スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
FIAC off


にほんブログ村 美術ブログへ

4週間にわたる長い夏休みももうすぐ終わり。
来週の月曜日からお仕事が待っています。とりあえずは9月からの展覧会の設営、そして10月に控えているパリのFIAC(Foire Internationale d’Art Contemporain : 国際現代アートフェア)とロンドンのFrieze art fairの準備に明け暮れる毎日でしょう。
そんなヴァカンス最後の1週間、私はフランスのブルターニュ地方はBELLE ILE EN MERという島に来ています。明日にはもうパリに戻るのですが、今日は天気もメランコリックな感じで、頭をお仕事モードに切り替えるためにもアート情報収集をしてみました。そしてブログ。

そんなわけで、今回はFIAC offの話題。
Offというのは一般的に、大規模なアートフェアやビエンナーレの開催と同時期に同都市で行われる、比較的小規模なアートフェアや展覧会のこと。例えば、前回レポートしたバーゼルのVOLTA SHOWなんかは、アートバーゼルのoff的存在。ビエンナーレ中に開催されているけれど、ビエンナーレの枠には公式には入らない、街のギャラリーでの展覧会なども、offです。
Offでは、若い無名のアーティストの作品や、実験的な場所、展示方法が優遇されるなど、従来の「アート」といわれている枠に限られてしまわないもっと自由なものを見つけ出そうという主旨も多く含まれています。そんなわけで、常に「新しいもの」「驚かせてくれるもの」を求めてやまない世界中のアート界関係者やコレクターたちもoffには、かなりの確率で足を運び、期待を寄せているものなのです。


今年のFIACは10月26日から30日まで、グランパレとルーブル美術館のCour carree (方形宮)で開催されます。
グランパレ修復工事中にFIACが開催されていたパリ南部のParis Expo会場とは違い、いくら2つの会場があるといえども、グランパレとCour carreは狭く、賃貸料も破格の値段になります。今年のFIAC からの請求書を見たときは、目が飛び出た上、FIACのディレクターから「やっぱりグランパレには場所が確保できないから、ルーブルに行ってくれ」と電話がかかってきて、ギャラリストが「お金払ってるんだから、グランパレに残ります!こっちはクライアントなんだから!なんなんですか!そのフランス的経営は!アメリカだったら、お金を多く払う方が良いスタンドをもらえます。以上!」と切れまくっていたり、いろいろとすったもんだがあったわけです。

そんな参加費用の破格の高さのせいでしょうか。今年のFIACでは、若いギャラリーにもスタンドを提供しようと、2つのFIAC offが開催されます。
ひとつめは、 La Bellevilloise で行われるSlick。
そしてもうひとつは l’espace Pierre Cardinで行われるShow Offです。
かれらの目的は、若いクリエーションを国際的にFiac開催中にパリで紹介し、「パリの市場をダイナミックにさせ、世界のコレクターたちをフランスに呼び戻す」というものです。(えらい鼻息の荒いお言葉ですが、、、)彼等はFIACに対抗するためのものではなく、また、ただ単に「FIACに出展できなかったギャラリーたちのサロン」ではないとしています。しかし彼等は現代アートフェアの伝統的になりつつある構成や退屈になりがちな部分に揺さぶりをかけようとするものです。

でもよく考えてみれば、FIACほどの歴史も規模もあるアートフェアに、今までoffが存在していなかったことのほうが不思議と言えば不思議ですね。

さてさて、どんなoffになるんでしょうか。楽しみです。

でも、offを観に行っているヒマがその頃の私にあるんでしょうか?
観に行きたいけどな~。
乞うご期待。

― Slick
a.de-bourbon@slick-paris.com
www.slick-paris.com

― Show Off
info@showoffparis.com
showoffparis.com


どうか励ましのクリック2回お願いしまっす。


にほんブログ村 美術ブログへ
スポンサーサイト
08/26 01:00 | アートフェア | CM:4 | TB:0
こんにちは。
お休みって、あっと言う間で儚いものですね…

「現代アートフェアの伝統的になりつつある構成や退屈になりがちな部分に揺さぶりをかけようとするものです。」

↑こういうの、好きです。
結果、どうなるかは分からないけど、
現代アートが、どんどん楽しいものになり、
沢山の人の目にふれるチャンスが増える事になるといいね。
のぶしさん、こんにちは。
そうですね。でも今回は本当にグランパレとルーブルの敷地が狭いので、「え?このギャラリーまでも?」って驚くくらい、そこまで若手とは呼べないギャラリーたちもこれらのOffに参加するはめになっているみたいです。だからそこまでアンチ伝統ってなわけにはいかないかもしれませんね。
あの!ベル イル で夏休みだったんですか?
いいですねえ。。始めて行かれたんですか?どうでした?
さんさん、こんにちは。
ベル イルには初めて行きました。っていうか、ブルターニュ地方自体、レンヌにしか行ったことがなかったんです。
とても美しい島でしたよ。
それについて少し書きましたので「モネのベル イル」でどうぞ~。
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://kanaparis.blog59.fc2.com/tb.php/73-1850361d
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 takamu All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。