スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
パリモード週間


にほんブログ村 美術ブログへ

ヨーロッパの現代アートギャラリーにとって、毎年10月はめちゃくちゃ忙しいとき。なぜならロンドンではFrieze Art Fair、そしてパリではFIACという二つの大きなアートフェアが開催されるからです。
そんなわけで私にとっての今月は「魔の10月」。

毎日の残業&夜遊びに加えて、今日と昨日はせっかくの週末なのに、友人からアルバイトを紹介されて引き受けてしまったのです。

パリでは2007年春夏コレクションの発表ということで、今週はモード週間なのです。そして私のアルバイトは日本人のクリエーターの方の見本市ブースで、お客さんの相手&通訳をするというもの。好奇心旺盛な私が引き受けないはずがないこのアルバイト。

私が今日と明日働くブースは、日本ではバーニーズ・ニューヨークにも仕入れをされているHIROMI TSUYOSHIというニットのブランド。今週にはパリのいろいろな場所で同じような見本市が行われているようですが、私がアルバイトをするブースがある見本市は、チュイルリー公園に位置するAtmosphere d'eteというものです。

如何せん2007年春夏コレクションですので、発注をするバイヤーさん以外は写真ご法度っぽいので、写真がなくてごめんなさい。そのうえ公式サイトも見つからない。

オーガナイズのされ方は、いわゆるアート関係のフェアと同じような感じで、コーヒーチケットがもらえたり、軽食を食べられるような場所があったり、シャンパンがサーブされたり。
見本市に来られる方は、ショップのバイヤーさん、プレスの方なんかで、普段見られないようなことや出会うことのないような人たちとおしゃべりができて、とてもよい体験です。

アートの世界に比べるとモード界とは言え、派手さにはいまいち欠けますが、みなさんさすが商売人。クリエーターの方たちもバイヤーの方たちもプレスの方たちも、愛想がめちゃくちゃ良いのです。そしてモード界は日本人によって支えられていると言っても過言ではないなあと思うような大量の日本人!

HIROMI TSUYOSHIのブランドは本当にかわいい服ばっかりで、他のブースの服もそれぞれ個性やブランドの色があって、素敵でした。

こんなところにいたら、どれも欲しくなってもうどうにかなってしまうんじゃないかと心配でしたが、自分の近年の物欲のなさに愕然とした一日でもありました。日本にいた頃の私なら気が狂ってたかもしれませんが、今日はどの服も「すてきやなあ。」とひとつひとつの作品として捉えている自分がいて、物欲がなくなっていることに驚きながらも、少し安堵したことも否めません。そしてモードに関係する各種お仕事の幅の広さにも驚きました。

とにかく来てはる日本人たちがみんなかわいらしい格好をしてはった。

いわゆる日本で言う「ショッピング」なんて、もう何年してないんでしょう。それでも物欲が戻ってこない私。しょっちゅう日本にいるお母さんが「もう着なくなったからあげる。」とフランスまで送ってくれる服たちで満たされてしまっているんやなあと、お母さんに感謝。これからもよろしく。

予想以上にフランス語の必要がなくて、なんだか申し訳ない気分でいっぱいですが、明日も一日がんばりまっす。うりゃ!


う~む。なんの情報もない記事ですいましぇん。
ランキングが上がってきました!いつもありがとうございます。
こんな記事ですが、ずうずうしく今日もお願いしまーす!


にほんブログ村 美術ブログへ
スポンサーサイト
10/08 03:22 | ワタクシゴト | CM:2 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://kanaparis.blog59.fc2.com/tb.php/96-29fc1c9d
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 takamu All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。