スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
ジダンがアートになるとき
超超超スーパースターのフランス人サッカー選手、そして現在はレアルマドリッドで活躍するジネジン・ジダンのことは、みなさんご存知だと思います。

彼の顔が街中の大看板に掲げられることは日常茶飯事なフランス。でも先週あたりから、ジダンの顔は街のそこここにある映画や演劇のスペクタクルなどを宣伝する広告塔や、はたまたバスにまであふれかえっています。
IMGP0900.jpg


フランス全土では、ジダンの映画が今週水曜日から公開になります。

アートファンには関係ないじゃ~ん。なんて言ってられません。
なぜなら、この映画を製作した監督さんは、現代アートの世界で世界的に有名なアイルランド人ダグラス・ゴードンと、フランス人フィリップ・パレノなんですから!そのうえ音楽を担当したのはモグアイ!

ダグラス・ゴードンとは、1966年英国グラスゴー生まれ。84-88年グラスゴー美術学校、88-90年ロンドンのスレード美術学校に学ぶ。既存の映像を操作してちがった文脈の中に置くことによってその意味を変え、見る者の固定観念に揺さぶりをかける独特の作品を制作。96年ターナー賞、97年ヴェネツィア・ビエンナーレでは2000年賞受賞。近年は、グラスゴーとベルリンを拠点に「場所の特性」よりもむしろ「心理」や「記憶」をモチーフに、フィルム、ビデオ、絵画、テキスト、パフォーマンスなどさまざまなメディアを用いた作品を発表しています。






フィリップ・パレノとは、1992年に設立されたパリを拠点に世界中で活躍するM/Mというコラボレーショングループのひとり。現在、フランスを代表するアーティストです。また、1999年にピエール・ユイグとともに「No Ghost Just a Shell」というプロジェクトをはじめました。 日本の漫画界でキャラクター開発を進めるエージェンシー、K-worksから『アン・リー』というフィギアとそのオリジナルイメージのコピーライトを買い取り、様々なアーティストに『アン・リー』を無料で提供し、アーティスト自身のストーリー、エピソードを作り あげていくというコンセプト。『アン・リー』と共に具現化された各プロジェクトは記号史の一章とみることもでき、この共同プロジェクトの中で、個々のアーティスト活動の文脈の上に「生命」が生み出されていきます。






この映画はサッカーの試合と全く同じ90分間。
2005年4月23日に、スペインは、stade Santiago Bernabeuという競技場で行われた、リーガ・エスパニョーレの、レアルマドリッドVSヴィラレアルの試合中、17台のカメラが、ボールでもなく、試合全体でもなく、画面全体がアップでジダンだけを追い、ジダンの一挙手一投足を収めたものです。

その名も「ジダン:21世紀のポートレート」ですって!

http://www.canalplay.com/Pages/Movies/Detail.aspx?mid=4469&trailer=1
ここのページの「BANDE ANNONCE」っていうところから、サイズを選んで予告編が見られます。

5月15日に、プレミア試写会が行われたそうですが、期待たっぷりだったサッカーファンたちにとっては、何か物足りないものがあったようです。サッカーファンの期待に添えなかったというところに、私の期待は高まります!(いやいや、サッカー大好きですよ。一応言っておきますけど。)映画自体の美しさは格別なものであるということ。

この企画を知って、そういえば私もテレビなんかでサッカーをよく見ますが、ジダンやその他の世界的スーパースターサッカー選手の動きに感動するときがよくあります。「テレビでこんなにも美しいものが見られるのに、なんで私はお金をわざわざ払って、ダンスなんか劇場で見に行くんやろう?」なんて。

そんな「鍛えられた天才的人間の身体の美」を観に行ってはいかが?

アタクシ、予告編のジダンの笑顔を見て、恋に落ちそうになりました。
いっつもジダンには恋に落ちそうになるんですけどね。
この映画、危険やわ~。

少しでも楽しんでいただけたら、クリック2回お願いしまーす!


にほんブログ村 美術ブログへ
スポンサーサイト
05/23 04:29 | 映画 | CM:4 | TB:1
gossan、そうやねん。フランスでジダンはほんまにスーパースター。200年のシドニーオリンピックで金メダル取ったダヴィッド・ドゥイエもスーパースター。あの、篠原選手と戦って、審判のせいかなんかで微妙な勝ち方した人な。篠原好きな私にとっては敵やけどな。きー!
この映像いいなあ。横のリストの映像もやたら見てしまったわ。
でもな、ジダンの顔とか手とか足とかのアップを90分見続けるのもどうなんやろうなあ。しんどくなりそうやわ。いくらジダンに恋してる私でも。でもそういう辛い思いもアートの一部ね。きっと。
へーそうなんだー。すっかり見たくなったよ。ジダンかっこいいし。ちらっとテレビで見たけど、NASAのカメラを使ってるとか?スーパースローの撮れるやつ。うそ?
やんちゃなサッカーファンでぐちゃぐちゃしてそうな映画館は避けたいもんです。
ごめんえつこちゃん、そう。
昨日映画見に行ったんやけど、ジダン避けてしまった。
90分、ジダンのアップは相当体力のあるときでないと辛そう。ラジオでも一般客の批評はかなり厳しかったよ。「面白くない。最悪。」ってはっきり言ってた人が多かった。映画じゃなくて、ヴィデオ作品くらいにしとくべきやったのかな。
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://kanaparis.blog59.fc2.com/tb.php/48-cf86164f
* トラックバック *
ポンピドゥー
あー、本日は遅ればせながらポンピドゥーに展覧会を見にいきました。http://www.centrepompidou.fr/(映画を観には何度か来ていた。後述。)相変わらずいい展覧会やってるわー。びびってたじろいだ(時事ネタ)。メインはLe movement des imagesという展覧会。映像を「映画
template design by takamu
Copyright © 2006 takamu All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。