個展に活かし、彼のアーティスト力を見せ付けたと思います。ま、その話はこのへんで。

今年はUgo Rondinone/ウーゴ ロンディノーネの作品が展示されるということで、仕事帰りに行って来ました。ウーゴ ロンディノーネは国際的なビエンナーレとかトリエンナーレとか、でっかいアートフェアとかの常連さんだし、日本でもよく展示されているみたいなので、ご存知の方も多いと思いますが、1964年生まれのスイス人アーティスト。もう作品やアート界での地位・影響力からそのスイス人っぷりがあふれ出てますので、いちいちスイス人アーティストというのがアホらしいくらいです。までも、好きです。どこが、と言われると困りますが、ロンディノーネが出してる、と聞くと、行っとこかな、と思うくらいは好きです。

展示されていた作品は2つ、というか2シリーズ。でっかい石を人間の形につみあげたThe Observantと、むにゅむにゅ枝を伸ばす白い樹木たちのEvrytime the Sun Comes Upです。どちらもどこかで観た事ある作品なので、特に目新しくはないな。ま、ロンディノーネの作品っていっつもそんな感じですが。どちらも5メートルほどの高さがあって、だだっ広い芝生の上や屋根のある展示会場でなら、めちゃくちゃ映えた作品だとは思いますが、パリの中でも圧巻の荘厳なオスマニアン建築が見られるヴォージュ広場、そのうえ間に44メートル以上もある柱がシャキーンと建ってるなると、厳しいですよね。


 

仕事の帰りに寄ったので、暗い。夕方な上、えらい曇ってる写真ですいません。秋晴れの気持ちの良い空をバックにした写真はfiac公式サイトからどうぞ。こちら。 でも私の写真のほうがリアルやと思う。 というわけで、感想としては、「あーヴァンドーム広場に負けちゃったな~」です。 fiacのメイン会場でもある、グランパレの素晴らしいガラス天井の下でたまにある、しょーもない展覧会と同じはめになってる感は否めない。
あと多分ヴァンドーム広場の地面がまっすぐでないので、床を造って水平な地面の上に展示されているんですが、もー、これがダサい!めっちゃくちゃダサい!泣けてくる!

これなら、我が家の近所にこの夏から出現したロンディノーネのストリート作品のほうがずーーーっと素敵です。場所は宝石商がならぶ広場ではなく、ホームレスの方たちがそこかしこに寝袋とかマットレスで寝てる小さな交差点ですがね。
document[1]

とは言っても、本物を実際に見ないとアートというのはわかりません。
fiacはもう終わりましたが、この作品は10月31日までヴァンドーム広場に展示されていますので、日本料理食べにピラミッドの辺り行ったり、ルーブルやチュイルリー公園に散歩に行ったりしたついでに、寄ってみるのはどうでしょうか。

4年ぶりの更新がこんなんですいません。


ロンディノーネのカタログ三冊。
一番左のカタログは、今年フランスで初めてロンディノーネの美術館での個展がニームで開催されたときのもの。

スポンサーサイト
10/24 17:24 | アートフェア | CM:0 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://kanaparis.blog59.fc2.com/tb.php/461-8c2664fd
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 takamu All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。