スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
私の好きなブログ紹介
このあいだミーハー日記なんかを書いてしまったところで、最近現代アートからはみ出しがちですが、今回は私の好きなブログたちを紹介してみたいと思います。(ネタ切れではないですよー!)

私はパソコンやインターネット関連に詳しいわけでもなんでもなくて、どちらかといえば何も知らないほうだと思います。そんな私もブログを始めてしまうようなんだから自分でも驚きですが、パソコンを開けば、ミクシーをだらだらと見て、ブログを書いて、知り合いやお友達のブログたち(このブログのリンクを見てください。)を見て、気になる新聞記事を探して(le monde, le figaro, liberationなど)という具合です。そんな私も知り合いではない人たちのブログを見ることもあります。

私が勝手にファンになってるブログたちなので、ここに掲載することによってご迷惑にならなければいいんだけど、、、と願います。


まずはやっぱりこれ。
http://lunettesrouges.blog.lemonde.fr/lunettesrouges/
lunettes rouges(赤い眼鏡)というフランス人が書いている、ヨーロッパおよびフランス、特にパリでの展覧会批評。
フランス語なので読者は限られてくると思いますが、批評と言っても、よくあるようなわけのわからない言葉の羅列ではなく、とても簡潔に率直に冷静に筆者の各展覧会に対する印象が書かれています。
私が普段足を運ばないような美術館の展覧会などのレビューもあり、現代アートだけに限らないので新しい発見ができます。
現代アート展覧会のレビューでは、私自身がまだ観に行ってないものなど、自分の展覧会への印象を左右されたくないので、読みたい気持ちを抑えつつ、必死で軽く斜め読みというか、チラ見しています。ほぼ毎日更新されていて、「一体この人どれだけ展覧会行ってるんやろう?でも毎日更新できるくらいの展覧会が催されるパリってやっぱり芸術の都なんやなあ。」って思います。


お次は現代アートではないですが、
「ウブダシブログ フランス古道具買付け記録」
http://miyawaki.exblog.jp/
「フランス古道具雑記帳」
http://k-classiques.typepad.jp/blog/
どちらもフランスで古道具の買い付けをされているプロの方たちのブログ。
「古道具」と一言で言っても、それぞれの方の好みやセンスが出ています。「ウブダシブログ フランス古道具買付け記録」のほうは、パリの古いアパートの板張りの床の上に置かれたアンティークが窓から差し込む光のもと撮影されていてステキだし、「フランス古道具雑記帳」のほうは、ベロア調の生地の上に非常に計算されて置かれた食器などが素晴らしい撮影されていて、これもまたステキ。
一品一品、写真を見ているだけでも私の妄想癖を刺激する年代モノの古道具たち。
そして何よりも好きなのは、きちんとした日本語の文章からどちらのブログの筆者も各古道具に対する愛情がひしひしと伝わってきて、毎回感動します。本物を目にしてるわけではないし、ただの写真だし、ただのブログと言ってしまえばそれだけなんですが、このふたつのブログからは本当に何か特別な雰囲気が伝わってきます。
写真を見ていて、「そうか。こういう角度で見ると味わいが深まるのか。」なんて超初心者の私でもいろいろ学べます。実は私は蚤の市が非常に苦手というか、行ってもどうしていいのか、どう見ていいのかわからないんですが、そんな私も「今週末早起きしてみるかな」なんて思わせてしまうほどの効力を持つブログたちです。
どちらもブログランキングに参加されています。私も毎日クリックしてまーす!


そしてお次は「Art Fashion Rock'n'Soul 吉水浩の写真日記」
http://eldorado1965.blog48.fc2.com/
吉水浩というアーティストさんの写真日記。
実はかなり前からの隠れファンです。このブログを見ると、すんごく元気&やる気が出るのです。特に「ィヨコハマ~!」っていう言葉を読むと、ヨコハマに行ったことない私ですが、妙にシビレまくってしまいます。あと「いくでいくでいくで~!」がめっちゃ好き。どちらも口に出して言いそうになります。
うまく説明できませんが、巨大な作品モニュメントを依頼により公共の場に設置されることが多いようで、打ち合わせ、案件提出、作品の進行状況、設置状況まで、ひとつのモニュメントに関わる人たちが、写真のおかげで顔付で紹介されていて、そういうのにも感動を覚える私です。みんながそれぞれの仕事をプロフェッショナルに、そして同じ「いいものをつくろう!」という目的のために、それぞれの役割をリスペクトし合いながら協力する。く~!そういうのん大好き!
筆者が教鞭をとるデザイン学校の学生さんたちの作品や、筆者の毎日の行動もフィクション、ノンフィクションで描かれています。
ブログランキングに参加されています。これもクリックしてまーす。


そして、テレビも重要な文化の発信源ということで、
「酒番長(Mme PiLOT )~ 脱力Journal ~」
http://mmepilot.blog7.fc2.com/
「フランスファイブ」というフランス版ゴレンジャーみたいな番組制作会社のボスの奥さんで、社員でもある酒番長のブログ。
番組制作の裏側や、筆者の生活が面白おかしく紹介されています。日本人がイメージする「フランス」や「パリ」でもなく、よくあるようなステキなところだけを切り取ったようなフランスに関するブログでもなく、まさに生のフランス人たちがそのまんま紹介されています。
笑いすぎて悶絶します。本当に本当に面白いです。
リンクをクリックする前に覚悟しておいたほうがいいですよ。


そんな感じで私の大好きな、これだけは紹介しておきたい!という一応アート?なブログたち。
「フランスアート界底辺日記」に即してない記事ですいません。

でもたまにはいいよね?


励ましのクリック2回お願いしまっす。


にほんブログ村 美術ブログへ
スポンサーサイト
05/30 23:50 | ワタクシゴト | CM:4 | TB:0
アートなブログの紹介記事というのはいいですねー。

ブログの検索とかブログのリンク集とかブログのランキングとかだと、心の機微までは伝わりませんからねー。ぜひ、またやっていただきたい企画です。
takahitoさん、こんにちは。
良かった良かった!なんか「そんなんどーでもえーねん!」というツッコミを陰ながらされてるかなあと思っていたんですが、ひとりでも楽しんでもらえたなら、十分ですね。
トラックバック(返し?)ってやつ、今からトライしてみます。どうもありがとう。
笑いすぎて悶絶、に心ひかれて「酒番長日記」を読み始めたら、数日はまってしまいました。笑いが足りてないのかな?
オモロいですねー。でもめっちゃ仕事してはるっぽい。あんなにお酒飲んでるのに・・スゴい。
でも実は、kanaさんのブログも、読みながら喋り方(書き方)にぷぷってしてしまいます。
私も関西出なので、ちゃーんと心の中で京都弁で読んでますよ。
そうそう、私もラスパイユ通りはお気に入り。
私の場合、建物の塔になってる部分(最上階の球形の部分)、パリ中にいっぱいあるのに、なぜかラスパイユ通りにいるときに、「どうなってるんやろなー」って気になってしまいます。ほんま何でやろ?
ポンピドゥの近くのギャラリー。過去ログを読んでもいまいちピンとこなかった(鈍いんかな?)けど、こんど、散歩して発見してみようっと。
発見した暁には、お茶でもしましょうね!
les arbresさん、こんにちは。
コメントが遅くなってしまってすいません。
酒番長おもしろいですよね!ホームページ時代のも相当わらえますよ。
ギャラリーを発見した際には声かけてくださいねー。ググッたらすぐ出てくると思いますけどね。サスペンスだわ。
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://kanaparis.blog59.fc2.com/tb.php/52-88e424aa
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 takamu All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。