スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
リモージュの名窯ベルナルドのアーティストコラボ

最近の私の勤務先はサンジェルマンデプレにあります。パリに来てからずーーっと右岸で人生の大半を過ごしてきた私としては、同じパリと言っても、左岸はなんだか別世界。たまーーーーーに行くくらいの別天地でありましたが、ここ最近は毎日通っているわけであります。
右岸のギャラリーなら敷居が高いとかなーんにも思わないのに、左岸のギャラリーはなんかいっつも入りにくいよなあと思ってしまいます。
でもせっかく毎日来てるし、お昼休みくらいは事務所から出て散歩でも、とそのへんぶらぶらする、ショッピング欲をくすぐるお店はたくさんありますが、まあ先立つものがない、そうなるとやっぱり逃げ込むはアートギャラリー。そんなわけで昼休みにぷらぷらうろちょろちょこまか歩いてるんですが、今日ふとウインドウに惹かれて入ったのがこのお店。

20161028144104092.jpg

日本でも有名な窯だと思うんですが、リモージュの名窯Bernardaud/日本語ではベルナルドのショップです。
特別好みでもないので、私も「ああ、ロウソクを中に入れて、模様とか風景が彫ってある白いカバーかぶせる磁器売ってるとこね!」という認識。プレゼントでアクセサリーを幾つかいただいたことがあるのに、それもそういえば着けてないなあ。

上の写真を見て、ぱっとわかる人も多いとおもいますが、ウインドウにジェフ クーンズのBallon Dog!うわー、またこんなことやってるんやー。Ballon Dogっていつの話やねん、と心の中で思いつつも、近寄ってウインドウ越しになめるように見る私。

20161028144639706.jpg 
うん、どこからどう見てもBallon Dog。でもベルナルドとの接点はどこ?ベルナルドといえば世界に名だたる磁器製品の会社。
でもなんで磁器の会社がBallon Dogつくってんの?え、もしかしてこれって磁器なん?どう見てもいつもどおりのステンレス(といっても最初ジェフ クーンズのステンレス製バルーン作品シリーズを観た事は、えええ!これイノックス~~!すっごいよくできてる!やばい!となったもんでしたが)にしか見えない。すげえ。

わーすげーすげー、と道端でガン見してたんですが、店内にも他にジェフ クーンズっぽいお皿がある!ということで入ってみました。

20161028144844985.jpg
ほら、花瓶。これはいつものベルナルドの磁器仕上げ。


20161028144818952.jpg 
プレートデザイン(っていうかただの絵付けというか、ただの作品画像貼り付けたというか、、、、)したもの。

2013年にはベルナルド150周年を記念して、12名の現代美術アーティストとお皿のデザイン(というかお皿の絵付け)コラボをしたよう。日本語のサイトのほうが見やすいわ。 でもフランス語/英語のサイトのほうだったらすぐに購入できるみたい。

うーんうーん、私だったら、ソフィー カルとー、サルキスとー、あー、アルベロラも使い良さそう~。なんて買う気もないのに、わくわくします。
あー、JRとかデヴィッド リンチはいやかな~。とかね。
あのあれですよ、illyのエスプレッソカップとおんなじ感じ?あーだこーだ言いながら数時間過ごせるやつね。

で、このサンジェルマンデプレのお店は、ベルナルド製品のなかでもアーティストデザインのものだけを取り扱っているショップだそうです。さすがアートギャラリー激戦区にもってくるだけある。

20161028144804729.jpg  20161028144747356.jpg
右側のが私が欲しいソフィー カルのね。クリスマスとか近いね。

現代作家のものから、シャガールなんかの近代作家のものもあります。
ちょっとミュージアムショップ感でちゃうけどね。

20161028144723065.jpg

 
20161028144657788.jpg フリオ ル パルクの商品もウインドウにありました。

アーティストとのコラボの歴史を見てみると、1967年からはじめてるそう。最初はインダストリアルデザイナーのレイモンド ローウィ(ラッキーストライクのパッケージとか、昭和シェル石油の貝殻マークとかデザインした人)とのコラボだったようです。ほー。

私は今までにも、こういうコラボデザイン商品を見るたびに、さんざん選んで迷ってあーだこーだ言って楽しませてもらうんですが、結局買わないんですよねえ。シルクスクリーンとかこういう商品にしても、商品化する仲介業者(ギャラリーであったり、マルチプル制作業者だったり)が、アーティストの本来のコンセプトや既存の作品をもとにして、勝手に自分たちでコンセプトやデザインを考えて、いくつか提案した中から作家に、これでえーんちゃーう、と選んでもらって許可とって制作にかけられることが多いから。そういう意味でも上に挙げたサルキスとかソフィーカルとか、わざわざこのために作家自身がちゃんとやった感がするので、すきなのかもしれません。わからんけどね、ほんまのとこは。

まあでも、あれですよ、日本のデパートとかで売ってるような、イヴサンローランのバスタオルとか、トイレのお手拭タオルがジバンシイとか、そういうのとおんなじことよね、結局は。

身も蓋も無いこと言って終わってすいません。

サンジェルマンデプレをぶらぶらした際に見つけたら入ってみるのもおもしろいかも。
こだわりラーメンの向かい側です。

Bernardaud
60 Rue Mazarine, 75006 Paris
スポンサーサイト
10/28 23:54 | 未分類 | CM:0 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://kanaparis.blog59.fc2.com/tb.php/464-6cbb5d18
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 takamu All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。