スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
Philippe Ramette


にほんブログ村 美術ブログへ


パリに星の数ほどある現代アートギャラリーの中でも、私の好きなギャラリーのひとつである、gallery xippas。
ここは巨大ギャラリー、Yvon Lambertの上に位置していて、パリ以外にはギリシャのアテネにもギャラリーを持っているのです。何が好きかというと、Yvon Lambertのカルチャーセンターのようになっているとも言える広いスペースを抜け出して、左の階段を上がって行く。その階段を上がって行くという行為が非常に好きです。それは比較的幅の狭い木の階段スペースで、上がって行く先に何が待っているのか全く見えないのです。階段は少し急で長く、いわゆるお金持ちでお年寄りであることが多い現代アートコレクターのことも、ベビーカーに乗っている赤ちゃんを連れた現代アート好きの若いカップル(現代アートギャラリーがひしめきあう土曜日のマレ地区にはよく見られる光景です。)のことも、何も考慮に入れていない構造。このギャラリーがアテネにスペースを持っていることとも関係があるのかはわからないけれど、それはまるで現代アートの神殿の階段を上って行くような感覚に襲われます。また階段が木製なところからも、まるで知り合いの人の家に入って行くような、親密な、そして隠れ家的な雰囲気も持っています。

そんなgalerie xippasの今期の展覧会は、1961年生まれでパリ在住のアーティスト、Philippe Rametteです。








ギャラリーが用意している説明文によると、
「Philippe Rametteは15年ほど前から、人間の思考を促すためのオブジェとして、私たちの身体との関係の中で表現されるオブジェの構想と制作に取り組んでいる。これらの作品は、思想のプロセスとしてでしかない、身体的に体験できる装置として存在する。彼は自らを彫刻家と位置づけるが、より親密な対象として写真という媒体を使用し、様々な体験の機会を与えてくれる。」
「今回の展覧会では、Explorations rationnelles des fonds sous-marin(海底での合理的探検)というシリーズを発表。これらの写真群は、海の中で、深遠が与える抑制を無視しながら孤独に散歩をしているかのようなアーティスト自身を撮影したものである。」
「またLevitation de Chaise(椅子の空中浮遊)というシリーズでは、ブロンズでできた椅子と綱に彩色をし、本物のような見せかけのテクスチャーと色を再現している。彼はこれらの作品を、「写真による彫刻」と形容し、椅子が飛び上がり、綱から解き放たれるというムーヴメント
の瞬間性を詩的に表現している。」
などと、まあいろいろ書かれているわけですが、とにかく「ひやー、これどうなってるんやろー?」と単純に楽しめるからくりを観ているようでした。

例えば、
pra06_13a.jpg
「そんなとこで待ち合わせしてる場合ちゃうし!」とか

pra06_16a.jpg
「いや、そんなとこでくつろいでる場合ちゃうし!」とか

pra06_15a.jpg
「いやだから!そんなとこで新聞読んでる場合ちゃうし!」とか


pra06_29a.jpg
「どうなってるんやろ~?」と思いながら、日本のデパート内のレストランにあるような、ロウでできた、スパゲッティをからめたフォークの空中浮遊の見本を思い出しました。こういうやつ。
ykp000001a.jpg



そんなわけで、そのシュールさを単純楽しめる展覧会でありました。
展示室の最後に、これらの写真作品がどのように撮影されたかをヴィデオ撮影したメーキングヴィデオが上映されていました。想像はできるけど、ひとつひとつの撮影はとても大変そうで、スーツを来たアーティストと、ダイビングの格好をした写真家、そして撮影が始まる瞬間にアーティストが酸素マスクをはなすので、それをロープで引っ張って写真撮影の邪魔にならないようにする人がいました。そしてアーティストがポーズを決め、その状態のままで水泡が視野からなくなるのを待ってカシャ。岩の上に酸素マスクだけをつけて仁王立ちになって腰に手をあててスタンバイしてるアーティストの姿なんかも映されていて、面白かったです。

同じときに作品を観ていた子供連れの家族がいたんですが、子供が毎回「このおっちゃん、何したはんの~?」と親にふつうに聞いてました。でお母さんとお父さんは「このおっちゃんは、海の中で新聞読もうとしたはんねん。」とこれまたふつうに答えてました。


Philippe Ramette
2006年9月9日から10月28日まで

galerie xippas
108 rue Vieille-du-Temple
75003 Paris
Tel: + 33 (0)1 40 27 05 55
gallery@xippas.com
Fax: + 33 (0)1 40 27 07 16
http://www.xippas.com



励ましのクリック2回、今日もお願いしまーす。


にほんブログ村 美術ブログへ
スポンサーサイト
10/02 03:10 | ギャラリー | CM:2 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://kanaparis.blog59.fc2.com/tb.php/91-47f9aeea
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 takamu All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。