スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
Jeke & Dinos Chapman 「Back to the End of the Beginning of the End Again」展
パリにはもう10年以上住んでいますが、ずーーーーっと右岸派だったので左岸には疎い私です。
といっても、左岸には定期的には来ていました。学生の間は大学院がカルチェラタンでしたし、映画を見まくっていた時期も週に1回は左岸に渡っていました。そして私にとっての左岸の象徴といえば、珍しいといわれそうですが、kamel mennourギャラリーです。

当時住んでいたアパートからカルチェラタンまではまっすぐの道一本だったのですが、kammel menourは少しサンジェルマンデプレ寄りなので、ほんの5分プラス歩かないといけない。そうなると、えいこらせ、と重い腰をあげないといけないような気がしていたものです。

このギャラリーのアーティストリストを見てもらえればわかってもらえると思います。私好みなリストであることを。
ピエール パオロ カルツォラーリ、ミッシェル フランソワ、リー ユーファン、クロード レベック、フランソワ モルレ、、、、、、リスト見てるだけでよだれが出る、ご飯3杯いけそうですが、それに加えてダニエル ビュレン、アニッシュ カプーア、川俣 正、マーティン パーなどなど、個展やってたら見にいっとかな、と思うベテランたち。そのうえ、ジャコメッティとジナ ペーンのエステートも獲得してます。
左岸=kammel menourとさっきから言ってますが、それは私にとってなだけ。左岸には昔からのギャラリーが2軒、そして今じゃあマティニオン通りにも1軒、でつい最近オープンしたロンドンにも1軒、の計4箇所でギャラリーを展開しています。

そして今ちょうど、その左岸の1軒とマティニオンの1軒で同時開催しているのが、Jake & Dinos Chapmanの「Back to the End of the Beginning of the End Again」展。

いやもう全然いいんだけどね、私にも2人の子供がいて、姉弟なんですけど、もし、もしもよ、、その子達が「これがアートだ!」って主張して、世界中のお金持ちや有名美術館が何億っていう値段で取引しても、作品がチャップマンだったら、母としては本当になんかいたたまれないよね、っていつも思います。めちゃくちゃ他人やから、ほー、なるほどね。とか腕組みしながらアート作品としてあーだこーだ、言えるけどね。まあ全然いいんやけどね。

こういう子供のマネキンを裸にしてくっつけたやつとか有名ですね。
jake-chapman-sir-norman-rosenthal-10-31-11-3[1] 

ちなみにここで言っておきますが、なんらかの企画展とかアートフェアとかでチャップマンの作品をよく見ますが、個人的にはすきでもないし、見たいとも思わないかな。。。。コンセプトとか理解してるつもりやし、彼らの作品に対する私のリアクションというのはチャップマンの思う壺なのもわかってるし、バッドアートやけどハイアートっていうのもわかるんですけどね。でも好きの反対の無関心でもいられないのがまたチャップマンの魅力というか、人間の性というか、醜悪なものや臭いものには蓋をしたいのに気になるっていうね。人間の汚いところね、全部、見ないといけないから。

それでも今回行って来たのは、そういう魅力に勝てなかったのもあると思いますが、何よりもチャップマンの個展なんてフランスで見られるのは非常に珍しいからということと、キャメル メヌー ギャラリーがチャップマンをお抱えアーティストにして初めての展覧会やったからです。

で行って来ました。左岸のほう。

ギャラリー入ってすぐ、Ku Klux Klanに出迎えられます。結構大きめのマネキンがえーっと6体いたかな。

20161028144944295.jpg  20161028145006729.jpg 20161028145434555.jpg 20161028145020853.jpg

写真でバン!と見てしまうとそれまでなんですが、チャップマンの作品は細部に宿る想いみたいなんがいつも凄いな、と思うので、結構ひとつひとつじっくり見てしまいます。あ、もしかしてそれで気分悪くなるんやろか。
 

次にこちら、圧倒的な数の小指より小さいくらいのフィギュアで、凄絶な状況が作り上げられるHellシリーズ(これって特にシリーズ名じゃないようにも思いますが、こういうとみんなわかるので)。
Hellシリーズについて、チャップマン兄弟のインタビューがありました。
20161028145035317.jpg 20161028145112985.jpg 20161028145140689.jpg 20161028145311052.jpg 


そして奥の部屋はというと、トレイシー エミンのテントのパロディと、ジェフ クーンズのイノックス作品のパロディ。
テントは中に書いてあるのが名前じゃなくて、カップルのほうはイノックスじゃなくて本当に空気入れて膨らむやつです。

 20161028145516116.jpg

チャップマンはコンセプトっていうと大げさだと本人たちに笑われそうですが、インタビューや批評から作品が意図するものを知ると、かなりしっかりしていて納得させられるので面白いんですよね。そこではまっていっちゃう自分も怖いっていう矛盾。

マティニオンのほうでもやってますけど、私は行かないねー。こないだミッシェル フランソワの個展でもわざわざ行く時間なくて見逃したのに、チャップマンだったらもう絶対行かないって賭けてもいいわ。

良く考えたら今日はハロウィーンですね。ツイッターやフェイスブックで日本でのハロウィーンの盛り上がりを見て驚いている私ですが、なんかいいタイミングでこの記事書いちゃったな。というかチャップマンの個展をハロウィーンにかぶせるのもキャメル メヌーの意図か!?

左岸もマティニオンも11月26日までやってます。お好きな方はどうぞー。
kemel mennour
47 rue Saint-André des arts 75006 Paris
28 avenue Matignon 75008 Paris

スポンサーサイト
10/31 23:20 | ギャラリー | CM:0 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://kanaparis.blog59.fc2.com/tb.php/462-11736334
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 takamu All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。