FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
Theo Van Doesburg/テオ ファン ドースブルグのアトリエ兼邸宅
もう一体いつの話や!と自分でも思いますが、かなりわざわざ行ったので記事にすることにした。
例年「journées du patrimoine」というフランス建築遺産デーと呼べばいいのか、普段は一般公開されていない歴史的文化的に重要とされる文化財を国民が見ることができる週末というのが11月にある。一番メディアで騒がれるのは大統領官邸であるエリゼ宮に入るのが何時間待ちで何人入ったとかいうことなので、人ごみが大嫌いな私は「こんな文化財に人が集まる日に外に出るなんて、くわばらくわばら。」と家に毎年引きこもっている。でもしかし、私にも見たい文化財があるのです!そんなわけで来年からまた引きこもれるから、今年はちょっとだけ出ようよ、と怠け者の自分にけしかけて、パリの郊外meudonにまで行ってきた。meudonというと、ロダン美術館の分館やジャン アルプ財団兼元アトリエがあったり、素敵な森があったりするので、パリジャンとしては週末に少し息抜きがてら足を伸ばしたい格好のイケてる郊外だと、私は日頃から思っているけど、今回はそういう普段いつでも行ける場所はパス。journées du patrimoineだからこそ、年に二日だけ公開されている場所だけ、行く!


最初に行ったのは、Theo Van Doesburg/テオ ファン ドースブルグの元邸宅兼アトリエ。
Theo Van Doesburg/テオ ファン ドースブルグとは1883年から1931年まで生きたオランダ人アーティストで、モンドリアンと交友が深く、1910年代後半から1920年代まで発行されたDe Stijl/デ ステイルという美術建築雑誌の創始者として有名。
バウハウスからインターナショナルスタイルに続く建築スタイルと影響しあったDe Stijl/デ ステイルだけに、抽象絵画と建築の関係を具体的な形で見ることのできる彼の邸宅兼アトリエは見とかんとあかんやろー、というわけです。

IMAG0158.jpg IMAG0156.jpg
外観。まず最初に私が言ったのは「ジャック タチの「僕の叔父さん」のおうちみたいやー!」でした。一緒にいた夫には「ほんまやなあ!」と言ってもらえたけど、今から見れば全然違うんだけどね。まあ色使いとかね。

IMAG0150.jpg IMAG0149.jpg IMAG0147.jpg
で、こちらがメインルーム。今はアーティストインレジデンスになっていて、ピアニストが住んでるらしいです。冬寒そうやなー、この家。いかにもアーティストインレジデンスっぽい家でした。いますぐにでもトランク二つくらいに収まりそうなモノの少なさとか、殺風景さとか。何もなさすぎて逆に住みたくなるル コルビジェのサヴォワ邸とは逆の、なんか寒々とした殺風景さがあったなあ。
それにしても窓をこんなに大きくとるのはやっぱりオランダ人の血ですかね?

IMAG0151.jpg
素敵だった書斎の天窓。まさにデ ステイル!

あとは裏庭だとかテラスだとか寝室だとかキッチンだとかいろいろあるんだけど、どこもなんだか写真映えがしないというか、特筆すべきこともない感じだったので、ここに書けるのはこれくらい。
1929年から1931年にかけて建設された家で、テオ ファン ドースブルグ自身はこの建物の完成前に亡くなってしまったので、あとは彼が描いたクロッキーを元に妻のネリーが完成されたそう。現在はオランダ政府の所有で財団が管理してるそうです。
9833e3a5ffffd36018aaef3cd402ff12-.jpg 800px-La_maison_Van_Doesburg_Meudon_2.jpg

年に一回journées du patrimoineの機会にしか一般公開されていないとは思いますが、いつか機会があるときに立ち寄ってはいかがでしょうか。

  


12/02 07:48 | 未分類 | CM:0 | TB:0
Pierre Labat, Kyoto Map of Activities
Image 2

友人であり、私が追っかけてるアーティストでもある、フランス人アーティストのピエール ラバ/Pierre Labatが、京都のフランス人アーティスト用レデジンス、ヴィラ九条山とフランスの若手アーティストを中心に紹介する現代美術批評誌Analoguesとのコラボで、素敵なサイトを公開したので、紹介します。

Kyoto Map of Activities
京都の碁盤目をモチーフにして、ピエールの2011年春のリサーチをまとめたもの。

彼は実は今年の1月6日から6月30日までヴィラ九条山での滞在が予定されていたのですが、3月11日の震災後、日本にいた多くの外国人のように帰国してしまいました。京都は私の故郷でもあるので、私が2月に一時帰国したとき、一緒に遊んだときはこんなことになるなんて夢にも思っていなかった。震災後、私たちがチャリティー展『Help!』を開催すると決めたときも、参加アーティストとしてだけでなく、ペンキ塗りや搬入のお手伝いなんかもがんがんやってくれました。日本と震災に対する思いは他の作家たちとは比べ物にならないものがあったのかもしれません。

いろんなとこをクリックして楽しんでください。
『Help!』展搬入中の汚い格好した私までいた!
06/23 04:36 | 未分類 | CM:4 | TB:0
Merci!! 震災義援金支援グループ展「Help!」パリ
Help014.jpg 皆様のご協力とあたたかいご支援の元、東日本大震災支援Help!展は、作品の売り上げにより52 300 €(625万円相当)、募金により411,76 €(4万9千円相当)、合計額52 711,76 €(629万円相当)を集めることができました。ありがとうございました。
04/25 22:03 | 未分類 | CM:0 | TB:0
あと一週間とちょっと
4月14日のHelp!展オープニングまであとちょっと。



Daruma : Hajime Anzai
Photo : Koji Hirano
Animation : Asami Nishimura

04/05 19:00 | 未分類 | CM:1 | TB:0
東北関東大震災義援金支援 グループ展「Help!」パリ
現在、世界の目が日本に注がれています。地震、津波、放射能の危険、私たちの国は前例のない大惨事に見まわれています。

日本にいる家族、友人たち、そしてこの災害に日々立ち向かっている方々のことを想ったとき、我々は一人の日本人として、遠く離れたこの土地でも何かできるのではないかと考え、東北関東大震災の被災者への義援金集めのための展覧会を開催することに致しました。

2011年4月14日から21日まで、パリ15区のgalerie premier regardにて、ドローイング作品の展覧会を開催いたします。売上金は、すべて東北関東大震災の被災者に寄付されます。現時点ですでに、安斎 肇、朝倉 世界一、小岐須 雅之、ジャン=ミシェル・アルベローラ、キャロル・ベンザッケン、エドワード・フランソワ、ドミニク・ゴンザレス・フォースター、黒田アキ、アンジュ・レッチア、クロード・レヴェック、フランソワ・モルレ、ファリス・バリーニ、ジャン=リュック・ヴィルムートなどを筆頭に、現代美術、イラスト、建築など様々な分野から他多数のアーティストが本展への参加を表明し、展覧会のために作品を寄贈することを約束して下さいました。

Pour tout l'achat dans le cadre de l'exposition "Help!", vous pouvez bénéficier d’une réduction d’impôt de 75% du montant de votre achat-don dans la limite de 513€ et au-delà, d’une réduction d’impôts de 66% dans la limite de 20% de votre revenu imposable.
Nous souhaitons la bienvenue à tous les amateurs d'art contemporain pour commencer votre collection!

今回の展覧会"Help!"で作品を購入された場合、フランスで納税されている方は513ユーロ以下の作品購入では75%、それ以上の金額の作品購入では66%が寄付金控除の対象となります。
現代アートのコレクションが初めての方々も是非お越し下さい。

作品購入に関してのお問い合わせは、右バー下のメッセージ欄からご連絡ください。


プレスリリース フランス語版

プレスリリース 英語版

プレスリリース 日本語版

参加アーティスト(4月6日現在)
Antoine Aguilar/アントワン・アギラー
Jean-Michel Alberola/ジャン=ミシェル・アルベローラ
Hajime Anzai/安斎 肇
Sekaiichi Asakura/朝倉 世界一
Clément Bagot/クレマン・バゴー
Elise Beaucousin/エリーズ ・ ボークーザン
Carole Benzaken/キャロル・ベンザケン
François Boisrond/フランソワ・ボワロン
Christian Boltanski/クリスチャン・ボルタンスキー
Guillaume Bresson/ギヨーム・ブレッソン
Tania Bruguera/タニア・ブルゲラ
Jean-Marc Bustamante/ジャン=マーク・ビュスタマンテ
Ernesto Castillo/エルネスト・カスティーロ
Céline Cléron/セリーヌ・クレロン
Claude Closky/クロード・クロスキー
Philippe Cognée/フィリップ・コニエ
Guillaume Constantin/ギヨーム・コンスタンタン
Véra Delebecque/ヴェラ・デレベック
Eric Duyckaerts/エリック・デュイッカーツ
Isabelle Ferreira/イザベル・フェレイラ
Roland Flexner/ロラン・フレックスナー
Iris Fossier/イリス・フォシエ
Edouard François/エドワード・フランソワ
Michel François/ミシェル・フランソワ
Dominique Gonzalez-Foester/ドミニク=ゴンザレス・フォースター
Camille Henrot/カミーユ・ヘンロ
Shirley Jaffe/シャーリー・ジャフ
Tadashi Kawamata/川俣 正
Aki Kuroda/黒田アキ
Kiyoshi Kuroda/黒田潔
Pierre Labat/ピエール・ラバ
Ange Leccia/アンジュ・レッチア
Claude Lévêque/クロード・レヴェック
Frédérique Loutz/フレデリック・ルーツ
Pierre Mabille/ピエール・マビーユ
Stéphane Magnin/ステファン・マニアン
Takesada Matsutani/松谷武判
Xavier McPake/グザヴィエ・マクパック
Fabien Merelle/ファビアン・メレル
Annette Messager/アネット・メッサジェー
Mississippi/ミシシッピー
François Morellet/フランソワ・モルレ
Eden Morfaux/エデン・モルフォー
Asami Nishimura/西村麻美
Barbara Noiret/バルバラ・ノワレ
Masayuki Ogisu/小岐須 雅之
Jean-Michel Othoniel/ジャン=ミシェル ・オトニエル
Philippe Parreno/フィリップ・パレノ
Giuseppe Penone/ジュゼッペ・ペノーネ
Aurélien Porte/オレリアン・ポルト
Shanta Rao/シャンタ・ラオ
Irina Rotaru/イリナ・ロタル
Sarkis/サルキス
Su-Mei Tse/ツェ・スーメイ
Barthélémy Toguo/バルテレミー・トグオ
Wilson Trouvé/ウィルソン・トゥルーヴェ
Felice Varini/ファリス・バリーニ
Xavier Veilhan/グザヴィエ・ヴェイヤン
Françoise Vergier/フランソワーズ ・ ヴェルジエ
Jean-Luc Vilmouth/ジャン=リュック・ヴィルムート




展覧会開催に際し、搬入時にお手伝いしてくださるボランティアさん(中級フランス語必須)を募集します。
ご興味のある方は、右バー下のメッセージからご連絡ください。


私は日本から遠く離れたここで、私にできることを精一杯やろうと思います。
みなさんもそれぞれの土地でがんばってください。


6 pt
03/22 10:17 | 未分類 | CM:6 | TB:0
template design by takamu
Copyright © 2006 takamu All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。